FC2ブログ

フリートーク

「ヴィジュアル系」と私

先日買った本。

vkei.jpg

市川哲史×藤谷千明『すべての道はV系に通ず。』
(シンコーミュージック 2018年初版)



ここ数年、自分にとってヴィジュアル系(以下V系)は密かなブームとなっている。すでに30年以上の歴史を持ち、その中で複雑に枝分かれし現在ではさまざまなカルチャーと結びついたV系の世界は、これまで表面的にしか触れてこなかった自分にとって大変刺激的で興味深く、知的探求心をそそるものだ。


TBS系『マツコの知らない世界』にて4月6日にオンエアされた「ヴィジュアル系バンドの世界」もかなり興味深く、楽しめる内容だった。番組では90年代V系シーンを中心に振り返りつつ、かつて一大ムーヴメントとなったシーンのその後──偏見や差別といった受難の時代を経て、アンダーグラウンド中心に進化を続け、現在ますますカオスで面白いことになっている──といったV系30年史的な内容だったが、番組視聴後にもっとV系についていろいろ知りたいと思いネット検索する中で出会ったのが、番組にも登場しV系の魅力や歴史について語っていた元自衛官のライター・藤谷千明さんと、音楽評論家の市川哲史さんによる対談形式のこの本である。


本の中では、V系30年史をその勃興からヤンキー文化→オタク文化への変遷、ビジネス・マネジメント面、プロデューサー、コミュニティツールの変遷(文通→チャット→SNS)、再結成ブームなどさまざまな角度からディープに分析・考察した超濃密な内容になっており、帯に書いてある通りまさに「ヴィジュアル系の教科書」だ。とは言ってもお固い内容ではなく、むしろ軽妙(市川さんに至っては「度が過ぎた悪フザケ」といった方が近い)なトークを交えた、非常に読みやすいテキストになっている。


自分はV系に対し、これまで特に深い思い入れがあったわけではない。藤谷さんと同世代である自分はV系が一大ブームとなった90年代中盤~後半に中高生時代を過ごしたので、ラジオやカラオケで必然的にV系の音楽に触れてきたが、あくまで小室系やビーイング系などと並んで「好きな音楽カテゴリのひとつ」でしかなかった。やがて自分の嗜好の変化やブーム終焉も相俟って永らくV系とは距離を置いてきた(後述)が、20年以上の時を経てV系にハマるというのは何とも不思議な因果だ。


『マツコの知らない世界』を観たり、『すべての道はV系に通ず。』を読む中で「あの頃は確かにそうだったな」「いや、自分はこうじゃなかった」などいろんな「V系体験」を思い出したのだが、そのうちこんな疑問が浮かんだ。

自分はいつから「V系」をカテゴリとして意識し始めたのだろう?

自分はいつ、どういう理由でV系から距離を置くようになったのだろう?


今回の記事ではそんな疑問について、実体験を振り返りつつ考えていきたいと思う。



スポンサーサイト



新譜リリース情報

新譜リリース情報(2021年5月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
release202105.jpg
Weezer / Iceage / Fatima Al Qadiri
CHAI / Have a Nice Day! / 諭吉佳作/men




Albums of the Month

Albums of the Month (2021年4月)

Chester-Bennington.jpg


あのー、先月の「Albums of the Month」の冒頭でフジロック2021の開催決定について「驚いたけど嬉しい」と書いたけど、やっぱり中止、いや再延期すべきではないかな。もう20年参加しているフジロック好きの私だけど、やはり今は不安の方が大きく、心から楽しむことはできないと思う。でも開催されているのに自分が行かないという選択はできそうになく、ならばいっそ開催されない方が良い。開催のために頑張っている関係者、地元苗場の人たちには申し訳ないけど。

さて、そんな自分は最近ヴィジュアル系にハマったりしている(ヴィジュアル系バンドってフジロックとかに呼ばれないよね)のだが、その影響もあってか最近はダーク寄りな音楽を聴くことが多い。中にはこれまで「まあまあ好き」程度だったけど最近再評価してヘビロテしている作品も多くて、例えばこんな感じ。

The Horrors / Strange House (2007)
Nirvana / Bleach (1989)
Joy Division / Closer (1980)
Nine Inch Nails / Pretty Hate Machine (1989)
Iceage / You're Nothing (2013)


今までThe Horrorsなら『Primary Colours』、Nirvanaなら『In Utero』、Joy Divisionなら『Unknown Pleasures』、NINなら『The Downward Spiral』一択という感じだったのに。

コロナの影響もあるのかもしれないけど、行き場のないフラストレーションを抱えた現代社会に求められるのはダーク&ヘヴィな音楽なのではないだろうか。そして、ダークかつヘヴィでありながら神聖さと癒しの側面も備えていたLinkin Park不在の穴はあまりに大きいと、最近になってつくづく感じる。

というわけで、そんな穴を少しだけ埋めてくれる2バンドの作品を含む今月の初聴き音源まとめ。


年代別ランキング

00年代インディー・ロック・アンセムBEST50

indierockanthem00.png


【Anthem(アンセム)】

元々の意味は聖公会の教会音楽の一種、聖歌、交唱賛美歌、国歌のこと。特定の集団や行事の象徴としての賛歌、応援歌、祝いの歌、祝曲、テーマ曲。例として、CL(Champions League)アンセム、公式アンセムなど。

転じて、ある音楽ジャンルや音楽ムーブメント、サブカルチャー等のシンボルとみなされる代表曲のこと。さらに意味を弱めて定番曲、名曲のこと。

出展:ポップス・ロックからクラブミュージックまで、オールジャンルの洋楽情報専門サイト YGDB 洋楽データバンク
http://www.yogaku-databank.net/anthem/





自分にとって、ノスタルジアを感じさせる音楽と言えば80年代や90年代のものであり、00年代以降なんてつい最近じゃないかと思っていたけど、実は最大で20年以上の月日が経っていることに気付いた(←遅)。

20年も昔の音楽って、例えば自分がロック系の音楽への興味が芽生えた90年代半ばから見れば70年代中盤の音楽にあたる。しかし、殊に生音中心のロック系に限ると、90年代と70年代とでは全く音の質感が異なるのに対し、20年代と00年代はそこまでの違いは感じられない。00年代の音楽に「20年前の音楽」という印象を抱かないのは、そんな要因もあるのだろう。

学生時代は、雑誌やフリーペーパーなどで「70年代ロック名盤」みたいなカタログを見ていろいろ聴き漁ったものだった。しかし新しい世代に語り継ぐべき00年代の名盤・名曲は何があるだろうか。これまでこのブログでは、自分の主観のみで選んだ、「MYベスト・ソング」的なものは何度か書いてきたが、今回は客観性も視野に入れ、「この時代を代表するインディー・ロックの曲といえばこれだよね」「この曲を聴くと当時のインディー・ロック・シーンを思い出す」みたいな目線で、00年代のインディー・ロックにおけるベスト・アンセムを考えてみたいと思う。「アンセム度」はアメリカやイギリスなど国ごとでも大きく異なるので、あくまで日本基準で選んだつもりだ。

1アーティストにつき1曲までで、選出基準としては「(インディー好きの間で知名度があること」50%、「ライブで演奏されたりDJがプレイした時に盛り上がる曲であること」40%、「自分が好きな曲であること」10%という感じ。インディー・ロックに絞ったのは、00年代は自分が最もインディー・ロックにのめり込んでいた時期だったし、メインストリームのポップスも入れると「アンセム」の定義がブレそうだったから。あと、自分がフィジカルまたはデジタルで音源を所有している曲のみを対象とした。「何でアレが入ってないん?」と思ったら、あーこの人は音源持ってないんだなと思ってください。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2021年4月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
202104release.jpg
Årabrot / Aimer / London Grammar
The Armed / Porter Robinson / Julia Stone




Albums of the Month

Albums of the Month (2021年3月)

DSC_4171.jpg

先日、フジロックフェスティバル2021の開催が発表された。正直、今年も開催はできないだろうと諦めていた。なので嬉しさよりも驚きが先に来てしまったけど、やっぱりまたあの場所に行けると思うと嬉しい。去年のROOKIE A GO-GOの生配信ライブで観て気に入ったSARMにぜひ出演してほしい。あと、去年あたりから再結成の噂が立っているBLANKEY JET CITYが出たりしたらヤバいな。

SARM - "Muscari"



にしても、どうなるのか全く予想がつかない。オーディエンスは発声なしで拍手のみになるだろう。集客規模は例年以下に抑えられると思うので、チケットが争奪戦にならないか心配だ。はたして宿は取れるのか…。決済は電子マネー完全対応になるのでは。フードの注文も非接触で指差しとかになるんだろうか。そしてあちこちにアルコール消毒液が置かれることになるのだろう(コロナ以前から欲しいと思っていたのでそうしてくれるとありがたい)。



アーティスト別ベスト

JUDY AND MARYのベスト・ソング30

jam1.jpg


JUDY AND MARY(以下、ジュディマリ)が東京ドームで解散ライブ2Daysを行い、その最終日である2001年3月8日をもって約8年に及ぶ活動に終止符を打ってから20年の歳月が経った。今回は、今なお色褪せない名曲たちを独自基準(つまり個人的な好み)によるランキング形式で振り返り、あらためてジュディマリの何が素晴らしかったかを考えてみたいと思う。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2021年3月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です(注目盤多いので、いつもの倍にしました)。

<今月の注目盤>
202103release.jpg
Ian Sweet / Genghis Tron / First Aid Kit
コレサワ / Karin. / Floating Points and Pharoah Sanders





Albums of the Month

Albums of the Month (2021年2月)

kimetsumugen.jpg

先月のAlbums of the Monthで、TVアニメ版「鬼滅の刃」を観始めたということを書いた。あの時点ではまだ第23話「柱合会議」までしか観ていなかったけど、そこから第26話(TV版最終話)までの間でめちゃくちゃハマってしまい、劇場版「無限列車編」もまだ映画館で上映中だったので4DX2D版を観に行った(今年中には地上波でもオンエアされそうなので、どうせなら家庭環境とは全く異なる方法で観ようと思った)。

「無限列車編」はめちゃくちゃ面白くて、とにかくこれは4DX2Dで観るべき作品だと思う。列車が前半のメイン舞台ということもあって振動や風などのエフェクトが臨場感・没入感を増大させてくれるし、派手なアクションの鬼殺シーンにおける水しぶきや熱風、揺れなどもすごく迫力がある。あと、個人的な推しキャラの伊之助くんの活躍シーンが多かったのもうれしい。

40代男性である自分が禰豆子や胡蝶しのぶといった人気女性キャラを差しおいて、嘴平伊之助や我妻善逸といった男性キャラに萌えてしまうのは自分でも初めての感情で不思議な感覚だが、とにかくこの二人がかわいい。TVアニメ版を観始めたのは「この作品はどういった理由でそんなに人気があるのだろうか?」という好奇心からだったけど、今ならわかる。登場するキャラがいちいちかわいくて、かっこよくて、面白い(「くだらない」の意も含め)。それでいて、友情とか信頼、諦めないことや、一つのことを極めるといった普遍的な人生訓みたいなものがふんだんに、そしてわかりやすく盛り込まれているからだ。年内にTVアニメ版第二期「吉原遊郭編」の放送されることも発表されたのでとても楽しみにしている。





「映画」の話ついでに。最近WOWOWに入ったので映画をよく観るようになった。もともと映画はそんなに頻繁に観る方ではなかったのもあるけど、この2ヶ月間ですでに去年1年間の本数に並ぶペースだ。あと、最近ギターを始めようと思っている。ギターは大学生の頃少しやったことがあるけど、ほどなくして弦が切れ挫折。それから15年以上放置していたが、先日弦を買ったので張り替えて、何か1曲でも弾けるようになりたいと思っている。

そんなわけで、最近はなんだか忙しい。でも趣味的な部分でやりたいことがたくさんあるのは良いことだと思う。てことで今月のAlbums of the Monthです。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2021年2月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
release202102.jpg
Cocco / Lost Horizons / Architects



Albums of the Month

Albums of the Month (2021年1月)

weatheringwithyou.jpg

最近、TVアニメ版『鬼滅の刃』を観始めた。今さら流行りに乗ろうというわけではないが、単純になぜ年齢や性別を問わず多くの人たちにウケたのかということに興味があるからだ。現在は第23話「柱合会議」まで観終わったところで、TV版としては3話を残すのみだが、結構楽しめているのでそのうち劇場版『無限列車編』も観てみたいと思っている。

アニメといえば、年始に地上波で新海誠監督のアニメ映画『天気の子』をやってたので観てみたら、めちゃくちゃ面白かった。ストリートビューでロケ地巡りしてしまったくらいだ。画がキレイなのは勿論だけどストーリーもキャラクターも良かったし、よく知っている場所がシーンに登場したりするのも楽しめた。

それに加えて音楽も良かった、というわけで今月の「Album of the Month」はこちらの作品から。


フリートーク

小室哲哉のベスト・ソングを考えてみる

tm2_202101190039262b0.jpg

小室哲哉といえば、日本でその名を知らない人はそうそういないだろう(最近は別の「小室さん」の方が話題を集めてはいるが)。ヒットメーカーとして一時代を築いた人物であり、日本のポップ・ミュージックの在り方を変えた偉大な音楽家であるとともに、彼がリーダーを務めるグループ・TM NETWORKは僕にとって、音楽好きになるきっかけとなったアーティストでもある。

先日、ソニー・ミュージックダイレクトが運営する音楽情報サイト「otonano」にて、小室哲哉が手掛けた楽曲のファン投票が開始されたのだが、そういえば小室哲哉のベスト・ソングなんて今まで考えたこともなかった。好きな曲や思い入れのある曲が多すぎてどうせ選びきれないというのが主な理由ではあったが、せっかくのいい機会なので、ちょっと真剣に考えてみたいと思う。

tksong.jpg

こういったブログ記事であれば、あらかじめ考えた結果を書くというのが常だが、今回は「書きながら考える」といった手法で、ベスト・ソングを決める過程を実況しつつ書いていくことにする。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2021年1月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
release202101.jpg
Shame / TRZTN / Arlo Parks



AWARDS[2020年]

PUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDS 2020

awards2020.png

毎年恒例の企画となっている「PUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDS 2020」。ベスト・アルバムやベスト・ソングとはまた異なる視点で、さまざまな部門において特に素晴らしかったものを独自に選出しました。

部門は以下の通り。

-ベスト・アーティスト(ソロ部門)
-ベスト・アーティスト(グループ部門)
-ベスト・ニュー・アーティスト
-ベスト・ライブ・パフォーマンス
-ベスト・男性アイコン
-ベスト・女性アイコン
-ベスト・ライヴ(フェス/イベント)
-ベスト・ライヴ(単独公演)
-ベスト・企画盤(リマスター/リイシュー/コンピレーション)
-ベスト・マイブーム・アーティスト
-最も衝撃を受けた音楽ニュース
-ベスト・アートワーク
-ワースト・アートワーク
-ベスト・パッケージ
-ワースト・アルバム



年間/半期ベスト[2020年]

2020年 年間ベスト・アルバムTOP50

bestalbum2020.png

2020年の年間ベスト・アルバムを50作品選びました。

【選出対象】
・2020年1月1日から12月31日までにリリースされている
・アルバム、ミニアルバム、EP、ミックステープ、コンピレーションである(シングルは対象外)
・購入(フィジカル/デジタル問わず)あるいはレンタルした作品
・フリーで配布された作品は対象
・Spotify、YouTubeなどストリーミングのみの視聴は対象外


2015年以降やっている「for fans of」を今回も記載。似てる、とかこれもオススメ、とかではなく「共通の魅力を感じたアーティスト」的なニュアンスで捉えてもらえればと思います。

試聴リンクは付けていません。良かった曲については「2020年 年間ベスト・ソングTOP40」で紹介しています。

各作品についてレビューはありませんが末尾に総括コメントがあります。

プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ