fc2ブログ

Fuji Rock & Summer Sonic

日記:フジロックフェスティバル2022 Part1

DSC_1385.jpg

フジロックに行ってきた。今年で22回目の参加で、3日間参加するのは中止となった2020年を除くと18年連続となる。毎年、行く直前には前年の日記を読み、美味しかったゴハンをおさらいして今年の出店有無や出店場所をチェックしているので、これは来年のためのメモでもある。Part1では前夜祭と1日目について書いた。


スポンサーサイト



新譜リリース情報

新譜リリース情報(2022年8月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。すべてYouTubeなどで収録予定音源を視聴し掲載しています。

<今月の注目盤>
202208release.png
Ado / Pale Waves / Hudson Mohawke / あいみょん
Panic! At the Disco / Muse / Ezra Furman / yama




Albums of the Month

Albums of the Month (2022年7月)

202207header.jpg

先月は初聴き音源が一枚もなかったので、苦し紛れに映画・書籍・お笑いなど「最近のインプット」について書いてみたんだけど、これがなかなか(自分的に)面白い試みではあったので、今後デフォにすることにした。


3ヶ月連続で同じことを書いて申し訳ないが、相も変わらず某「H」からは輸入盤CDが届かない。まだリリース前のものもいくつかあるとはいえ、未着のCDがついに20枚を超えてしまった。一体いつ届くのやら。


そんな中で今月は邦楽と国内盤の洋楽、それと某「A」で注文していた輸入盤CDは届いた。ほかにBandcampでデジタル購入したアルバムも加えて計6枚。すべて2022年リリース作品となった。



新譜リリース情報

新譜リリース情報(2022年7月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
202207release.png
Beyoncé 'Renaissance' Album Artwork by Carlijn Jacobs
Momma / Rae Morris / Chilli Beans. / beabadoobee
Superorganism / Mabel / Working Men's Club / Beyoncé




Albums of the Month

Albums of the Month (2022年6月)

murasakibotan_photo.jpg
▲最近の気になるバンド、紫牡丹


先月も書いたけど、洋楽の輸入盤CDがなかなか届かない。発売日延期もいくつかあったが、全体的に海外からの供給が滞っているようだ。5月から6月にリリース延期となっていたZola Jesusだけでも今月は聴けるものだと思っていたが、これも入荷日未定になってしまった。


というわけで今月の初聴きは久々の0枚。なので、音楽以外からの今月のインプットをゆるっと綴ってみることにする。


フリートーク

【妄想乙】音楽フェス"月と水と"開催!

コロナ禍以降、その多くが中止や延期を余儀なくされた音楽フェス。しかし今年は例年通り開催というところが多く、近頃は各フェスの出演アーティストも続々と発表されている。


そんな中、あることに気が付いた。5年くらい前までは洋楽を中心に聴いていたから、出演アーティストをチェックするフェスと言えばフジロックやサマソニが主だった。しかし最近は邦楽を聴く機会の方が多いので、以前はさほど気にしていなかったライジングサンやロックインジャパンといった邦楽フェスも、どんなメンツか気にするようになっていたのだ。


とはいえ、邦楽フェスのラインナップの中に自分が観たいと思うアーティストの名を見かける機会はまだまだ少ない。ではどんなラインナップだったら行きたいか?などと考えているうちに、自分が邦楽フェスの主催側で、ブッキング担当者だったらどんなラインナップにしたいか?と考え始めてしまい、最近ハマっていたり注目している邦楽アーティストを並べていたら楽しくなって、ついにはフェス名やステージ名決め、タイムテーブル組みまでしてしまった次第。まあ、妄想するだけなら自由だしね。


さて、ここからはすべて私の妄想です。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2022年6月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
202206release_.png
Horsegirl / XYLØ / Jessie Buckley & Bernard Butler
070 Shake / Regina Spektor / Soccer Mommy




Albums of the Month

Albums of the Month (2022年5月)

202205album_header.jpg

洋楽の輸入盤CDがなかなか届かない。何枚か注文しているのだが、発送予定日の延期連絡が相次いでいる。世界情勢的にサプライヤーからの供給が不安定なのだろう。サブスクのストリーミングサービスを利用すればすぐに聴くことはできるが、すでにCDで注文済みのアルバムを、届く前にストリーミングで聴くというのも味気ないのでしたくはない。気長に待つことにするが、注文キャンセルにだけはならないことを願う。


そんなわけで5月に初聴きした作品は邦楽オンリー。いつものように、まずは新譜から。


フリートーク

関ジャム「若手アーティストが選ぶ最強平成ソング」を観た

heisei.jpg
平成元年(1989年)にオープンした葛西臨海水族園にて撮影


『関ジャム 完全燃SHOW』 (テレビ朝日系列)で5月6日にオンエアされた特番「関ジャムJ-POP史 令和に活躍する若手アーティストが選ぶ最強平成ソングベスト30曲」を観た。


このブログの記事カテゴリを見てもお分かりいただけるように、私自身こういった「時代ごとのベスト・ソング」みたいなランキング企画が好きなので、この特番も非常に楽しみにしていた。同番組では、趣旨の近い企画として2021年にオンエアされた「関ジャムJ-POP20年史 プロが選ぶ最強の名曲ベスト30」という特集(2000年から2020年までの曲が対象)もあったが、そのときも"わかりみ"があったりなかったりしつつ、ナンダカンダ楽しめた。


今回は「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ」ということで、当然自分とは価値観や捉えかたが大きく異なるであろうから、一体どういう結果になるのか、きっと前回以上に驚きの連続になるんだろうという点で興味深かった。もちろんそれに対して「何であの曲が入ってないんだ!」とか「平成を全くわかってない!」など野暮なことを言うつもりは毛頭ない。単純に、自分とは別の観点・感性で選ぶとどうなるのかという好奇心が大きかった。


今回の記事では番組で紹介されたランキングを振り返りつつ、番組を観ながら感じたことを曲ごとに書き綴っていきたいと思う。


新譜リリース情報

新譜リリース情報(2022年5月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
202205release.png
Warpaint / Arcade Fire / Sharon Van Etten
Luby Sparks / SOAK /Flume
Zola Jesus / UA / 柴田聡子



Albums of the Month

Albums of the Month (2022年4月)

羊文学

先日コーチェラの配信を観た。ほとんどの観客がマスクしてなくて、「これ本当に2022年の映像か?」と思ってしまった。そしてあと数ヶ月したら、日本にもフジロックとサマソニの季節がやってくる。私はどちらのフェスも全日程行く予定だけど、ちょっとマスクを外す気にはなれない。でも久々に観れる海外アーティスト、とても楽しみにしている。最後に観たのは2019年12月のU2だから、約2年8ヶ月ぶりとかになるのか。

過去記事:[記録]これまでに行ったライブ・フェスのメモ

というわけで4月に初聴きした作品まとめ。いつものごとく、まずは新譜から。



プレイリスト

音楽遍歴プレイリストで自己紹介

bjork-joga-Cover-Art.jpg

2010年2月に始まったこのブログも、干支一周の年数が経過しすでに13年目に突入している。


巷では入学・入社シーズン、ということで今回は初心に返り、ちょっと自己紹介してみたいと思う。と言ってもPUBLIC IMAGE REPUBLICはあくまで音楽ブログなので、ここではこれまでの自分の音楽遍歴をプレイリスト化し、各楽曲にまつわるエピソードと絡めるといった体裁を取っていきたい。



新譜リリース情報

新譜リリース情報(2022年4月)

毎月初めに定期アップし随時更新している新譜リリース情報です。

<今月の注目盤>
202204release.png
Whatever The Weather / Let's Eat Grandma / Syd
Primer / 羊文学 / Hatchie



Albums of the Month

Albums of the Month (2022年3月)

hirasawa_zcon.jpg

26日に東京ガーデンシアターで行われた平沢進の単独ライブ(観客参加型のインタラクティヴ・ライブ)に初参加したけど、凄かった。あの世界観をうまく説明できるだけの頭脳を持ちあわせていないのが悔やまれるが、現実と虚構を織り交ぜて哲学的思想をふんだんに取り込んだSF文学の世界にいるかのような感覚に陥り、大いに刺激を受けた。たまに「平沢進は宗教っぽい」という意見を目にするけれど、確かに宗教って「自分の知見を超える高次元のものを理解しようと努める」ことでもあると思うから、そういう意味では間違っていないのかも。


というわけで3月に入手した音源まとめ。先月は1枚のみだったけど、今月は注目度の高い作品のリリースラッシュだったことや、以前注文していた洋楽CDがまとめて届いたこともあり、やや多めの25枚。


フリートーク

追悼テイラー・ホーキンス

Taylor Hawkins
安らかに


Foo Fightersのドラマーであり、Alanis MorissetteのツアーサポートやTaylor Hawkins and the Coattail Riders、The Birds of Satanなど数多くのプロジェクトで活躍していたテイラー・ホーキンス(Taylor Hawkins)が亡くなった。素晴らしいドラマーだった。心からご冥福をお祈りいたします。


プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ