アーティスト別ベスト

L'Arc~en~Cielのベスト・ソング50 ('92~'12年編)

L25.jpg


4月8日と9日に東京ドームにて行われる、L'Arc~en~Ciel結成25周年記念ライブ「25th L'Anniversary LIVE」がいよいよ目前に迫ってきました。そこで、1年半前にやった「L'Arc~en~Cielのマイ・フェイバリット・ソングBEST30 ('93~'00年編)」の続編というか、最新アップデート版をやりたいと思います。前回は30曲でしたが、今回は対象楽曲の増加に伴い50曲に拡大しています。ハッキリ言って好きな曲が多すぎて、これでも限界まで頑張って削った!


以前のランキングは対象楽曲が1993年から2000年まで、作品では『DUNE』から『REAL』まででした。というのも、その時点ではその期間の作品しか聴いていなかったからなのですが、その後『SMILE』以降のアルバムも聴き、カップリング・ベストなども購入。「'92~」としているのは、『DUNE 10th Anniversary Edition』 に追加収録されている'92年のシングルも含むためとなります。


今回選考対象としたのは以下の14作品。

1st 『DUNE』 (1993年)
2nd 『Tierra』 (1994年)
3rd 『heavenly』 (1995年)
4th 『True』 (1996年)
5th 『HEART』 (1998年)
6th 『ark』 (1999年)
7th 『ray』 (1999年)
8th 『REAL』 (2000年)
9th 『SMILE』 (2004年)
10th 『AWAKE』 (2005年)
11th 『KISS』 (2007年)
12th 『BUTTERFLY』 (2012年)
カップリング・ベスト『The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』 (2003)
再発盤『DUNE 10th Anniversary Edition』 (2004)


ちなみに2013年以降、ラルクは3枚のシングルをリリースしていますが、これ以上悩みたくないので対象外にしました(「Don't be Afraid」めちゃくちゃ好きなんですけどね)。


そもそもなぜ2000年作『REAL』で一度区切りをつけたのかというと、前回の時点では90年代の耽美なラルクが好きで、2000年代以降のオルタナティヴ・ロック寄りな音にかなり苦手意識を抱いていました。なので『SMILE』以降の作品を聴いてしまうと、ちょっとラルク熱が冷めてしまうんじゃないかと危惧したということと、いずれにしろ『SMILE』以降の楽曲はほぼランクインしてこないだろうと思ったんです。


前回の「ベスト30」で一旦気持ちに区切りをつけて、それから半年くらい最初の8枚のアルバムを聴きまくったんですね。そして自然に「この後の作品も聴きたいな」というモードになったところで、『SMILE』以降の四作を一作につき1ヶ月間聴き込んで進めていきました。最初はやはりギターの音やhydeの歌い方に違和感を抱いたりもしたんですが、4ヶ月かけて『SMILE』~『BUTTERFLY』までを聴き込むにつれてだんだん違和感はなくなりましたね。


というわけでベスト50を。前回と同じように作曲者名も記載しておきます。惜しくも漏れた実質51位の曲は「I'm so happy」(『The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』収録) でした。


あと、YouTubeの類は一切ありませんがお察しください。



スポンサーサイト

ベスト・エレクトロポップ

ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)

BESTELECTROPOP_S.png

先日「ベスト・エレクトロポップ・アルバム40 (00's~)」をやりましたが、今回はベスト・ソングをランキング形式で挙げていきたいと思います。「アルバム」では収録曲全体がエレクトロポップな作品の中から選びましたが、今回は曲単位なので、結果的に「アルバム」よりもバラエティ豊かになった気がします。

ちなみにヘッダー画像は女性ポップアイコンで固めてみましたが、表情や構図を意識したら最強グループみたいになりました。いい絵ですねー(笑)。

また、全50曲のうちSpotifyにあった39曲をプレイリストにまとめました(末尾にあります)。Spotifyになかった11曲のうちオフィシャルでYouTubeにあるものは記事末尾に直接埋め込んであります。


ベスト・エレクトロポップ

ベスト・エレクトロポップ・アルバム40 (00's~)

BESTELECTROPOP.png

現行のポップ・ミュージックにおいて、最も主流といっても過言ではないエレクトロポップ。カントリー系SSWだったテイラー・スウィフトもエレクトロポップ化によりさらなるブレイクを遂げたほか、Tegan and SaraやPOP ETCなどもそれまでのオーガニックな作風から華麗に転身。ダンス寄りのインディ・ロック・バンドやチルウェイヴ系のアーティストも時代の流れに沿うようにエレクトロポップ化していきました。

"エレクトロポップ"と一口に言っても、実は「シンセ・ポップ」「エレクトロ」「チルウェイヴ」「エレポップ」「ニューウェイヴ」「ダンス・ポップ」との境界は極めて曖昧。ここでは、それらも含めて便宜的に"エレクトロポップ"とひと括りにしつつ、定義を「ポップでわかりやすい」「キャッチーなメロディ」「高揚感がある」「踊れる」と単純化。また、(なんとなくのイメージですが)80年代のエレポップやニューウェーヴに倣った、ちょっとチープで柔らかなシンセ音を用いたものが多いというイメージがあります。

そんな基準で、この"エレクトロポップ"の名盤をバンド/ソロ、洋/邦問わず40枚セレクトしました。80年代や90年代を含めると収拾がつかなくなるため2000年代以降の作品に絞っています。

2016/12/12追記
ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)
もアップしました。


せっかくなので、Spotifyにあるものは埋め込んでます。アルバムがSpotifyになくても収録されているシングルがあれば単曲で貼りました。では。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年上半期 旧譜ベストアルバム30

2016bestalbumsofar_older.png

半期ごとの恒例なので今回も。2016年上半期に初聴きした旧譜(=2016年リリース以外)作品のベストランキングです。CDを購入またはレンタルしたもののみ対象。60枚ほどあったので今回はTOP30としました。


アーティスト別ベスト

Madonnaのマイ・フェイバリット・ソングBEST30

madonna4.jpg
madonna2.jpg
Madonna3.jpg
madonna.jpg


ひとつのアーティストの作品をじっくり振り返り、ベストソングを考えながら再評価していこうという不定期企画。今回のお題は、10年ぶりとなる来日公演が目前に迫った絶対的クイーン・オブ・ポップ、Madonna様です!

…と気分は盛り上がっているものの、実は彼女が昨年リリースした最新作『Rebel Heart』をまだ聴いていないという始末(それ以外のオリジナル・アルバムは全て所持していますが)。でも安心してください、マダーナ様のコンサートは楽曲なんて知らなくても存分に楽しむことができるエンタテインメント・ショウであることは間違いありません。

ということで、僕の好きなMadonnaの楽曲を30曲セレクトしました(全曲コメント付き)。正直、コンサートでは新曲が中心だと思うし、ここに挙げた曲の多くは代表曲・人気曲を除いて披露されないでしょう。ただ、楽曲的な意味では予習にならなくても、メンタル的な部分で当日に向けてアゲていけたらと思ってます。11位までは曲名クリックでYouTubeリンクに飛びます。



プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ