年間/半期ベスト[2017年]

2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60

2017年上半期に初聴きした旧譜のベスト・アルバム。

このブログでは2012年から続いている恒例企画なんですが、同様のことをやっている人をほとんど見ないのであまり需要はないようです…。僕としては他の人の年間ベストは、どちらかというと新譜よりも旧譜の方が興味あったりします。

新譜はある意味、流行とか評判とかに左右されて対象盤が選ばれると思うけど、旧譜はそういうところから離れて、個々の超私的な体験だったり嗜好だったりがモロに反映されるじゃないですか。他の人のそういう部分が見れるのが楽しいなーと思っております。ちなみに新譜の上半期ベストはこんな感じ

さて、例年この企画は30枚とか40枚を選ぶことが多いんですが、今回はちょっと母数も過去最大規模なので、60枚を選びました。母数が多ければそれだけ好きな作品も多くなるということで、例えば50位台だからといってそこまで好きじゃないわけではなく「うおー、これいいね!」ぐらいにはお気に入りです。というか、それぞれそんなに差があるほどの序列ではないので30位~60位辺りの順序は結構ざっくりしてます。

というわけで少し長くはなりますが、いつも通りコメントやYouTubeナシでサラッとスクロールして見れる感じにはしてあります。では60位から1位までイッキに。

スポンサーサイト

年間/半期ベスト[2016年]

2016年 年間ベスト・アルバムTOP50

2016bestalbum.png


2016年 年間ベスト・アルバムTOP50です。対象は2016年1月1日から12月20日現在までにリリースされたアルバム/ミニアルバム/EP/ミックステープ/コンピレーションで、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタル、あるいはフリーで配布された作品です。例年通り、ストリーミングで聴いたものは含めていません。でもそのうち、ストリーミングも入れざるを得ない状況になっていくんだろうなーとは思います。

2015年の年間ベスト・アルバム2016年の上半期ベスト・アルバムの時と同様、今回も「for fans of」を付けました。これはあらためて説明すると、「これが好きならこれもオススメ」とか「傾向の近いアーティスト」ではなく、「この作品の良かったポイントと共通の魅力を持ったアーティスト」的なニュアンスで捉えていただければと思います。

相変わらず楽曲の試聴リンクや作品ごとのコメントはナシです。試聴については「2016年 年間ベスト・ソング」の方にあるのでぜひこちらもご覧ください。あと、総評コメントはこの記事の末尾にて。

▼ついでによろしければこちらも
2016年下半期 旧譜ベストアルバム30
2016年上半期 旧譜ベストアルバム30

ちなみに、惜しくも50枚に入らなかった作品(実質51位)はDanny Brownの『Atrocity Exhibition』でした。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年下半期 旧譜ベストアルバム30

2016bestalbumsecondhalf_older2.png

巷の年間ベスト・アルバム発表シーズンも山場を迎えていますが、僕の方はというと半期ごとの恒例なのでまずはこちらから。2016年下半期に初聴きした旧譜(=2016年リリース以外)作品のベスト・ランキングです。購入またはレンタルしたもののみ対象。上半期の旧譜ベストに合わせ30位までとしました。

[2016年上半期 旧譜ベストアルバム30]


年代別ランキング

90年代邦楽ベストアルバム50

90sj-pop.png


ここ数年、音楽シーンでも「参照点」として語られる機会が以前よりだいぶ増えてきた感のある「90年代」。J-POPシーンにおいては、雑に括ってしまえば渋谷系、ビーイング系、小室系、ビジュアル系、ディーヴァ系などいくつかのムーブメントがあり、ここ最近でもSuchmosやSugar's Campaign、Shiggy Jr.、ONIGAWARA、星野源、AKB48らについての記事でそれらのムーブメントと絡められているのをよく目にします。

そんな今日この頃、ブロガー/ライターのレジー氏が自身のブログ『レジーのブログ LDB』にて、【レジーが見た90年代プロジェクト】という記事をいくつか書いていまして、先日「90年代の私的50枚リスト」が公開されました。

僕も90年代と言えば、小学校~大学という人生で最も多感な時期を過ごした時代。このような企画を見るとウズウズして、便乗せずにはいられなくなります(笑)。僕自身は90年代初頭はまだ兄が聴いていたTM、B'z、ユニコーンなどを同室で聴くだけだったし、自分でCDを買うようになってからも、ラジオでヒット曲を聴く以外はほとんどが小室系というかTMファミリーという、非常に偏った音楽遍歴でした。ブランキー、フリッパーズ、X Japanなども好きだったけどCDを買うほど熱心ではなく(というか、97年頃まで僕はあまりCDを買わない人でした)後追いがほとんど。90年代後半になってようやくロック系を聴き始め、CDも買うようになってきた感じです。

こうして振り返ってみると、90年代はとても面白い時代だったなと思います。同じくレジー氏による、Real Soundに寄稿された記事「音楽シーンの“90年代復活”は何を意味する? TAKUYA、イエモンらを例にレジーが考える」から引用するならば、<メガヒットの時代を「商業主義的な時代」ではなく「産業として元気な中で自由に音楽を作れた時代」としてポジティブに捉え直す>というのはまさにその通りだと思うし。まあいろいろ語りだすと止まらないのでまた別の機会にということで、さっそく90年代の邦楽ベスト・アルバム・ランキングを発表していきたいと思います。なお、ベストアルバムは選外としました。


年間/半期ベスト[2016年]

The 20 Best Albums of 2016 (So Far) 2016年上半期ベスト・アルバム

bestalbum2016sofar.png

2016年上半期のベスト・アルバム20枚です。対象は2016年1月1日から6月30日までにリリースされたアルバム/EP/コンピレーションで、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタルした、あるいはフリーで配布された音源です。ストリーミングでのみ視聴したものは含めていません。

また、前回の2015年の年間ベスト・アルバム時にわりと好評だった(と、勝手に捉えています笑)、「for fans of」を今回も付けました。これについて一応あらためて説明しておくと、「これが好きならこれもオススメ」とか「傾向の近いアーティスト」ではなく、「この作品の良かったポイントと共通の魅力を持ったアーティスト」的なニュアンスで捉えていただければと思います。



プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ