年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第四回:2012-2016 転換期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨についてはこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較するというものです。

月イチペースで4ヶ月にわたって書いてきましたが、いよいよラスト。第四回目は2012年から2016年までです。

第一回目の〈1997-2001 形成期〉第二回目の<2002-2006 拡大期>第三回目の<2007-2011>インディー期も宜しければ。


スポンサーサイト

年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第三回:2007-2011 インディー期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨についてはこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較する、というものです。1ヶ月くらいで完結するつもりでしたが、結構な作業量になるので月イチペースの進行になってますね…。

さて、第三回目となる今回は2007年から2011年まで。エレクトロ・ムーヴメントが起こり、それがきっかけで「インディー・ロック」に興味を抱くようになってこのブログやTwitterを始めるに至った、ある意味僕にとっての転機と言える時期です。とりわけ流行り廃りの激しいジャンルということで、聴き方も「リリースと同時にタイムリーに聴く」という姿勢に変わっていきました。

では、そんな5年間を振り返ってみたいと思います。
第一回目の〈1997-2001 形成期〉第二回目の<2002-2006 拡大期>はこちらから。


年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第ニ回:2002-2006 拡大期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨についてはこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。

ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較する、というものです。全四回のうち第ニ回目となる今回は2002年から2006年まで。ガレージロックやロックンロールのリバイバルからの幕開けとなったこの5年間は、ポスト・パンクのリバイバルにエレクトロクラッシュ、エモ、クランク、フレンチ・エレクトロなど様々なシーンが隆盛しつつ、ダブステップの源流が生まれたり、はたまたポップ界ではオートチューンやTR-808やレイヴィーなシンセが取り込まれ、個性派女性ソロ・アーティストも次々登場したりと、いわゆる「90年代的な価値観」から「21世紀的な新しい価値観」への橋渡しの時代だったと思います。

では、そんな5年間を振り返ってみたいと思います。

第一回目の〈1997-2001 形成期〉はこちらから。


年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第一回:1997-2001 形成期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨については先日のこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。

ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較する、というものです。全四回のうち第一回目となる今回は1997年から2001年までの5年間を振り返りたいと思います。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年 年間ベスト・アルバムTOP50

2016bestalbum.png


2016年 年間ベスト・アルバムTOP50です。対象は2016年1月1日から12月20日現在までにリリースされたアルバム/ミニアルバム/EP/ミックステープ/コンピレーションで、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタル、あるいはフリーで配布された作品です。例年通り、ストリーミングで聴いたものは含めていません。でもそのうち、ストリーミングも入れざるを得ない状況になっていくんだろうなーとは思います。

2015年の年間ベスト・アルバム2016年の上半期ベスト・アルバムの時と同様、今回も「for fans of」を付けました。これはあらためて説明すると、「これが好きならこれもオススメ」とか「傾向の近いアーティスト」ではなく、「この作品の良かったポイントと共通の魅力を持ったアーティスト」的なニュアンスで捉えていただければと思います。

相変わらず楽曲の試聴リンクや作品ごとのコメントはナシです。試聴については「2016年 年間ベスト・ソング」の方にあるのでぜひこちらもご覧ください。あと、総評コメントはこの記事の末尾にて。

▼ついでによろしければこちらも
2016年下半期 旧譜ベストアルバム30
2016年上半期 旧譜ベストアルバム30

ちなみに、惜しくも50枚に入らなかった作品(実質51位)はDanny Brownの『Atrocity Exhibition』でした。


プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ