年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第ニ回:2002-2006 拡大期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨についてはこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。

ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較する、というものです。全四回のうち第ニ回目となる今回は2002年から2006年まで。ガレージロックやロックンロールのリバイバルからの幕開けとなったこの5年間は、ポスト・パンクのリバイバルにエレクトロクラッシュ、エモ、クランク、フレンチ・エレクトロなど様々なシーンが隆盛しつつ、ダブステップの源流が生まれたり、はたまたポップ界ではオートチューンやTR-808やレイヴィーなシンセが取り込まれ、個性派女性ソロ・アーティストも次々登場したりと、いわゆる「90年代的な価値観」から「21世紀的な新しい価値観」への橋渡しの時代だったと思います。

では、そんな5年間を振り返ってみたいと思います。

第一回目の〈1997-2001 形成期〉はこちらから。


スポンサーサイト

年間ベストアルバム1997-2016

ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第一回:1997-2001 形成期〉

chronicle19972016.jpg


当ブログ7周年特別企画、「年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016」。企画趣旨については先日のこちらの記事<イントロダクション>をご覧ください。

ざっくり言うと、過去20年分やってきた年間ベストを現在の自分の音楽ライブラリと視点で再度選び直して当時のものと比較する、というものです。全四回のうち第一回目となる今回は1997年から2001年までの5年間を振り返りたいと思います。


年代別ランキング

90年代邦楽ベストアルバム50

90sj-pop.png


ここ数年、音楽シーンでも「参照点」として語られる機会が以前よりだいぶ増えてきた感のある「90年代」。J-POPシーンにおいては、雑に括ってしまえば渋谷系、ビーイング系、小室系、ビジュアル系、ディーヴァ系などいくつかのムーブメントがあり、ここ最近でもSuchmosやSugar's Campaign、Shiggy Jr.、ONIGAWARA、星野源、AKB48らについての記事でそれらのムーブメントと絡められているのをよく目にします。

そんな今日この頃、ブロガー/ライターのレジー氏が自身のブログ『レジーのブログ LDB』にて、【レジーが見た90年代プロジェクト】という記事をいくつか書いていまして、先日「90年代の私的50枚リスト」が公開されました。

僕も90年代と言えば、小学校~大学という人生で最も多感な時期を過ごした時代。このような企画を見るとウズウズして、便乗せずにはいられなくなります(笑)。僕自身は90年代初頭はまだ兄が聴いていたTM、B'z、ユニコーンなどを同室で聴くだけだったし、自分でCDを買うようになってからも、ラジオでヒット曲を聴く以外はほとんどが小室系というかTMファミリーという、非常に偏った音楽遍歴でした。ブランキー、フリッパーズ、X Japanなども好きだったけどCDを買うほど熱心ではなく(というか、97年頃まで僕はあまりCDを買わない人でした)後追いがほとんど。90年代後半になってようやくロック系を聴き始め、CDも買うようになってきた感じです。

こうして振り返ってみると、90年代はとても面白い時代だったなと思います。同じくレジー氏による、Real Soundに寄稿された記事「音楽シーンの“90年代復活”は何を意味する? TAKUYA、イエモンらを例にレジーが考える」から引用するならば、<メガヒットの時代を「商業主義的な時代」ではなく「産業として元気な中で自由に音楽を作れた時代」としてポジティブに捉え直す>というのはまさにその通りだと思うし。まあいろいろ語りだすと止まらないのでまた別の機会にということで、さっそく90年代の邦楽ベスト・アルバム・ランキングを発表していきたいと思います。なお、ベストアルバムは選外としました。


フリートーク

Highway 86-96 Revisited -80年代中盤~90年代中盤のポップ・ミュージック再訪-

hiwy86-96rvstd.png
[Cover Photo:Shampoo]

グランジ、マッドチェスター、シューゲイザー、ブリットポップ。80年代から90年代にかけてロック界隈で起こったこれらのムーブメントって今も人気がありますよね。影響を公言する新人アーティストがいたり、それらのスタイルを踏襲しながら現代風にアップデートしたり。特に2010年代以降はグランジやブリットポップがよく取り沙汰されるようになりました。

自分も最近は80年代半ば~90年代半ばの音楽にどっぷりとハマっています。ただ、そういったいわゆる「ロック側」「インディ側」のムーブメントではなく「メインストリーム側」で、ジャンルで言うとニュージャックスウィングやR&B、ユーロビートといったところ。

今回取り上げるのは、いずれも小・中学生時代にリアルタイムで聴いていた音楽。親の影響というのもありますが、ラジオの週間洋楽チャートTOP30みたいな番組が好きで、当時はこれらの洋楽を「ごく自然に耳に入ってくる音楽」として軽ーく聴いていました。

やがて本格的に音楽に目覚めてからは、週間チャートではなかなかオンエアされないたくさんのかっこいい音楽があることを知りました。オアシス、ニュー・オーダー、マイブラ、ザ・スミス、ザ・ストーン・ローゼズ、ニルヴァーナetc.…、でもそういった音楽を知った途端、ラジオで聴いていた当時のヒットチャート系の音楽がもの凄くダサいものに思えてしまったんですね。

それからはこの時代のヒット曲を熱心には聴いてはこなかったんだけど、最近よくMTVなどで80年代・90年代のヒット曲特集が組まれていたり、「イマ」の音楽、特に邦楽ではtofubeats、Especia、Sugar's Campaign、Orland、ORESAMAなどからそれらの影がチラつくことがあったりして、少し再評価の兆しが見えてきているような?単にノスタルジアや思い入れではなく、ニュージャックスウィングや初期のユーロビートは今聴いてもとてもかっこいい!ビートやベースラインから感じられるあの時代特有のグルーヴ、そしてサンプリングネタに至るまで、今の耳であらためて聴いてこそわかる、当時気付けなかった魅力がたくさん。

今回の特集では、そんな86年~96年にリリースされた10曲を紹介します。音楽の流行は20年数くらいのサイクルで繰り返すとよく言われますが、だとするとニュージャックスウィングや初期ユーロビート再評価の波はすぐそこまで来ているのかもしれません。中古市場ではどれも100円くらいで買えるので今のうちにゲットしておきたいですね。


年代別ランキング

年代別・アルバム推定再生回数ランキング(1990年代編)

リリースされた年代ごとに、アルバム・EPの私的推定再生回数をランキング形式で挙げていきます。今回は自分が本格的に洋楽というか音楽そのものにどっぷり漬かり始めた90年代です。価値観を広げてくれた作品や思い入れの深い作品は他にもたくさんありますが、やはり何回聴いても色褪せない、普遍的で「いい曲」が詰まった作品が、再生回数では上位になります。

細かい選定基準とかは「1960年代編」に書きました。また、1970年代編1980年代編も併せてどうぞ。


■1990年代にリリースされたアルバムの推定再生回数ランキング

プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ