FC2ブログ

Albums of the Month

Albums of the Month (2019年12月)

albums_of_the_month.png

レッチリにジョン・フルシアンテ復帰というニュースに、どうも手放しで喜べない自分がいる。確かに彼の在籍時のレッチリは黄金期と呼ぶに相応しかった。でも彼の脱退後、ジョンの愛弟子ともいえるジョシュ・クリングホッファーが加入してから制作された2枚のアルバムにはバンドとしての進化がはっきり見られたし、年相応の円熟味も感じられて、「ジョンが抜けたからこそ出来た」「ジョシュがいたからこそ出来た」と言える作品だったと思う(ジョンがいた時とどちらの作品が好きかというのはまた別問題)。

復帰はジョンとバンドのどちらから切り出したことなのかは現時点でまだ語られていないのでわからない。でももしジョンからだとしたら、バンド脱退→復帰は初めてじゃないだけにさすがに自分勝手すぎなのでは?と思ってしまう。ただ、ジョシュの脱退はおそらくクビなどではなく、「尊敬するジョンが戻ってくるのなら、自分はその席を喜んであけ渡そう」という、ジョシュなりのジョン愛に満ちた理由だろう。

しかし、「元サヤに戻る」の行動原理というのは現状に満足できていなかったり、軌道修正だったりといったものだ。だからこの10年間のレッチリとジョンの活動を自ら否定的に捉えているように思えてしまう。自分はレッチリのこの10年を勝手に「ジョン脱退を乗り越え、それを糧にさらなる進化をしてきた」と前向きに捉えてきたが、もしレッチリ自身もそう思っているならば、ジョンからの申し入れ(ジョンから切り出したとすればだけど)を断るぐらいの自信と確信をもってこの10年間活動していてほしかったというのが正直なところ。

まあ、ジョン復帰後の作品がしっかりと「ジョシュ時代」の流れを汲んだ"2020年代の新しいレッチリ"として素晴らしければ何も問題はない。『Blood Sugar Sex Magik』や『Californication』、『By The Way』の劣化版焼き直しだけは勘弁だ(全部大好きなアルバムだけど、だからこそ)。

…というわけで、少し早いけど更新予定が詰まっているのと、年内に新しい音源を購入する予定がないため12月の初聴き音源まとめをさっさとやります。今月はなんか暗いジャケばっかだな!


スポンサーサイト



初聴きディスクレポート

初聴きディスクレポート Vol.78(2015年12月)

hatsukiki201512.jpg


2015年12月に初聴きした音源の感想まとめです。年間ベストに向けた追い込み購入により、先月に続きまたも5つ星多数となりました。



★★★★★ 年間ベスト20位以内クラス*
★★★★☆ すばらしい
★★★☆☆ 標準レベルの良作
★★☆☆☆ 若干気になる部分あり・もっと聴きこみ必要
★☆☆☆☆ 期待ハズレ
☆☆☆☆☆ 全然ダメでした

*今年リリースでない場合、旧譜のみの年間ベスト20位以内クラス




12月のALBUM OF THE MONTHは、今年の紅白歌合戦にも出場するこのグループ。


初聴きディスクレポート

初聴きディスクレポート Vol.60(2014年6月)

2014年6月に初聴きした音源の感想まとめです。

<★の解説>----------------------
★★★★★ 年間ベストアルバム20位以内クラス*
★★★★☆ すばらしい
★★★☆☆ 標準レベルの良作
★★☆☆☆ 若干気になる部分あり・もっと聴きこみ必要
★☆☆☆☆ 期待ハズレ
☆☆☆☆☆ 全然ダメでした

*今年リリースではない場合、旧譜のみから選ぶ年間ベストアルバムの20位以内クラス
----------------------------

では6月のAlbum of the Monthから。


ライブレポート

ライブレポート:Coldplay@東京ドームシティホール

925282_281178212062801_857950329_n.jpg

6月12日に東京ドームシティホールにて行われたColdplayのプレミアムライブに行ってきました。リリースされたばかりのアルバム『Ghost Stories』に伴うワールド・ツアーは東京の他にはケルン(ドイツ)、NY、LA、パリ、ロンドンのみ。超レアな機会だけに会場の外には「譲ってください」のボードを持った人が多数いて、中には「フィリピンから来ました」という人も。確かに彼らほど人気のバンドで公演地がこれだけなら、アジア全域やオーストラリア辺りから日本に来てもおかしくはない。整理番号が比較的早かったので、入場するやドリンク後回しでジョニー側の前から4列目くらいの位置を確保した。

アーティスト別ベスト

Coldplayのマイ・フェイバリット・ソングBEST20

11月13日に世界54ヶ国で同日上映されたColdplayのライブ・フィルム「Coldplay Live 2012」。ここ日本でも全国32館で上映されましたが、その圧巻のライブパフォーマンスを大画面・大音響で体験したいと思い、観に行ってきました。


coldplay_live2012

coldplay_live


ライブ映像はカラフルな紙吹雪が舞い散る鳥肌ものの美しさで、曲の美しさやエネルギッシュなパフォーマンス、さらにオーディエンスも…(これは映像を観てのお楽しみとしておきます)とにかく最高の一言。映像の中に映る幸せそうなオーディエンスの笑顔、そして合間に挿入されるメンバーの語る「オーディエンスとこの一瞬を共有したい」というアツい想いや「さっきまでは数万人の中にいたのに、ライブが終わって数十分後にはホテルで一人」という言葉が印象的でした。それにしてもこんなものを観てしまっては、単独来日を願わずには居られません。

さて、あらためて彼らの楽曲の良さを再認識することにもなったので、Twitter上で彼らの中で個人的に好きな曲BEST20を発表したのですが、自分用メモも兼ねてブログにも記載します。しばらく経ってから見返すと少し違っていたりして面白いかなーと思ったり。


■Coldplayのマイ・フェイバリット・ソングBEST20
※カッコ内は収録作品

プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ