あのアーティストとの出会い

あのアーティストとの出会いVol.4 ≪MUSE≫

毎回異なるアーティストをテーマに、自分との出会いの想い出を語る不定期特集記事です。ビョークニューオーダーマイブラに続いて第四回目に取り上げるアーティストは、つい先日来日公演を行ったMUSE(ライブレポはこちら)です。

※しれっと特集名を微妙に変えました。


muse.jpg
(3人ともアゴがケツ気味…)


スポンサーサイト

あのアーティストとの出会い

あのアーティスト・この出会いVol.3 ≪My Bloody Valentine≫

音楽との印象深い出会いの想い出を語る特集です。前回取り上げたNew Orderから実に13ヶ月ぶり、第三回目となる今回は、このたび遂に過去2作のリマスター、そしてEP集がリリースされるMy Bloody Valentineを取り上げたいと思います。

(それにしてもこの特集名、我ながらダサいよなあ・・・と思う今日この頃。)


my_bloody_valentine
※最もよく知られたアー写。ボーカルよりもドラマーが目立ってますね



あのアーティストとの出会い

あのアーティスト・この出会いVol.2 ≪New Order≫

これまでの、音楽との印象的な出会いの想い出を語るこのコーナー、第二回目に取り上げるアーティストは「New Order」です。


neworder1

neworder2

neworder3


ご存知の方も多いようにNew Orderは、Joy Divisionが圧倒的なカリスマ性を放つフロントマンでボーカルのイアン・カーティス(Ian Curtis)を、首吊り自殺という形で失った残りのメンバーが始めたバンド。Joy Divisionが持っていた、シンセを用いたポストパンク風味はそのままに、よりポップでダンサブルな方向性に発展していきました。基本的に彼らのサウンドは明るいですが、暗い気持ちを無理に笑って誤魔化しているかのような、たまに暗い影が見えます。


彼らの代表曲と言えば、クラブアンセムとしてはもちろん、カイリー・ミノーグが取り入れたことでも有名な「Blue Monday」。
このバスドラの「ドッドッ、ドドドドドドドド」は結構耳にしたことがある人も多いはず。この曲も実は、Ianが自殺したのが月曜日だったことから、重苦しく暗い月曜日のことを歌ってるんですね。それなのにこんなにノリノリのディスコ調。そんなやぶれかぶれ感が、チープな打ち込み音、せつないメロディと相俟って何とも言い難いブルーな雰囲気を醸し出しています。







さて、そんなNew Orderの音楽と僕が出会ったのは1993年。たまたま父親が聴いていたFMラジオから流れてきた「Regret」という曲でした。







もう、この涙を誘わずにいられないメロディが、当時中学生・思春期真っただなかだった僕の心に突き刺さったのです。でも、当時は何ていうバンドの曲なのか、どんなバンドなのか、そもそもバンドなのか歌手なのかもわからなかったんですね。とにかくこのメロディだけが僕の心を捉え、その後しばらく耳にすることはなくても、メロディは覚えていたんです。


その後、トレインスポッティングのサントラに収録された「Temptation」を知りましたが、曲自体は好きだったもののアーティストに特に興味を持たずスルー。またその数年後、大学生の時「Regret」に再会しました。正確に言うと、「Regretのメロディ」に再会ですね。New Orderの曲ではなく、The Get Up Kidsがカバーしたバージョンを聴いたのです。


「あ、懐かしい。昔ラジオで聴いた曲だ。この曲好きだったな…」


と思いながらThe Get Up Kidsのライナーノーツをめくると、「New Orderのカバー曲」と書かれてありました。そこでもっとNew Orderを聴きたい!知りたいと思って最初に買ったのが1989年の5枚目「Technique」。


なぜこのアルバムから入ったかというと、「Loveless Love」という曲や「Vanishing Point」という曲が入っていたから。その時すでに、マイブラやプライマル・スクリームが好きでしたから。


音が古い!ダサい!と思いながらも不思議な魅力に引き込まれて、先述の「Regret」収録の6枚目「Republic」、「Blue Monday」収録の2枚目「Power, Corruption & Lies」と購入、そしてシングル曲をコンパイルした「Substance」なども集めました。


そんな時、フジロック'01へのNew Orderの出演が決まり、当然のように観に行きました。その時はギターにスマパンのビリー・コーガンが参加していて、二度おいしい思いをしました、肝心のライブはと言うと、本当にヘタクソ!特にボーカル。何年やってるんだと思うくらいに、裏返ったり音程外したりしまくり、そして片足で飛び跳ねたりの不自然なダンス。でもそんなところが愛せるバンドなのです。


2001年に出したシングルの「Crystal」のPVに出てくる架空のバンドが「The Killers」で、あのThe Killersはそこからバンド名を拝借していたり、最近の80'sサウンドを鳴らすインディバンドの多くがNew Orderのファンであることを公言していたりと、音楽シーンに広い影響を与え続けていますが、喧嘩が元で事実上の解散状態に。


でも、彼らはいつかきっと、和解する日が来るんじゃないかって気がしてます。いろんな困難を分かち合い、乗り越えてきたバンドなので・・・。それこそ、喧嘩したことを後悔(Regret)する日が来るのではないでしょうか。僕はその日を待ちます。
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ