FC2ブログ

今週の10曲

今週のHOTな10曲(5/30)

今週よく聴いていた曲や、新たに開拓したアーティストの10曲を紹介します。
今週はArcade Fire,Klaxons,Vampire Weekend,Kanye Westなどです。

Arcade Fire - "The Suburbs"
今週解禁になった新曲です。シャッフルなリズムが新機軸。哀愁感たっぷり。今年の秋ごろ予定の新作が楽しみ。


Klaxons - "Flashover"
こちらも今週解禁の新曲。今までよりも音がへヴィーに!?新作の期待度MAXです。


Vampire Weekend - "Jonathan Low"
サントラ収録の新曲。Arcade Fireを思わせるオーケストラルポップ。


Vampire Weekend - "Giving Up The Gun"
VWをもう一曲。なぜか日本語のテロップ。それ以前に、なぜJonas Brothersの人が出演しているのか?


Kanye West ft.Dwele - "Power"
新曲です。King Crimsonの曲をサンプリング。


Sleigh Bells - "Run The Heart "
アルバムは6月末。楽しみすぎます。この曲は非常にポップでメロディアス。


Ash - "Binary"
新曲のPVなのに映像が古い(メンバー若い&シャーロットがいる)し、メンバーが惨殺されるホラー映画。さらにColdplayメンバーも出演という意味不明さ。


Uffie - "Sex Dreams and Denim Jeans "
やっと、まもなくアルバム。待ちました。この間、Uffieちゃんは結婚・出産・離婚したそうで。


Frankie Goes To Hollywood - "Relax (Don't Do It) "
ゲイカルチャー面白いです。彼らのサイトでこの曲がDJ遊びできます。


Prince And The Revolution - "Let's Go Crazy"
80年代のこういう曲調と音のかっこよさは、いくらリバイバルで今の人が頑張っても出せない。
スポンサーサイト



フリートーク

Jeff Buckley



LiveのCD"Live at SIN-E"を聴いていたら、DVDも観たくなりました。ここ10年ほど、「孤高の存在」と呼ばれるようなカリスマSSWは生まれていないように思います。















ONKYO GX-70HD2(B) WAVIO パワードスピーカーシステム ハイレゾ音源対応 ブラック ブラック

MGEX 1/100

HGUC <235> 1/144

今週の10曲

今週のHOTな10曲(5/23)

今週よく聴いていた曲や、新たに開拓したアーティストの10曲を紹介します。
今週はSleigh Bells,Shy Child,Dark Rom Notes,Underworldなどです。


Sleigh Bells - "Infinity Guitars "
パンク!エレクトリック!M.I.A.の7月発売予定の新作にもギターで参加しているユニット。


Shy Child - "Disconnected "
エレクトロパンクデュオが軽やかに転身。荒くれドラムとブイブイ唸るシンセをキャッチーに昇華。


Dark Rom Notes - "Love Like Nicotine"
SXSW フェスで注目を浴びたダンスロックバンド。


Underworld - "Scribble (radio edit) "
新曲です。久々にアゲアゲモード突入?でもBoom Boom Satellitesの曲に思えてしょうがない。


Kylie Minogue - "All The Lovers "
もうじきリリース予定のカイリーの新曲。洋楽聴き始めた9歳の時から大好きだった。


Pet Shop Boys - "It's a Sin "
PSBは、初めて好きになった洋楽アーティストだから思い入れは格別。シーンは80年代やエレポップがブームだけど、自分にとってはずっと持ってるルーツ。


Primal Scream - "Slip Inside This House "
最近、やたらと懐かしの90年代ものをよく聴いていますが、5年以上振りに"Screamadelica"を今の耳で聴いたら、あまりのカッコよさにぶっ飛んだ。


Joy Division - "Disorder"
先週月曜に没後30周年となったIan Curtisを偲んで。


David Bowie - "Changes"
引き続きBowieにハマっていますが、ZiggyやSpace OddityだけでなくHunky Dollyも名曲ぞろいの名盤。Bowie作品の中でも実はミュージシャン人気が一番高いらしい。


Lali Puna - "Rest Your Head"
Morr Record代表バンドの新作から。心地よいエレクトロニカ。ボーカルが良い。

フリートーク

Pet Shop Boys & Girls

Pet Shop BoysとGirls。サウンド的にはあまり共通点がないように思えます(しかもBoysとGirls!)が、この2枚のアルバムジャケットはあまりに似ていますよね。オマージュなのでしょうか?どういう意図なのか、すごく気になります。



petshopboys


girls_brokendreamsclub



強いて共通点を挙げるとすれば、どちらもスイートでロマンティックってことでしょうかね。






今週の10曲

今週のHOTな10曲(5/16)

今週よく聴いていた曲や、新たに開拓したアーティストの10曲を紹介します。
今週はCrystal Castles,Broken Bells,David Bowie,Joy Divisionなどです。

Crystal Castles - "Year of Silence"
間もなく発売のニューアルバムから。これSigur Rosをサンプリングしてるよね?


Broken Bells - "Vaporize "
祝・フジロック出演!いずれはこの曲もシングルカットされるでしょう。Dangermouse、いい仕事してます。


David Bowie - "Space Oddity"
何といっても、事故により宇宙を永遠にさまよう宇宙飛行士トム少佐を描いた歌詞が秀逸。


Joy Division - "Warsaw"
初期のシングルは初めて聴いたけど、こんなに鬼気迫るパンクだったとは。


Matt And Kim - "Daylight"
素晴らしいのは"Lessons Learned"のPVだけじゃない。この曲もPVもユニーク。


Pulp - "Common People (live at Glastonbury)"
最近なぜかPulpがマイブーム。全盛期、Glastonburyのメイントリを務めた時のこの盛り上がり。最高のアンセム。


Kula Shaker - "Govinda"
ゴーヴィンダジャイヤジャイヤ。Kulaもフジロックに出ます。


Iggy And The Stooges - "Search And Destroy"
この頃のIggyはかなりキレてるパンクサウンド。カッコよすぎます。


Ash - "Tracers "
A-Zシリーズから。よくもこんなに名曲ばかり作れるなと思う。


Liars - "Scissor"
静から動へ、再び静へ。そして暗黒世界へ。

初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.8

4月の後半から5月の前半にかけて、初めて聴いたアルバムのレビューです。

Battles / EP C / B EP
★★☆☆☆
アルバム"Mirrored"は素晴らしいが、この初期EPはちょっと退屈な長尺モノが多い。


Babe Ruth / First Base

★☆☆☆☆
"Mexican"目当てだったけど、曲数が少ないうえに同じ曲を使いまわし…中身は薄い。


Pavement / Quarantine The Past - The Best of Pavement

★★☆☆☆
時代によって音のバランスやレベル、音質が異なるので、時系列じゃない曲順のこのベストアルバムは聴いてて違和感あり。オリジナルアルバムはいいので、オリジナルを聴けってことですね。


The Apples In Stereo / Travellers In Space And Time
★☆☆☆☆
あまりギターは入っておらず、シンセがメイン。歌はほとんどヴォコーダー。それだけで最高!と思いきや、何だかメロディーもサウンドもイマイチ。個人的には2002年の爆裂ガレージアルバムVelocity of Soundが最高なんだけど。


Tokumaru Shugo / Port Entropy
★★★☆☆
海外でも人気の高い日本人アーティスト。いろいろな非楽器を操って摩訶不思議な音を出していますが、非常にポップで親しみのあるサウンド。


Christina Aguilera / Back To Basics
★★★☆☆
もうすぐ発売の最新作の先行シングルがあまりに没個性的だったので、この個性的で古き良きヒップホップ・マナーに則ったアルバムを今さら聴いてみた。"Ain't No Other Man"はリリース当時も好きだったけどやはりメチャクチャかっこいい!


John Mayer / Battle Studies
★★★☆☆
初めてまともに聴いたけど意外とオーソドックスなポップス。メロディーセンスはあるけど、アレンジがひねりがなさ過ぎてちょっと退屈。


Muse / Absolution
★★☆☆☆
フジロックの予習として、セカンドで止まっていたMUSEを追ってみた。サードとなる本作は、意外と地味。セカンドに比べ、キラーチューンはあまりないかも。


Muse / Black Holes and Revelations
★★★☆☆
3枚目よりは少しキラーチューンの増えた4枚目。しかし曲順がイマイチ。リード曲"Knights of Cydonia"はなぜあんなに後半にあるのか?あれは1曲目にすべき曲では?


Muse / Resistance
★★★☆☆
4枚目よりももっとキラーチューンの増えた、目下最新作となる5枚目。しかし最後の組曲が…。★マイナスひとつ。


David Bowie / Space Oddity
★★☆☆☆
この時代のボウイは未完成でヒューマンな感じがするのがいい。ロックンロールになる前の、フォーク・ロック然としたボウイ。一聴すると地味だが、メロディーがどれも秀逸なので聴きこむと味が出るタイプだろう。


Iggy And The Stooges / Raw Power
★★★☆☆
パンク魂全開。ボーナスのライブ盤がかっこいい。しかし、マイクの接触不良が起きたこのライブをなぜわざわざ音源化したのか。トラブルさえも、イギーをイギーたらしめる要素としているかのよう。


Joy Division / Substance
★★★☆☆
オリジナルアルバムに収められていないシングルをメインに収録した編集版。名曲がたくさんあるし、イアンカーティスの鬼気迫る歌唱は鳥肌が立つ。


Matt & Kim / Grand
★★★☆☆
"Lessons Learned"でのニューヨークでメンバー全裸PVが話題の男キーボード&女ドラムデュオ。サウンドがとにかくユニークだが、曲もキャッチーでめまぐるしくはじけるポップ。ドラムサウンドもバスバスでかっこいい。

今週の10曲

今週のHOTな10曲(5/9)

今週よく聴いていた曲や、新たに開拓したアーティストの10曲を紹介します。
今週はM.I.A.,Matt and Kim,Dum Dum Girls,LCD Sound Systemなどです。

M.I.A. - "Born Free"
ショートムービーはもう観ましたか?とにかく衝撃。最後のシーンはトラウマになりそう。


Matt and Kim - "Lessons Learned"
ニューヨークで全裸になるこのPVが話題。最後もなかなか。


Dum Dum Girls - "Jail La La"
こういうゆる~い女の子アノラックジャングリーギターポップは大好き。


LCD Sound System - "Drunk Girls"
このPV、スパイク・ジョーンズなんだ…やりすぎ!ワルのりすぎ!


Atoms For Peace - "Love Will Tear Us Apart"
トムヨークのバンド。Joy Divisionの名曲カバーです。トムがイアンカーティスのモノマネをしています。


Walls - "Hang Four "
何というか、アンビエントでエキゾチックでダンサブルが新しい。。


Yeasayer - "Ambling Alp"
ホワホワした音像と中東風メロディが心地いい。


Beardyman - "Windowlicker"
フジで絶対に観たいボイスパフォーマー。Aphex Twinのカバー。


Muse - "Knights Of Cydonia"
今さらMuseの魅力を再認識。やっぱりライブが凄いです。


Foals - "This Orient "
深化したマスロック。

Fuji Rock & Summer Sonic

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 Expectation - ステージ&出演順予測

フジロック2010ステージ&出演順予想

クリックで拡大します

フジロックフェスティバル2010の出演アーティストの出演順とステージ割を勝手に予測してフライヤー作りました!
事実ではなく、あくまで個人の予想ですのでご了承ください。
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ