初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.25(2011年7月)

7月に買った&借りたアルバムの、「一番最初に聴いたとき」の感想を紹介します。今月は・・・少ない。5枚です。しかも、うち2枚はフリーDLアルバム、2枚は借りもの。唯一購入したMemory Tapesも、届いたのは7月ですが注文は6月。つまり7月は1枚も買ってないんですな。いますぐ欲しい!というものがあまりなかったのと、フジロックのことばかり考えてて新譜をチェックしてなかったせいです。でも、しっかり星5つの作品はありますよ。


※6月のアルバム感想はこちら

※5月のアルバム感想はこちら

※4月のアルバム感想はこちら

※3月のアルバム感想はこちら

※2月のアルバム感想はこちら

※1月のアルバム感想はこちら

<★の解説>----------------------
★★★★★今年の名盤上位20位以内確実!
★★★★☆すばらしい
★★★☆☆普通に良作
★★☆☆☆若干気になる部分もあり。もう少し聴きこみたい
★☆☆☆☆期待ハズレ
☆☆☆☆☆全然ダメでした
---------------------------



では今月も、さっそく「Album of The Month」からご紹介します!

【Album of The Month - Ruby Coast / Whatever This Is】
★★★★★
RubyCoast

カナダ出身の3人組インディロックバンド。パッと聴くとサウンド的にはありきたりな感じがするのに、なぜか例えられるアーティストが全く思い浮かばないのが不思議。系統的には、The StrokesやThe Fratellisあたりのどキャッチーなロックンロールバンドが、キーボードをふんだんに取り入れて、さらにLos Campesinos!が持っているような陽性のポップネスを爆発させたと言ったところ。湿っぽさのないArcade Fireとも言えてしまうあたりも何となくカナダ出身の彼ららしい。ボーナストラックでアコースティックバージョンやエレクトリックなリミックスバージョンも入っているけど、メロディセンスが際立っているのでどちらも素晴らしい出来になっています。なんとこのアルバム、このクオリティでありながら彼らのサイトでフリーダウンロードされています(試聴もできます)。先ほど挙げたようなバンドが好きで、まだ未聴の方はパソコンのハードディスクを119MBを割いて必ずDLすべし、ですよ。


Memory Tapes / Player Piano
★★★★☆
チルウェイヴ四天王を選ぶなら、Washed Out、Toro Y Moi、Neon Indian、そしてこのMemory Tapes。これは勝手に僕が考えました。でも、シーンを代表するこれらのアーティストが、それぞれ枠から飛び出したクリエイティブな作品を出したことで、このジャンルもいろいろサブジャンルが生まれてきています。そんなことはさておき、このアルバムは完全にチルウェイヴに括っちゃいけない作品。どっちかっていうとネオアコやギターポップを、エレポップ調にアレンジしたという雰囲気。とにかく曲がどキャッチーでアップリフティングなので、チルウェイヴの枠に収めておくのはもったいなすぎな美メロポップ作品です。




Maia Hirasawa / Maia Hirasawa
★★★★☆
日本とスウェーデンのハーフである女性SSW。日本ではすでにシャンプーやJR北九州のCMで、お茶の間レベルで有名ですね。トランペットやピアノが軽快なチェンバーポップ。邦楽しか聴かない人がRegina Spektorとか聴くきっかけになればうれしいですね。このアルバムは日本編集盤みたいな感じですが、まさに全曲が明るくポップ。おおはた雄一とのコラボ曲のような静かな曲でも、ヘタに湿っぽく「○○したくて震える」みたいにならずに優しく包み込んでくれる歌声がいいです。フジロックのステージも楽しみだけど、果たしてオーディエンスはアヴァロンに収まるのか?が心配。




Wugazi / 13 Chambers
★★★☆☆
USエモーショナル・ハードコア・バンドのFugaziと、これまたハードコアなヒップホップ集団Wu-Tang Clan(今でいうところのOFWGKTA的存在)のマッシュアップ作品がフリーダウンロードされています。どちらのアーティストもそこまで入れ込んでるわけではないのですが、だからこそこの作品をニュートラルな視点で聴けました。ラップはかっこいいし、尖ったビートやピアノが入ったりするトラックも激クール。本家FugaziとWu-Tangも聴きたくなりますね、これは。画像クリックでDLサイトにジャンプします。

wugazi



Incubus / If Not Now, When?
★★☆☆☆
世間的にはどう評価されるんだろう…そればかりが気になってしまう作品。彼らの持ち味である、激しくてグルーヴィーな曲はほとんどなく、全体的にゆったりとしたグッドメロディが大半を占めます。そのため、最初に聴いたときは地味な印象があったのも否めません。でもやはりメロディがすばらしいので聴くほどに味が出るスルメ盤になりそうです。ただ、前作「Light Grenades」でUSチャート初登場1位から翌週には37位になり、急下降ランクダウンの不名誉な記録を作った彼らだけに、今作もアメリカでどのようなチャートアクションを見せるのか?が心配であります。

スポンサーサイト

今週の10曲

今週の10曲(2011/7/24付)

今週よく聴いていた曲や初聴きした曲を紹介します。今回はフジロック直前なので、フジで絶対観たいアーティスト特集。また、7月23日に急逝したエイミー・ワインハウスを偲びます。



Amy Winehouse - "He Can Only Hold Her"
27歳にしてこの世を去りました。アルバム「Back To Black」の中でも一番好きな曲です。R.I.P.



Coldplay - "Sparks"
金曜日のグリーンステージヘッドライナー。予習しようと久しぶりにファーストを聴いたら、この曲のジャジーな雰囲気すごくいいですね、しばらく忘れてました。



Washed Out - "Eyes Be Closed"
金曜日の深夜のレッドマーキーに出演。バレアリックでロマンチックなサウンドが魅力的。PVも早回し映像のスクリーン前でバイクに乗ってる女性がクール。光のまばゆい感じもかっこいいです。



Jimmy Eat World - "Lucky Denver Mint"
金曜日のグリーンステージに出演。彼らが出演すると、必ず雨が降るので要注意(笑)!!



Fountains of Wayne - "Stacy's Mom"
土曜日のグリーンステージにお昼に登場。晴れた天気の下で彼らの曲を聴いたらものすごく気持ちよさそう。友達のお母さんを好きになってしまったという曲です。



Battles - "Wall Street"
土曜日のグリーンステージに出演。位置が高すぎなシンバルがトレードマークなだけでなく、どのメンバーも高い演奏力を持っているので、パフォーマンスは超期待。



Warpaint - "Elephants"
日曜日のレッドマーキーに出演。圧巻のパフォーマンスを見せること間違いなしのLAの女子4人組バンド。何を差し置いてもこれだけは見ます。観たい度は今年のNo.1。



Mogwai - "Mogwai Fear Satan"
日曜のグリーンステージ出演。12分近いインストですが、この轟音と美しいメロディはいつまでも聴いていたくなります。まさにノイズのシャワーを全身に浴びられます。



Beach House - "Norway"
日曜のレッドマーキーに出演。ボーカルはミシェル・ルグランの姪です。こちらも夕刻にドリーミーな空間を提供してくれそう。



Atari Teenage Riot - "Activate"
日曜のレッドマーキーのヘッドライナーとして出演。ATRをレッドマーキーで観ることになるとは…死者が出ませんように!



※来週の「今週の10曲」はフジロック中のためお休みします。


出たばかりの新作から何曲やるのかな。

00年代ベストアルバム

Back To 00's - 「00年代の名盤」を1年ごとに振り返る(2005年編)

僕が初めてリアルタイムに実体験したディケイド、2000年から2009年までの「00年代」のロック名盤を、1年ごとに振り返るこの企画。第六回目となる今回のテーマは「2005年」です。

⇒第一回テーマ「2000年」記事へ

⇒第二回テーマ「2001年」記事へ

⇒第三回テーマ「2002年」記事へ

⇒第四回テーマ「2003年」記事へ

⇒第五回テーマ「2004年」記事へ


2005年の名盤 Best11weezer_make_believe


01 Weezer - Make Believe
02 Sigur Ros - Takk…
03 Royksopp - The Understanding
04 Soulwax - Nite Versions
05 LCD Soundsystem - LCD Soundsystem
06 M.I.A. - Arular
07 Caesars - Paper Tigers
08 Space Cowboy - Big City Nights
09 Vitalic - OK Cowboy
10 Bloc Party - Silent Alarm
11 Black Eyed Peas - Monkey Bussiness



2005年当時記録していた個人的な年間ベストを元に、当時リアルタイムで聴いていなかったものを足して決定しました。



この年の個人的年間ベスト1位になったのは、Weezerの5枚目のアルバム。ジャケはアレですけどね。世間的にはWeezerの人気アルバムと言うと、初期の2枚っていうのが一般的なんですが、僕の場合はPinkerton(セカンド)の次はコレなんです。全米シングルチャートでもヒットした「Beverly Hills」をはじめとして、珠玉の泣きナンバー目白押し。

"Perfect Situation" by Weezer

PVのストーリーも面白い。


で、この年に聴いていたものの傾向とすると…。


1、2、3、7なんかは従来の僕の志向通り、メロディに主眼を置いていて、どれもエモーショナルで「泣き」が入ったメロディも得意だったりします。別にこの時期悲しいことやつらいことがあったわけではありません(笑)。

それ以外に目を向けると、目立つのはエレクトロ系の音。Black Eyed Peasなんかも入ってるけど、好きだったのは「My Humps」みたいなマイアミ・ベース風エレクトロだったりと、傾向としては薄口のエレクトロではなくてアナログシンセがウニウニ言ってる感じでブーティーなゲットー・ベース風情なのが好きだったり。かつパンキッシュだと尚よしだったので、VitalicやLCD Soundsystemなんかが入ってきてます。代表曲「La Rock 01」が代表曲であるVitalicのこの曲なんかは、もはやメタル・エレクトロですね。

"My Friend Dario" by Vitalic



でも、そんなエレクトロ勢でも一番強烈だったのはM.I.A.でしょう。このアルバムは後追いでした。このアルバムはリリース時に試聴した時、まったくこれまで聴いたことのないサウンドだったので「ナンジャコレハ?」という感じですぐにヘッドホンを置いてしまった経験あり。でもなんかずっと心の中に引っ掛かってて、やっぱり聴いた方がいいんじゃないか?と思って翌年ロスに行ったときにお土産として買いました。あとから知ったけど、「ロッキーのテーマ」をサンプリングしたというこの曲、かっこいいですね。「M.I.A.」とは「Missing In Action」の略で、戦争で行方不明になる人のこと。テロ組織の指導者だった彼女の父が実際に行方不明と言うのは、よく知られた話です。

"Bucky Done Gun" by M.I.A.



さっきの文章で軽く流してしまいましたが、7位のCaesarsは今聴いてもすごく良いアルバムだと思える作品。iPodのCMに「Jerk It Out」が使われ、ジンクス通りに一発屋っぽい感じになってしまいましたが、全曲がメロディアスで捨て曲がないです。あとこのバンドのキモはThe Doors風のオルガン!これが全編に入っていて、60's風ビンテージサウンドなタッチを増強しています。

"My Heart Is Breaking Down" by Caesars



2000年代初頭から続いていたエレクトロクラッシュやポストパンクリヴァイヴァルの流れで、自分もエレクトリックでパンキッシュなサウンドの虜になっていた2005年。それでも、普遍的なメロディを奏でつつガラス細工のような儚い美しさを持つSigur RosやRoyksoppなどは、やはり時間が経っても飽きないですね。時代を切り取ったようなエッジィな音も名盤になりえるけど、その中でも特にメロディに主眼を置いた作品が、飽きのこない2000年代を代表する名盤たりえたような気がします。



持ってる方は久しぶりに聴いてみることをオススメします。

ライブレポート

ライブレポート:Emmy The Great@代官山UNIT

7月19日(火)に代官山UNITで行われたEmmy The Greatのアコースティックライヴに行ってきました。NANO-MUGEN Fes.にも出演していたAshのTim Wheelerの参加が直前にアナウンスされましたが、兼ねてより親交が深く、お互いの曲をカバーし合っている二人なので、そんな感じで曲をやるんだろうなという期待も抱きつつ、僕にとっては初のUNIT。

emmythegreat


会場についてビールをちびちびやっているうちに、オープニングのDSKさんのライヴが始まった。流麗なギターのアルペジオとペダルのみで、まるでオーロラのようなサウンドを紡ぎだす技はお見事。そう言えば、「Aurora」というユニットもやっていたんでしたこの人。しかし最後に、「この後はエイミー・ザ・グレイト」と言ってましたね、残念。


さて、セットチェンジののち登場したEmmy The Greatことエマ・リー・モスは、ファーストアルバムの頃とは全く違った雰囲気でグッと大人っぽい装い。黒のドレスに、10cmはありそうなハイヒール、髪は上の写真のように後ろでクシュクシュとまとめ上げた感じだけど、違うのは前髪を全部上げて上で留めていたところ。元々美人なのだけど、腕や指や首が細いのでさらにシックで大人っぽい雰囲気が増していました。エマちゃんから4,5メートルしか離れていないほぼ最前列で鑑賞。ステージでの第一声「ヨロシクオネガイチマス」に萌えました。あ、Emmy The Greatだと長いので、以下親しみを込めて「エマちゃん」と馴れ馴れしく呼びますが、ご了承ください。


曲の方が始まると、伸びやかで艶やか、だけど舌っ足らずというか、彼女のボーカリゼーションを特徴づけているキュートな舌と唇の触れる音(と書くとエロいが)が心地よく響く。元々アコーステック調だけど、アコギ一本であることでよりこうした息遣いやつま弾く音がクリアに聴こえて、まるで耳元で囁いてくれてるかのよう。これは嬉しい。2曲目にしてファーストアルバムの中でも最もポップ(そして僕が一番好きな)「We Almost Had A Baby」を披露。




4曲目からは、AshのTimがゲスト参加。ゲストと言うよりは、ダブルヘッダーと言う感じで出ずっぱりでしたが(笑)。そしていきなりストロークスのカバー。しかし、Timのギターの音が出ないトラブル発生。なんとか直すと、その後もAshの代表曲の数々だけでなく、バングルスやウィーザーのカバーも披露。優しい歌声のエマちゃんに対し、TimはAshのライブの時と同じように全力投球。アコースティックだろうがツバを大量に飛ばしながら歌ってくれました。リズム隊がいないため、リズムキープが難しかったのかTimがペースを乱してしまう場面も何回かあったけど、一生懸命なTimの姿を見てたらまあ許せた。


エマちゃんは結構日本語でMCをしてくれて、ステージ上でTimに日本語を教える一幕も。仲いいです。エマちゃんのファーストアルバムのボーナストラックとして収録されていたAshの「Burn Baby Burn」で本編終了。気付いたけど、エマちゃんの足元にはタオルと水が置いてあったにもかかわらず、ここまで一度も汗を拭いたり水を飲んだりと言うことはせず。何ともクールというか、淑女です


アンコールは、エマちゃんが独りで登場し、ファーストから「First Love」を。レナード・コーエンの「ハレルヤ」を引用したこの曲の物憂げなメロディと、エマちゃんの声はやっぱり相性がいいです。続いてエマちゃんは袖に下がり、Timが独りで「Girl From Mars」を。アンコールはお互いのファーストアルバムの代表曲をやるっていうコンセプトだったんでしょうか。ちなみにTimがこの曲をプレイしている間、エマちゃんは袖でやっと、コソコソと水を飲んでました。うん、やっぱり淑女


ラスト、2人揃ってのピクシーズのカバー。本家ではキム・ディールが歌うコーラス部分をエマちゃんが歌ったのだけどこのファルセット具合がすごく素敵だった。元々彼女の声は割と低めだけど、すごく艶やかで安定感のあるファルセット。本当に歌がうまいなあ。




全体を通して見ると、カバー曲が多くてEmmy The Greatの曲が少なかったのは事実だし、ゲストな割にTimが目立ち過ぎてはいたけど、自分はそこはまったく気にならず、むしろ嬉しかったし、ツボを押さえたエマちゃんらしいカバー曲のチョイスも素晴らしかった。おかげで僕はバングルスをちゃんと聴かなきゃと思ったし、ピクシーズも久々に聴こうって気になった。そして何より、まだあまり深く聴けていなかった彼女の最新アルバム「Virtue」をあらためて聴いて、素晴らしい作品だと気がつくことができた。彼女は僕の中で、ジョニ・ミッチェルやスザンヌ・ヴェガと肩を並べても遜色ない女性シンガーになりました。


-7月19日 代官山UNIT セットリスト-
【Emmy The Great】
Paper Forest(Birds)
We Almost Had A Baby
Cassandra

【Emmy The Great with Tim Wheeler】
What Ever Happened? [The Strokes]
Shining Light [Ash]
Exit Night
If She Knew What She Wants[The Bangles]
Tracers[Ash]
Paper Forest(In The Afterglow of Rapture)
Modern Girl[Sleater-Kinney]
A Life Less Ordinary[Ash]
Iris
Island In The Sun[Weezer]
Dinosaur Sex
Burn Baby Burn[Ash]

【Encore : Emmy The Great】
First Love

【Encore : Tim Wheeler】
Girl From Mars[Ash]

【Encore : Emmy The Great with Tim Wheeler】
Where Is My Mind?[Pixies]


ライブ後に遅ればせながら評価上がりました。


年間/半期ベスト[2011年]

2011年 上半期ベストトラック10

上半期の個人的なベストアルバムはすでに前の記事発表したので、調子こいてベスト・トラックも発表。アルバム全体としては評価がそこまで高くなくっても、曲単位になるとすごく好きなのとかありますよね。僕はアルバム至上主義なので、曲順やアートワークやアルバムの長さなども含めて評価するので、アルバムランキングには反映されないけど、曲単位でものすごく好きな曲とか出てくるんです。そんなわけで上半期のベストトラック10曲を発表。

ちなみに、シングルの正確な発売時期などはわからないので、確実に今年発表されたシングルもしくは、今年発表されたアルバムの収録曲から選んでます。「アルバムは2011年だけどこの曲のシングル出たのは去年ですけどー」っていうツッコミはナシで!



1. "Belong" by The Pains of Being Pure At Heart


すでに2011年上半期ベストアルバムの対談の中でチョロっと出てきたように、ベストトラックの1位も、アルバムと同様にペインズなのですが。一応、このランキングは1アーティスト1曲までとしてますが、その制限しなかったらベスト10内に2、3曲はペインズの曲入りそうです。このミッドテンポの曲調と、イントロのノイジーなギターの入り、完全にスマパン入ってます。今にも壊れそうなガラス細工みたいな繊細なボーカルと、ノイジーなギターのアンバランスな感じが好きです。



2. "The Beat Goes On" by Beady Eye


正直、最初はあんまり期待してなかったBeady Eye。やっぱり、オアシスはノエルあってのあの名曲群だから、他の人が曲作ってたら大したことないだろうと思ってたら大間違い。「The Roller」を聴いたとき、「これはアルバム聴かねば!」と驚愕したのですが、いざ聴いてみるとさらに上を行く曲が。それがこの曲で、ちょっとFountains of Wayneがやりそうなミディアムテンポナンバー。アンディ・ベル作曲だそうです。



3. "All Die Young" by Smith Westerns


この曲はもう、魔法です。魔法にかかったみたいに、サビで色彩がブワッと広がっていく感じがたまりません。クリスマスに聴きたい曲として、昨年のMagic Kids「Hey Boy」と双璧をなす名曲。



4. "Punching In A Dream" by The Naked And Famous


シングルではたぶん去年くらいに出てたとは思いますが。アルバム全体としては、クオリティにバラツキがあったのでそこまで高くなかったのだけど、この曲はPassion Pit好きのハートのど真ん中を打ち抜きます。しかも「うぇいえいえいえいえい」なんてシンガロングで盛り上がるの必至なフックもあり。



5. "Glass Jar" by Gang Gang Dance


僕は3、4分でコンパクトにまとまってる曲が好きで、冗長な感じの長い曲は好きではないんですが…。この曲だけは別。11分半に及ぶ長尺曲ですが、めくるめくように展開していくのでまったく冗長さを感じさせません。この辺の編集能力とか盛り上げ方がうまいです。お時間のない方は、3:30あたりから聴いてみてください。



6. "Best Lasts Forever" by The View


3枚目のアルバムですが、実は今作で初めてちゃんと聴きました。本編ラストを飾るこの3連バラードは、ありがちなコード進行ではあるけど、アレンジの妙でアンセミックな感じをこれでもかと演出しています。他の曲もそうだけど、ソングライターのカイルは最小限のコードですごくメロディアスな曲を作る天才。



7. "Get In Line" by I'm From Barcelona


AKBかってぐらいに大所帯メンバー。それだけ、ストリングスやホーンやシンセなど音も多彩なわけですが、アンセム調のオーケストラル・ポップと四つ打ちエレクトロのミックスは斬新。チアフルなコーラスが楽しげなこの曲がクラブでかかったら、笑顔で踊らない人なんているんだろうか?ってくらいにキャッチーなダンスナンバー。



8. "Lions In Cages" by Wolf Gang


アルバムはまだ出てませんが。Coldplayのスタジアム映えするスケール感と、MGMTの「Kids」を掛け合わせて生まれたような曲。両方好きな方はぜひ聴いてみてください。デイヴ・フリッドマンがプロデュースしたデビューアルバム「Suego Faults」は7月中に出る予定。



9. "Someone Like You" by Adele


アルバム初めて聴いた時から、ラストを飾るこの曲が一番好きだったんだけど、今ではシングルカットもされてセールスは100万枚を記録。うれしいですねー。後半、ピアノでブレイクを入れて歌う部分が特に好き。生でこれ聴いたら絶対泣ける自信がある、うん。



10. "Just Like Honey" by The Submarines

「お…このタイトルは…!」と思った方。正解です。The Jesus & Mary Chainの名曲を、夫婦デュオがカヴァー。アルバム「Love Notes / Letter Bombs」の、iTunes限定ボートラとして発表されていて、ここ日本では結構レアな代物。




【オマケ】2011年上半期に発表された曲ではないのですが…

"I Wanna Be Adored" by The Raveonettes


The SubmarinesによるJ&MCのカヴァー曲が出たところで、The RaveonettesによるThe Stone Rosesのカヴァー曲を紹介します。やはり、ニューウェーヴを通過したハイブリッドなサウンドを奏でるバンドが80年代の名曲をカヴァーすると、とんでもないものクオリティーになります。この曲は彼らの今年リリースされたアルバムには入っておらず、ブーツブランドのドクター・マーチンのサイトでフリーDLされていたもの。



早く聴きたい。

プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ