FC2ブログ

初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.26(2011年8月)

8月に買った&借りたアルバムの、「一番最初に聴いたとき」の感想を紹介します。前半こそ夏フェスモードでしたが、中盤以降はまたいろいろと買いあさりました。このところめぼしいリリースは落ち着いてきてるので、旧譜とかも掘り下げてみました。あとはフリーで配布されているアルバムもいくつか落として聴いてました。それにしても今回はなぜかやたらと文章が長くなってしまった(汗)。


■過去アーカイヴ
7月のアルバム感想

6月のアルバム感想

5月のアルバム感想

4月のアルバム感想

3月のアルバム感想

2月のアルバム感想

1月のアルバム感想

<★の解説>----------------------
★★★★★今年の名盤上位20位以内確実!
★★★★☆すばらしい
★★★☆☆普通に良作
★★☆☆☆若干気になる部分もあり。もう少し聴きこみたい
★☆☆☆☆期待ハズレ
☆☆☆☆☆全然ダメでした
---------------------------




では今月も、さっそく「Album of The Month」からご紹介します!


【Album of The Month - Givers / In Light】
★★★★★
givers-in-light

ルイジアナ出身の5人組バンドのファースト。Dirty ProjectorsやVampire Weekendと比較されがちだけど、確かに細部まで凝りまくった各楽器のアンサンブルや男女の伸びやかなコーラスは複雑に絡み合っていて、Dirty Projectorsのように知性的。だけどそこに、Vampire Weekendのようなわかりやすいポップさがプラスされることで、どの曲も非常にキャッチーに仕上がっています。プロダクションも秀逸で、特にドラムの音はデイヴ・フリッドマンが担当したかのようにダイナミック。フルートやサックス、パーカッションなどいろんな楽器が加わりつつも、それぞれの音がクリアにバランスよく配置されており、ファーストアルバムとは思えないほどのクオリティ。紅一点のティファニーちゃんは、ちょっと田舎臭いアメリカ娘って感じで好感が持てます。





CSS / La Liberation
★★★★★
ブラジルはサンパウロ出身の5人組によるサード。自分はセカンドにおける、メロディに重点を置いた普遍的なポップ路線が好きだったのですが、今作では1stのパンキッシュでエレクトロな要素と、2ndでの普遍的ポップサウンドが見事に結実した作品に仕上がっている感じました。と同時に、フジロックで観た彼らは間違いなくライブバンドに成長していて、かつては長引くツアーに疲弊して活動を休止していた痕跡はどこにも見受けられないほどに、ロックンロールを楽しんでいる感じがこのアルバムからはヒシヒシと伝わってきます。「I Love You」、「Hits Me Like a Rock」などが象徴する、陽性に弾けたエレクトロ・サウンドは今後の方向性を明確に示しているし、かと思えば表題曲のように余計なギミックなしでパンキッシュに突き進む曲、はたまたエキゾチックな香りのする南国っぽい曲もあるあたり、おそらくはこれまで養ってきた知性と遊び心を存分に発揮しながらも、スタイルに捉われずに自分たちのやりたい方へ突き進もうという意思がはっきり顕れているように感じられました。つまりは、「La Liberation=解放」とは、これまでのパブリック・イメージや過去の苦難(マネージャーによる金持ち逃げ事件とか)との決別の意思表明なんじゃないでしょうか。ちなみに、国内盤と輸入盤とでは曲順が全く異なるのでご注意を(*1)。
9/1追記:国内盤と輸入盤で曲順が異なるというのは、誤った情報でした。参照したサイトの表記が間違っていたようです。ごめんなさい。




Washed Out / Within & Without
★★★★☆
EPでチルウェイヴを世に知らしめた存在でありながら、他のチルウェイヴ・アーティストが2作目を出し始めたでタイミングでようやくリリースされたファースト。同ジャンルのMemory TapesやToro Y Moiらがセカンドでネクストレベルに突入し華麗なポップ化を図る中、Washed Out=Ernest Greene青年の一手は自然と、期待と注目が集まりました。が、フタを開けてみると、音的にはあくまで正統派チルウェイヴ・マナーに則った作品。でも同時に、すごく驚きました。というのも、EPではソウルやファンクのリズムをサンプリングして、どこか内省的な雰囲気も漂っていたのに、今作ではキラキラしたバレアリックなシンセが前面に出ていて、すごく開放的な音になっていたから。少なくとも、ベッドルームで聴くよりは太陽のまぶしい海辺で聴きたいような、そんなサウンドになっています。フジロックで観たパフォーマンスは、イメージと360度違ってアクティブで驚きましたが、つまりこのアルバムは、フルバンドでのライブ活動によって外に開かれた彼の心情をよく表しているように思えます。




Beach House / Devotion
★★★★☆
昨年の3rd「Teen Dream」も素晴らしかったし、フジロックでのパフォーマンスもよかったので過去作も掘り下げてみました。この2ndも、3rd同様に白昼夢のような浮遊感と甘いサウンドで優しく包み込むような作品で、彼らが3rdで急激に変化して評価されたわけではないことがわかりました。今はわりとドリーミーなサウンドがブームだけど、彼らは何年も前からこういったサウンドを貫いてきたということで、まさに時代が彼らに追いついたという感じ。




Dom / Family of Love
★★★★☆
EPとしては昨年の「Sun Bronzed Greek Gods」で話題を呼び、ネクストMGMTの呼び声も高い彼らが待望のデビューアルバムに向けてセカンドEPをリリース。サーフロックやサイケ、エレポップを変幻自在に取りこみつつ、曲によって全く異なる印象を与えます。そんな中でも、メロディはGirlsやMGMTばりにキャッチーなので、来たるデビューフルアルバムがとても期待できそうです。5つ星でもいいくらいだけど、EPということでアルバムへの期待を込めた4つ星。




Toro Y Moi / Underneath the Pine
★★★☆☆
こちらもチルウェイヴの代表アーティスト。1stは好きになれなかったのだけど、2ndはチルウェイヴの枠を飛び越えてソウルフルでファンキーに変化、ということで評判がよかったのでゲットしてみました。特にボーカルのハーモニーはビーチボーイズを思わせるものがあったし、ディスコファンク的なアプローチとアンビエントな音響という、一見相反するものをうまくミックスして、70年代のアンダーグラウンドなディスコで鳴ってる音楽みたいで新鮮。チルウェイヴってリヴァーヴなんかの音響的な意匠に逃げてしまって、歌やメロディはないがしろにしがちなイメージもあったけど、Weezerが好きらしいことも納得な、全体的にとてもメロディアスなアルバム。




Wolf Gang / Suego Faults
★★★☆☆
シングル群で話題を呼び、「ひとりMGMT」なんて呼び名も付いたWolf Gangのデビューアルバム。シングル「Lions In Cages」とか大好きだし、何よりMGMTの1st同様デイヴ・フリッドマンがプロデュースということでアルバムの期待度も絶大だったんだけど、これは肩透かし。シングル含め数曲はとてもいいんだけど、他の曲のインパクトは弱いし各曲のクオリティにバラつきが感じられました。また、アルバムとしてのトータル的な世界観も完成には至っておらず、フリッドマン効果もあまり発揮できていない様子。ソロ・アーティストで新人ということで、まだまだ表現力に未熟なところが多かったのかも。フリッドマンはそれをまとめ上げて、壮大なオーケストレーションとダイナミックなドラムサウンドでアーティストの魅力を最大限に引き出す天才だけど、今回はそれがうまく発揮できていないように感じられました。でもおそらくこれに伴うツアーで、バンドアンサンブル的な部分が補完されていくと思うので、次作に大いに期待。




Computer Magic / Spectronic EP, Hiding From More of Our Time EP, Hiding From Our Time EP
★★★☆☆
80'sでSFちっくなエレポップサウンドが魅力、ダンジーちゃんのかわいらしいルックス声も相まって音楽ブロガーの中で話題となった1人宅録ユニット。彼女のサイトで3枚のEPがフリー公開されていたのでDLしてみました。まとめて聴いていると少し冗長な曲があったり、何の変哲もないフツーの曲もチラホラありますが、後ろの方で小さくなっている電子音などヘッドフォンで聴くといろいろな発見があって面白いです。デビューアルバムは今年の年末か来年頭には出るそうで、こちらは彼女の魅力を凝縮した粒ぞろいの名曲を集めてほしいものです。
ちなみに、この3枚のEPはすべてこちらからフリーDLできます。
Spectronic Hiding From Our TIme Hiding From More of Our Time



Fountains of Wayne / The Cookie Jar
★★★☆☆
彼らの最近のB面曲やボーナストラック曲など全17曲もの楽曲をコンパイルしたアルバムがフリーDLされました。1分台の短い曲も多いけど、どれもメロディはFOW印。特にThe Kinksのカバー「Better Things」の出来がとてもいいです。ダウンロードはこちらから。



Brandon Boyd / Wild Trapeze
★★★☆☆
去年、ひっそりと自主制作で数量限定リリースされた、Incubusのイケメンボーカリストによるソロ。ブランドン本人によると思われるドローイングが簡素な紙ケースに印刷されているだけのパッケージで驚き。音の方は、Incubusの最新作のように静かでメロディ重視の歌い上げ系かと思いきや、かつてのIncubusのように激しい曲も多いです。ただ、やはりメロディ中心に書かれていて、非常に聴きやすいポップな作品。




Standard Fare / The Noyelle Beat
★★★☆☆
Los Campesinos!ばりの男女混声・疾走ギタポ。ギターの音がジャキジャキしててすごくかっこいい。ただ、全体的にフックが弱く、1回聴いただけではあまり印象に残らなかった面も。メロディもキャッチーではあるけど何かもう一つ個性が欲しいところです。聴きこむにつれて、いいところが見えてきそうな気はします。




The Horrors / Skying
★★☆☆☆
前作はポーティスヘッドのジェフ・バーロウを迎え、ダークでシューゲでクラウトロック・マナーのハンマービートを多用し、音楽メディアからも好評価を得たし、自分も大好きでした。今作もシンセを前面に押し出した点は前作を踏襲したと言えるものの、ダークさは消えむしろ明るく開放的。ビートはミディアムテンポが多いです。メロディアスな部分はしっかりあるんだけど、少し中途半端にも感じられました。ミディアムで明るい感じのシンセをまぶせるなら、メロディはもっともっとよくないと映えないのでは?そんなわけで、進化する姿勢は評価したいのですが、グルーヴと高揚感を身に付けた代わりに、自分的にはツボだったダークかつビザールでノイジーな感じが薄れたのは残念。




Blondie / Panic of Girls
★★☆☆☆
70年代から活躍するNYのニューウェイヴ・バンド、21世紀に入ってからの2作目。シンセが入りまくりのエッジィなパンクサウンドは健在で、「The Tide Is High」に似てるレゲエナンバーや、「Girlie Girlie」みたいなレゲエスタンダードのカバーも収録。でも、終盤のジプシー系の曲は蛇足な気も。




School Knights / All Dawgz Go To Heaven
★★☆☆☆
デンバーの5人組Weed Diamondのギタリスト、Michael Steinによるサイド・プロジェクト。ジャケット写真が衝撃的です。90'sのシアトルのカレッジバンドのような、ノイジーでフリーキーな音。ただ、そのように感じられた原因の一つがプロダクションの悪さであり、ドラムの音が薄っぺらくて迫力ゼロ。もう少し立体的でダイナミックな音になっていたらカッコ良かったと思います。ダウンロードはこちらから可能です。
SchoolKnights



Vitalic / Flashmob
★★☆☆☆
ソニックマニアでのVミラーライブがとてもよく、この時にかかっていた曲で知らない曲はセカンド(本作)の曲かな?と思って借りて見ました。が、やはりそこはライブマジックというやつで、1stアルバム収録のキラーチューンに敵うものはここにはナシ。メロディラインはやはりVitalic印のちょっとメランコリックなものが大半ですが、「La Rock 01」や「My Friend Dario」に匹敵するパンクさがなかったのが寂しいところ。




Beyonce / Dangerously in Love
★★☆☆☆
今や世界を代表するディーヴァ、ソロ1作目。70年代のソウルグループThe Chi-Lites(うちの母が大好きでした)の曲のホーンセクションをサンプリングした大ヒット「Crazy In Love」目当てでしたが、この曲はやはり今聴いてもかっこいい。でもアルバム後半に行くにつれて曲がメロウになりすぎていき、やはりこの辺の曲調が時代を感じさせてしまうような古い音になってしまっていました。まあ2003年作品だから仕方ないですが。

スポンサーサイト



今週の10曲

今週の10曲(2011/8/28付)

今週よく聴いていた曲や初聴きした曲を紹介します。間もなくリリース予定の注目盤からの新曲や、Twitterでフォロワーさんからオススメいただいた曲などもいろいろと。



Girls - "Honey Bunny"
間もなくリリースされるGirlsのセカンドアルバム「Father, Son Holy Ghost」のオープニングを飾る曲。先に公開された「Vomit」とは違い、キラキラした夏の日差しを感じられる軽快なサーフ・ポップ・ナンバーとなっています。



Dum Dum Girls - "Coming Down"
デビュー作は全体的に性急で単調な音でしたが、セカンドではメロディも音色もアレンジも見違えるほど成長。歌もうまくなってエモーショナルにミディアムテンポな曲を歌い上げています。こちらも間もなくセカンド「Only In Dreams」がリリース。



The Sound of Arrows - "Magic"
スウェーデンのドリーミー・エレポップ2人組。いよいよ出る超待望(2年半待ちました)のデビューアルバムに向けて、2009年にリリースされたシングルが微妙にリ・アレンジされてシングルリリース、そしてPVも完成。子供の多重コーラスが入って、どこまでも神秘的でマジカルなエレポップアンセム。Justiceの「D.A.N.C.E.」と並ぶ名曲。



Pepper Rabbit - "Harvest Moon"
まずPVが凝ってるので必見。そんなPVのちょっとおとぎ話的な世界観と見事にリンクした音楽性。バンジョーやホーンも効果的に入って、ドリーミーでカラフルです。



Reading Rainbow - "Dead End"
このスカスカで甘酸っぱい感じ、まさにC86サウンドの正統派な継承者。ジャカジャカしたギターとドカドカしたドラムが好きです。男女混声のハモリが好きな人にもオススメ。



The War On Drugs - "Baby Missiles"
ニューアルバム「Slave Ambient」が先日リリースされたばかり。Neu!なんかのクラウトロックからの影響もうけていそうなフィラデルフィアの4人組で、浮遊感のあるシンセを幾重にも重ねたドリーミーなサウンドです。



Oh Mercy - "Stay, Please Stay"
フォロワーさんの紹介で知ったバンド。ちょっと風変わりなコードに乗せて、耳当たりのいいギターといい意味で熱のこもってない感じの洒落なボーカルが素敵です。



Autolux - "Turnstile Blues"
こちらもフォロワーさんの紹介で知ったバンド。ジャキジャキしたギターやエッジの利いたドラムの音が緊迫感みたいなものも備えててかっこいい。Sonic YouthやThe Killsのような雰囲気もあってブルージーなのに歌声はけだるい囁き声というのも個性的。



Johnny Boy - "You Are The Generation That Bought More Shoes And You Get What You Deserve"
リリースは2006年だけど、むしろ今の方がシーンに合ってそう。シアトリカルなオーケストレイションの利いた60'sフレイバーたっぷりのウォール・オブ・サウンドはまさにフィル・スペクター直系。



Pacific - "Barnoon Hill"
クリエイション・レコーズから1988年に発表された曲。いきなり日本語セリフで面食らいいますが、モリッシーとかA-Ha直系の鼻にかかった声もいいし、シンセとバイオリンやホーンなど生楽器の組み合わせが絶妙です。





バラエティ豊かな作品になりそう。

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.4【90's】

タイトル通りの「かっこいいアー写」を貼るだけの特集記事。まだまだネタはありますよー(すでに第6弾まで構想済み)。
第4弾となる今回は「90's」をテーマにお届けします。

と言っても「90年代に活動してた/全盛期迎えた/デビューした」というのを全部ひっくるめて、個人的に「90's」なイメージのアーティストをセレクトしてます。「デビューは80年代だろ!」「今も活動してるだろ!」とかツッコミ放題な感じですが、ご容赦くださいませ(笑)。


The Flaming Lips
theflaminglips
まずはアメリカ組から。デビューは86年なので、すでに25年も活動しているんですね。映画やPV、ライブパフォーマンス、リリースフォーマットに至るまで奇想天外、予測不可能な彼らですが、アー写もこの通り。ボロボロのお手製な星の被り物のマイケルおじさんがとってもチャーミング。ちなみにこのアーティスト写真は2009年のものです。でもブレイクは90年代ですからね。


The Beastie Boys
thebeastieboys
若い。若いというか、本当にヤンチャな悪ガキだった頃の写真。まあ今も、ヤンチャな悪ノリオヤジですが。


Nirvana
Nirvana
実はそこまで思い入れのあるバンドではないのですが、高校生の頃にTSUTAYAのフリーペーパーで見たこの写真がすごくかっこいいと思ったのが最初に興味を持ったきっかけでした。ジーパンの破れ具合とか、赤い髪とかライダースジャケットとか漠然と「これぞロックだなー」と思いましたね。


Rage Against The Machine
rageagainstthemachine
ライブ写真ですが、この躍動感、まさに彼らのエネルギッシュなパフォーマンスをよく表している一枚。4人とも動きがかっこよすぎる!


Atari Teenage Riot
atariteenageriot
次はドイツから、デジタル・ハードコア番長アレック・エンパイア率いるバンド。昨年再結成しましたが、この写真はオリジナルメンバー時代のもの。ダークで闘争心に満ちた、いい写真です。


Primal Scream
primalscream
代表曲「ロックス」のシングルジャケット。この時代の彼らの状態をよく表した写真です。髪はベタベタ、ヘロヘロ状態でボビー・ギレスピーとロバート・ヤングが昇天中


Pulp
pulp
カリスマティックなオーラを放つジャーヴィス・コッカー率いるブリット・ポップ代表格バンド。ジャーヴィスと言えば、デカいメガネなイメージが強いですが、実は一人で映ってる写真の方がメガネ着用率が高いです。この人はいつも写真撮られる時、手や指の動きが細部まで緻密に計算されているようです。そんなジャーヴィス君のソロ写真も貼っときます。

Jarviscocker


The Verve
theverve
ファッション、髪型、すべてかっこよすぎ。特にリチャード・アシュクロフト。ブリット・ポップを生き抜いたバンドはみんな、強力なカリスマ性を持ったファッショナブルなフロントマンがいるのも特徴的でした。リチャードはちょっと痩せすぎ頬コケすぎでしたけどね。


Radiohead
radiohead
ファッションも髪型もかっこいいフロントマンを擁するUKバンドがまだまだ続きます!と思いきや失礼。間違えました(笑)。とってもダサいトム・ヨークの黒歴史時代の写真。彼は最近になってもセンスがイマイチな気がします…。The Bends期はいくらかよかったかも?たぶん普通の短髪の方が似合うんだろうな。3、4年前なんて、日本のメンズ・ヘアカタログに載ってそうな髪型だったし…。でもこの写真は、「英国のさかなクン」(*1)ことジョニー・グリーンウッドがかっこいいので許す。
(*1 参考画像)
johnnygreenwood sakanakun


Massive Attack
massiveattack
気を取り直して、トム・ヨークとも親交が深い彼ら。やはり3人組時代の写真の方がピンときます。この3人の構図や視線など、写真として完璧な気がします。


Prodigy
prodigy
こちらも4人組時代の方がピンときます。キレてるルックスの3人に比べて、一人だけ「ぬぼーっとしたキャラ」なリロイ・ソーンヒルがいることで、アー写でもバランスが保たれてた気がします。キースが例の髪型(南部虎弾カット、でもキースがオリジナル)と、この星柄の服を着ている写真が、90年代当時から好きでした。


Aphex Twin
aphextwin
「テクノ・モーツァルト」の異名を持つ変態、リチャード・D・ジェイムスのとってもイケメンな写真。「天才と変態は紙一重」って言葉は彼のためにあるんじゃないでしょうか。Aphex Twin名義ではもう10年以上リリースがないけど、早く新作出してほしい!

ただ、こんなかっこいい写真で紹介されたらさぞかし彼も不本意でしょう。なんせ彼は変態ですから(笑)。ということで、彼らしい本来の姿でシメます。

aphextwin2



次回のテーマは「三角関係(仮)」です!!ではまた~。

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.3【女性ソロ】

かっこいいアー写をただ集めただけのこの特集記事、意外と好評なんですね。やっぱりダダ長い文章を読むよりは、パッと視覚的に楽しめる方が読みやすいようで(笑)。

というわけで早くも第3回目、テーマは予告通り「女性ソロアーティスト」です。やっぱり女性の方がフォトジェニックで、アート作品としてもサマになるものが多いですね。しかしまあ、単純に写真の芸術性がどうのこうのというよりはその女性アーティストが美人とかかわいいとかでアー写に惹かれてしまっている部分があるのも事実(笑)。ちなみに「男性ソロアーティスト」をテーマとして特集する予定は今のところありません、あしからず。



Bjork
まずは個人的に最重要な女性ソロアーティスト。彼女のアー写はどれも徹底的にアート作品然としているのですが、やはり若い頃の、妖艶さと美しさとあどけなさを備えた写真がアート性高いです。この服もアレキサンダー・マックイーンなのかな。
bjorkphoto


PJ Harvey
妖艶シリーズ続けます。こちらはごく最近のアー写。最新作の音楽性と同様、神秘的で少しゴシックな様式美を感じさせる1枚。
pjharvey


Feist
ちょっとハスキーで温もりのある声と、ポップだけど少しエキセントリックな音楽性が人気のカナダ出身のアーティスト。凛とした佇まいが好きです。この写真は映画のワンシーンみたいにも見えますね。
feist


Emmy The Great
イギリス人と中国人のハーフなので東洋系な美しさもあるし、美人系とかわいい系の要素の均整が取れた顔立ち。2ndアルバム「Virtue」のジャケットにもあしらわれている、お菓子で作られた原子力発電所を抱えたアー写は、メッセージ性も高そうです。
emmythegreat


Regina Spektor
ロシア出身でブルックリンで活動しているチェンバー・ポップ・シンガー。映画「(500)日のサマー」のサントラ提供でも有名。美人だと思いますが、笑うとたまに魚類系の顔になります。
reginaspektor


Lily Allen
好きなアー写が多すぎてどの写真を載せるか迷いましたが、モノクロでアート性・ファッション性の高いこの写真にしました。キュートな表情と、大人っぽい色気ある表情を備えてるってスゴイ。たまに見せるちょっと小馬鹿にしたような表情も魅力の一つ。
lilyallen


M.I.A.
こちらはちょっと特別。アー写ではないですが、MARC BY MARC JACOBSの広告写真です。すらっとしてスタイルがいいので本当にファッション写真が映えます。かっこいい女性No.1。
mia


Beyonce
かっこいい女性はこちらにも!このポージング、どんなヨガだよ(笑)。それよりもヒールの高さがすごいです。これで踊るんだもんな…。捻挫に注意してね!
beyonce


Gwen Stefani
ノー・ダウトのボーカルから、アメリカを代表するポップ・アイコンに華麗に転身。ライブでは腹筋バキバキのスポーティーなスタイルが多いですが、アー写では彼女の好きな「ハラジュクガール」スタイルが多いです。毒と蜜を同居させたイメージ。スタイルもいいのでモデルとしても様になります。これで40過ぎとは…。
gwenstefani


Katy Perry
最近はどんどんエキセントリックな方向に行って、ついには「E.T.」のPVでエイリアン姿にまでなってしまった!ですが、ファースト・アルバムリリース時(PTAからガミガミ言われてた頃)の可憐なアー写がこちら。
katyperry


Dot Allison
かつてはダブ・アシッドハウス・バンドOne Doveの歌姫として、アンドリュー・ウェザオールのレーベルからデビュー。ソロ活動後も天使のような歌声を聴かせてくれてます。この人は髪がいつもキレイなんですよね。デニムジャケットもオシャレ。
dotallison


Natalie Imbruglia
この写真、懐かしいというアラサーの方も多いのでは(笑)。97年の全英No1シングル「Torn」のジャケット写真です。個人的な話になってしまいますがこの曲は人生のフェイバリット・ソングのトップ3には入ります。何とも言いようのない表情で服を咬む仕草がとってもキュート。
natalieimbruglia




「かっこいい」「かわいい」「キレイ」「オシャレ」など判断基準は違えど、やっぱり男性目線で見た時に女性のアー写はすごく印象に残るし、音楽を好きになるキッカケにも十分なりえると思うんですが、今回はかなり個人的趣味を全開にしてしまいました(笑)。

ところで、いつも奇抜なメイクと衣装で楽しませてくれるアノ女性ソロアーティストは敢えて外したんですが、わざわざ僕がここで扱うまでもないし、たぶん彼女の画像まとめサイトはたくさんあると思いますからそちらにお任せします、ってことです。

次回のテーマは…まだ決めてません!「アート」か「3人組」「テーマなし」でやると思います(笑)。

今週の10曲

今週の10曲(2011/8/21付)

今週よく聴いていた曲や初聴きした曲を紹介します。今回はサマソニから1週間ということで、まだ余韻に浸っているのでサマソニでよかったアーティストの、盛り上がった曲を中心にセレクト。


Esben And The Witch - "Eumenides"
個人的にはサマソニ・ソニマニ通してのベストアクト。夜中の3時過ぎに頑張って観た甲斐がありました。ヒンヤリしたダークな曲調に、時折見せる激しいパフォーマンスがとってもかっこいいのです。



Metronomy - "Radio Ladio"
若干テンポが原曲より速くなってますが(笑)。後ろのバックスクリーンのメンバー似顔絵を見ると、サマソニ思い出します。



Friendly Fires - "Kiss of Life (live at Lollapalooza 2011)"
サマソニでのライブではラストを飾ったこの曲、特にエンディングは圧巻でした。ほぼ同じパフォーマンスがここでも観れます。ファン撮影動画ですがご容赦を。



The Morning Benders - "Excuses (Live Music Hall of Williamsburg)"
アルバムではゆったりレイドバックしているこの曲も、ライブでは後半はこの通りノイジーに盛り上がります。サマソニでもこれとほぼ同じアレンジで、すごくカッコよかった!



Vitalic - "Second Lives (V Mirror Live)"
日本初となる、2つのLEDミラーディスプレイを使用したライブ。背後からのライティングがディスプレイの後ろから漏れてくるのがカッコイイので、正面から観るのが一番。



Cage The Elephant - "Around My Head (Live on David Letterman)"
サマソニ日記でも書きましたが、この曲の「う、う、う、う、あ、あ、あ、あ」コーラスを歌って盛り上がってました。



Busy Pictionary - DJ set
フランスのレーベルED BANGERを率いるBusy PがDJを、イラストレーターのSO MEがVJをやるのですが、なんとこのVJはリアルタイム・ドローイング。文字もいちいちかわいくて、面白かったです。



Primal Scream - "Slip Inside This House (Screamadelica live set)"
完全なスクリーマデリカ再現ではなかったものの、この曲をはじめゆったりとしたテンポの気持ちよさや陶酔感は格別でした。



The Strokes - "Under Cover of Darkness (live at SXSW 2011)"
SXSWもサマソニも暑くてもやっぱり皮ジャン。ジュリアンのボーカルは調子いいんだか調子悪いんだかよくわからないところが最大の魅力だと思います。



Public Image Ltd. - "Albatross (Coachella 2010)"
このブログではタイトルやロゴ含め大変にお世話になっております。ジョン・ライドンの痙攣ボーカルも健在、パフォーマンスもキレキレでした。




最近フジロックとサマソニにかまけていて、新曲や新人アーティストを全く紹介できていないので、来週は頑張ります!

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.2【カッコいいけど笑える】

昨日アップした特集記事、The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集が微妙に好評だったようなので、間髪入れずに第2弾。すでにテーマと素材は揃えてあったので、寝かせておく必要もないかなーと。

今回のテーマは「かっこいいんだけど笑ってしまうアー写」です。アートディレクター「じゃあこういう感じで撮りましょう」アーティスト「えーっ!?マジかよ!FUCK!」という感じだったのか、アーティスト「こんな感じで撮ってよ!」スタッフ一同「え・・・(絶句)という感じだったのか、想像しながら見るとなんかニヤニヤしてしまいます。では、エレクトロ界の大物からシューゲイザーの代名詞的バンドまで、全8枚一挙にどうぞ。


Justice
これただのプライベート写真じゃないの?なオフザケ写真。でもれっきとした公式モノです。フジロック'07のパンフにはしっかりこの写真が使われていました。
justice-1


Daft Punk
フレンチエレクトロ繋がりで次はこちら。えっ・・・なシチュエーションと構図。
daftpunk


Royksopp
エレクトロ・サウンド系をもう一つ。赤に白水玉、かわいすぎです。彼らのバンド名の由来である「ホコリタケ」をイメージしてるんでしょうか?不思議キャラのトルビョルンは、この他にも被り物写真多し。
royksopp


My Bloody Valentine
ガラッと雰囲気変わりまして。バンドの中でも清楚で大人しそうなキャラのビリンダ、斧持ってます。怖いよ!
mybloodyvalentine


The Jon Spencer Blues Explosion
これは誰のアイデアなのか、ジョンスぺがまさかの全員女装!ジュダ・バウワー(右端)が意外と似合ってます。
jsbx


Noah And The Whale
音楽性は結構優等生な感じなのに、意外とアー写ではオフザケをする彼ら。強風で傘が飛ばされそうってことなんでしょうか。服を引っ張ってるだけの人もいますけど(笑)。
noahandthewhale


Van She
Modular所属らしく、一見するとオシャレでカラフルな感じですが、よく見るとかなりフザケてます。えーと、どこからツッコんでいいかわからない・・・。
vanshe


Matt And Kim
最後はこちら。ブルックリン橋から落ちる瞬間を捉えたインパクト大のアー写ですが、どうやって撮影されたかは不明です。この写真のキムの表情とポーズ、大好きです。
mattandkim



よくこんなバカっぽいコスチュームやシチュエーションを思い付くよなあ・・・と思ってしまうなー。でも、いろんな趣向を凝らしたアー写は大好きだし、こういうバカっぽい写真にもクレバーなところが垣間見れるんですよね。そこがカッコイイ。邦楽のロックアーティストは真面目に佇んでいるだけのアー写が多いので、これぐらいのインパクトあるものをぜひやってほしいとか思ってます。

次回のテーマは「女性ソロアーティスト」特集を予定してます!

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.1【00年代以降】

アーティストを好きになるのに一番重要な要素はもちろん楽曲そのものですが、次に重要なのは見た目、つまり世界観を含めたルックスだと思います。で、そのルックスを伝えるものがアーティスト写真、すなわち「アー写」ですね。この特集記事では僕が今まで雑誌やネットなどで目にしたアー写で、強く印象に残っているもの、構図やポーズ自体がかっこいいと思う、お気に入りのアー写を集めてみました。

何回かに分けて紹介していきたいのですが、第一回目となる今回は2000年代以降のアーティスト(特に最近も注目されている方たち)に絞り、その中でも退廃的だったり、耽美的だったり、パンクやゴスだったり、少々キナ臭いというか独特の世界観を持ったルックスのバンドを集めました。これらの写真はほんと、拡大コピーして壁に貼っておきたくなるレベルに好きなのです。


The Horrors
デビュー時のモロにゴスな1枚。モノクロが栄えます。前の見えてない方が3名ほどいますが・・・
thehorrors


Yeah Yeah Yeahs
普段はパンキッシュな感じのカレン・Oもこの写真では思いっきりゴス。彼女のサングラス姿は珍しいです。
yeahyeahyeahs


MGMT
モノクロ写真が続きます。猫を抱きキスをするアンドリューの姿は、母性本能くすぐりまくり。
mgmt


Warpaint
このクールな佇まい。男に一切の媚びを売らない感じが素敵です。
warpaint


Beach House
お嬢様チックなヴィクトリア嬢、ブルーのドレスが可憐です。風景も雰囲気に合ってます。
beachhouse


Girls
知らない人が見たら、「ああ、女の子の多いバンドだからGirlsなのね」と思ってしまうところですが、メンバーは男性2人。他の女の子たちは友人とのこと。楽しそうなバスです。
girlstheband


Wu Lyf
ロンドンの暴動を思わせる、過激派の集会みたいなアー写。
wulyf


とりあえず今回は以上で。まだまだ紹介したいのたくさんありますが、毎回テーマごとにいくつかまとめて何回か続けていきます。それにしても昔は、かっこいいアーティスト写真を手に入れるのはものすごく大変で、たまたま見た雑誌に載っていたものでないと見つけられませんでしたが、それを思うとインターネットは偉大ですなあ。

Fuji Rock & Summer Sonic

日記:サマーソニック2011東京 Pt.3 8/14編

ソニマニ終了後に続き、サマソニ1日目終了後も5時過ぎに寝ましたが、2日目は昼過ぎから、なんて言ってられないのです。上半期ベストアルバムの4位に選出したGypsy And The Catをはじめ、Smith WesternsやThe Morning Benders、Metronomyなど注目アクトが目白押しの14日の日記です。


日記:サマーソニック2011東京 Pt.3 8/14編
-モニター前でもXジャンプ!-


・まずは11時前にマウンテンへ、と思っていたけど、その手前にあるソニックが後方まで人でいっぱい。何かと思ったらCMで聴き覚えのある曲。それはスルーしつつ、うまく人をかわしてマウンテン目指す

Gypsy And The Cat:マウンテンは広すぎかと思いつつ、グイグイ前の方へ行って観たので全体の客入りはどうだったんだろ。メンバーは意外と爽やかな感じ(もっとゲイっぽいかと思ってた)。ゲイ・アーティストの特有のゴージャスなポップ感や煌びやかでセクシーなたち振る舞いが好きなので、ちょっと寂しくはありました(僕はノンケですよ)

・「ワタシタチハ、ジプシートネコデス!

・後半はSmith Westernsとかぶっているので、途中で切り上げようと思っていたけどやはり好きな「Time To Wonder」「Running Romeo」は聴きたいということで、その2曲が聴けたら移動しようと決める

・案の定、その2曲はラストまでひっぱる。でも「Running Romeo」では客席に向けてビデオカメラを回していて、たぶんばっちり映っていると思う。何に使うんだろう

・G&TCが終わってソニックステージSmith Westernsにダッシュ。あー!「All Die Young」やってるよ。この曲が一番好きなんです。シンガロングしながら前の方へ。あれ?どんどん中へ入れてしまう!お客さんが思ったより少ないし、あまり盛り上がっていない気がした

・そのまま居座り、次のThe Morning Benders待ち。ステージに現れるとまず、あれ?メンバー1人足りなくない?しかし演奏はそれを感じさせない。何といってもクリス・チュウ君の歌がすごくうまい。新曲で、キーボードの音が出てなかったようだけどああいう曲なんでしょうか?

・それにしてもチュウ君はスタイルが良くて色が白くて目がクリッとしててイケメン(*1)である、うらやましい(僕はノンケですよ)

Yelle:給水所とお手洗いに行く途中でチラっと見る。赤いレオタードにアシンメトリーな髪型、やはりかわいい。Uffieは見事にコケたけど、Yelleはもう少し息長く活動できるんじゃないかな、でもYelleって実はバンド名らしいね

Tribes:期待のUK新人バンド。グランジやロックンロールリバイバルを通過したサウンドながら、メロディは往時のブリットポップを思わせる激キャッチーな曲ばかり。秋にやっとアルバムが出るから、自分含めみんなが知らない曲ばかりだったんだけど、それにしても観客の反応があまりにも悪い。特に前方が石のように押し黙って観てて腹が立ったので、一人でハシャいでました

Deerhunter:Tribesを最後まで応援したくなって最後までいたので、Deerhunterは最後の3曲だけしか観れず。もっと観たかった

Two Door Cinema Club:数曲聴いた段階ではピンとこなかったので今までスルーしてましたが、周囲の評価が高いので観てみた。キャッチーなメロディと四つ打ちキックで、シンガロングできるダンサブルな曲がたくさん。ただ、自分が踊るのに最適なテンポよりもちょっと早すぎるかなあ、という感じ

Metronomy:数年前に観たサマソニでも現在の4人編成だったけど、完全に別バンドと化してた。リズム隊はタイトで、PAの音の良さもあって演奏の骨組みがしっかりしてた。シンセの音やメロディはあんなに脱臼した感じなのにね。後ろの映像で流れるメンバーの似顔絵も面白かったし、ラスト「Radio Ladio」のチャイルディッシュなコーラスもみんなばっちりシンガロング

Friendly Fires:メトロノミーがよすぎてこちらは途中から。踊りたいのであまり前に行かずに、後ろでスペースを広く取ることに。バンドはサポート含め5人に増強されたことでパーカッシヴな面がより強化されて、イヤでも体が動いてしまう。代表曲"Paris"で大盛り上がりして、これがラストだろうなと思っていたら、ラストはその次の"Kiss of Life"でした。この曲のラストのライブアレンジは圧巻でした。でもボーカルのエド、太ったな(*2)。いくら踊ってても全然セクシーじゃない…

・ここでお腹がすいたのでご飯食べるついでに、アジアンステージを覗いてみた。昨日観た時は客が20人くらいだったけど…この時はなんと5人。うーむ

The Pop Group:ご飯を食べながら観る。この日は観たいのが多すぎて、こうでもしないと1食もできないのです。ごめんよマーク・スチュアート

House of Pain:ご飯食べてる間にこちらも始まってしまう。でも代表曲"Jump Around"はたぶん最後だからいいかー、と慌てず。白人系ヒップホップの代表的なグループだけどあまり人は多くなかった。ラストでいよいよ例のパーティアンセム投下、みんなでジャンプしまくりでした

Bow Wow Wow:詳しくは知らないけど、サマソニ特番で流れていた曲がよかったので観てみる。ボーカルの女性はムチムチのSM女王様チックな衣装。キャッチーだけどパンキッシュでダンサブルなライブは、曲を知らなくても盛り上がれました

The Jon Spencer Blues Explosion:最近の作品は聴いていないけど、以前好きだったので懐かしさ半分で見てみる。出た!ジョン・スペンサーのちょっとジャンプして足を前後に開いて着地するやつ。あれカッコいいんだよなあ

X Japan:スタジアムへ行くつもりだったんだけど、Twitterで人の流れとスタジアムの人の数がすごいと聞いて萎えた。このままではP.I.L.までに戻れなさそうなのでソニックとマウンテンの間にある、マリンステージを映しだすモニターで観ることに。そこで観ていた人たちもXジャンプさせてしまうってすごい。コアなファンがその場にいないという安心感からか、いくつかのシーンでは爆笑に包まれたりする一幕も。でも終わった時には拍手喝采でした

Public Image Ltd:これは絶対に観ておきたかったアーティストの一つ。ジョン・ライドンは2008年のサマソニでもSex Pistolsで出ているけど、その時は昔のバンドで同窓会的にやってます感が出てた。でもP.I.L.は現役感がバリバリ出てて、今聴いてもなお新鮮で刺激的でした

Red Hot Chili Peppers:スタジアムに向かう途中、片方ではレッチリの"Dani California"が聞こえ、もう片方ではメッセからP.I.L.の"Swan Lake"が漏れてきた。残念、この曲観たかったのにな~。しかしレッチリに急ぎつつ、アリーナに入る途中の通路で観る。新メンバーのジョシュも存在は控えめながらしっかりと演奏できていたし、リズム隊の安定感はやはり抜群。少し開始時間が押したのか21時過ぎても終わらないので、Suedeも観たい僕はラストの"Give It Away"開始と同時に外へ。

Suede:周りには自分と同様に走ってソニックへ向かう人が多数、そして滑り込みセーフ!着いた時にはアンコールの"Saturday Night"。本当にギリギリで、ちょっとだけ拝めました。

・Suede後、一杯飲みながらご飯でも、と思ったら、店は全部閉まってた。そうかここはフジロックじゃないんだ…という軽い絶望感のうちに今年のサマソニ終了



*1・・・こちらの画像参照。ちょっとファニーな顔してます。
the_morning_benders


*2・・・下の2枚の画像参照。激太り。これはいただけない。
FriendlyFires_Ed

↓ ↓ ↓


FriendlyFires_Ed2




この日のベストアクト:
Metronomy


3日間トータルのベストアクト:
Esben And The Witch



というわけで、Esben And The Witchのライブ映像をどうぞ
Esben and the Witch - "Eumenides" (Live in Brighton, 2011)



CDよりもライブの方が100倍素晴らしいわけですが。

Fuji Rock & Summer Sonic

日記:サマーソニック2011東京 Pt.2 8/13編

サマソニ2011東京の初日・8月13日の日記みたいなものです。この日のお目当てはOFWGKTA、Beady Eye、The Strokes。前日はソニックマニアで4時過ぎまでいたので、この日はお昼から参加。フジの時もそうだったけど、4時までほぼ立ちっぱなのにあまり疲れず、眠くならない。ビタミン剤と足裏の湿布でちょっと寝ればすぐに回復しちゃうんですよ。数年後、ドカッとその反動が来るんでしょうか、怖いです。でも、元気なうちに楽しめるものは心ゆくまで楽しんどきますよ!


日記:サマーソニック2011東京 Pt.2 8/13編
-頭文字Fなど、ピーコism主義者が大量出演-


・5時就寝、10時起床。完全回復で会場へ

・Odd Future Wolf Gang Kill Them All、長いので「オッドフューチャー」とか「OFWGKTA」とか呼ばれてるけど、過激なライブパフォーマンスが話題なので事件を目撃すべく向かう。が、Twitterのリプライに夢中なあまりソニックステージを完全スルー。気付いたらマウンテンに到着

・で、The Pretty Recklessを観てみる。テイラー・モムセン、噂には聞いてたけどかなりの筋金入りのロッカーですね。なんだかコートニー思い出したけど、これは名誉なことか不名誉なことかわかりません

・オッドフューチャーの時間になったのでソニックへ。集客は思ったほどではなかったかな?少なくはないけど、少し余裕あり。

OFWGKTA:各MCの動きはキレキレだし、タイラーは何度も白目剥いてラップするし(でも普段の表情はすごくかわいい)何よりDJの女性メンバーによるトラックがバッキバキのドープなトラックばかりでかっこいい。あのつんのめるようなビート感覚、「きっちりクオンタイズされた音」が好きな日本人には作れないね

・過激なMCはしてたのかもしれないけど、パフォーマンス自体は普通かも。以前、驚愕の高さの客席ダイブ写真(*1)を見たので、今回は「それほどでもないかな?日本だから抑えてる?」と思った

・オッドフューチャー後にTwitterでいつもお世話になってるフォロワーさんとお会いしました

・アジアンステージがどんな客入りなのか覗いてみる。とても寂しいお客さんの数。でも、近隣の国と調整してアーティストがツアー回りやすいように各国と提携して、それの兼ね合いで出してるんだろうけど、アーティスト側もちょっとかわいそうかな

Cage The Elephant:テンション高めなパフォーマンスが評判。海外フェスのように女装を期待したけど普通のカッコでした。「Around My Head」での「う、う、う、う、あ、あ、あ、あ」(活字にするとダサすぎ)のオーディエンスの合唱もキマりました

・ケイジを途中で切り上げてPerfumeへ。しかしかなりキャパの大きなマウンテンで、入場規制の一歩手前状態。数年前のダンスステージ入場規制伝説(マジ、あれは思い出したくもない悪夢だった)を作った彼女ら、マウンテンでも人が溢れるとは!

・Perfumeのダンスが好きなんだけど、あれって相当難しい。ダンスを以前からやってた人は逆にできないと思う。なぜなら体を動かすタイミングが8分とか16分じゃなくて、楽曲のリズムとは別のリズム(三連符とか)で踊ってるから。その辺、オッドフューチャーのビート感覚と似てるなとか考えつつ観る

・友人と待ち合わせてご飯を食べることに。しかしどこも長蛇の列ですごく時間がかかってしまい、Rye Ryeを観逃す

・新メンバーが加入ということで、すでに何度か観ているMutemathを観る。新曲はたくさんやってたけど、どうなんだろう、やっぱり1stは越えられてない気がした

・さてここからはインドア派な僕も、太陽の光を浴びることに。久々に行くビーチステージで、Village Peopleがゲイゲイ・ダンス・パーティをしてるというのでのぞいてみたが、ただのカラオケパーティで若干拍子抜け

・楽器は一切なく、メンバーがカラオケに合わせて腰振ったりして歌ってるという奇妙な光景。しかしこれがまた楽しめた。最後はもちろん「YMCA」で全員があの振りを踊った。そえにしてもビーチステージは歩きにくい(当たり前)

・マリンステージに行ってグッズ売り場でパンフレット購入。なんか小型化してた

Beady Eye:アリーナで観るつもりだったけど、うっかりスタンドに入ってしまった!しかし案内がわかりにくくてどこから外に戻るのか分からず右往左往。係員に訊くと、また出口が遠い。出口1ヶ所かよ

・なんとか出て、アリーナ入場口にたどりつくと気が遠くなるような長蛇の列、先の見えないほど長い列が5往復くらいしてるので、こんなん並んでたら演奏終わってしまう、とやっぱり先ほど入ったスタンド席へ。その時ちょうど1曲目「Four Letter Word」開始

リアムのモッズコート着用をはじめ、全員が長袖なのに衝撃受ける

・スタンドから観ると、アリーナに全然人がいない!でもようやく先ほどの列の人が流れ込んでいた。いつも思うけど、サマソニって前のアーティスト観てた客で外に出る人が出終わるまで次のアーティストの客入れないよね、混乱を避けるためだとは思うけど、演奏始まるまでにちゃんと入れてあげて!

・20分くらいするとようやく先ほどの流れ込みも少なくなってきて、今行けば並ばずにアリーナ行ける!と外に出た途端、一番聴きたかった「The Beat Goes On」。ツイてない・・・

・「The Beat Goes On」、アウトロのみ間に合ってアリーナへ。カメラのアームが邪魔です

・Beady Eye終了後、もう少し前の方へ行って待機。見上げれば「ほぼ満月」がぼんやりと見えた

The Strokes:10周年だからなのか、「Is This It」からが多い。しかしアルバムのような音ではなく、ニックのギターがやたらとギャンギャンしていて彼らの3rdアルバム的な尖った音にアレンジ

・そもそもオープニングがアルバム「Is This It」1曲目の同名曲でした

・ジュリアンは皮ジャン着用。リアムもジュリアンも「オシャレは我慢」のピーコism主義者か?しかも皮ジャン着たまま、背中に水を流し込んでいたぜ

・3rdアルバム収録の、ギャンギャンしたシングル「Juicebox」はなぜかやらず残念

・ラストは「Last Nite」から「Take It Or Leave It」でシメ。ともに1st収録ですね。演奏中にもかかわらず21時きっかりに花火が打ち上がる。そういえば前にもこんなことあったな

・せっかくなのでThe Strokesのセットリスト貼っておきます

01. Is This It
02. New York City Cops
03. Under Cover Of Darkness
04. The Modern Age
05. Machu Picchu
06. Reptilia
07. Someday
08. Life Is Simple In The Moonlight
09. Alone, Together
10. You Only Live Once
11. What Ever Happened?
12. You’re So Right
13. Under Control
14. Taken For A Fool
15. Hard To Explain
16. Automatic Stop
17. Last Nite
18. Take It Or Leave It


・ストロークス終了と同時にメッセにダッシュ。The Mars Volta間に合った。おお、1stのオープニング"Son et Lumiere"~"Inertiatic ESP"だ!

・セドリックの声は以前よりもさらにハイトーンになった気がする。髪を切ったからか?(笑)

・ドラマーが変わっていたけど、このドラマーはイマイチ・・・確かに上手いんだけど、きれいに叩きすぎていてライブの迫力とか躍動感に欠けていたように思う。以前のドレッドの黒人ドラマー、トーマス・プリジェン(*2)がめちゃくちゃ好きだったんだけどね

・Seaside Villageにて、稲川淳二の怪談を聞きに行く。これは今回初めて行った。月の周りの雲も晴れ、涼しげな夜風も吹いて、ぞわぞわ感もいい感じ。1話終わるごとに照明が落ちて、「ぞわー」っていう効果音が入るんだけど、2話目終了時に音が鳴らず、別な意味で場内が凍りついていた(笑)

・怪談と言えばホラー!ってことで、The Horrorsに向かう。そう言えば夕飯食べてないやと、ロコモコ屋でカレーを買ったらゴハンもカレーソースも完全に冷めきってて激マズ。ふざけんなー!

The Horrors:ファリス、「F」のバカでかいパッチが付いたスタジャンで登場。またピーコism主義者か?が、さすがにこちらは数曲やったところで脱ぎました。それにしても「F」は、自分のイニシャルってことでしょうか

・ホラーズ、2ndの曲は少しアレンジやテンポなど変わっていました

Busy Pictionary:エド・バンガーのやんちゃ大将Busy PがDJをし、横でアートクリエイターのSo MeがリアルタイムでVJ映像を手書きで書いていくというのが斬新。そこに流れるイラスト化された文字もやたらとかわいくてポップ

・「サマソニ後に渋谷のエクセルホテルでパーティやるよ!ルームNoXXXX(本当に書いてた)ドリンクフリー、キスもフリー!」なんてメッセージも

・スマホの充電も自分の充電も切れたので、メッセ内のコンセントで充電。自分も寝に入る

・でも興奮してて眠れないので、とりあえず寝たフリだけして体を休ませる

・3時になり、本日のシメにMidnight Sonicへと向かう。5分前くらいに着いたけど前の方で待ってる人は数人、寝てる人多数

Esben And The Witch:アルバムは持ってるけど、深夜に合いそうだからちらっと観とこう、途中で帰ろうという程度で観てみたがこれはすさまじかった!音と完全にシンクロしたバックの凍てつくような映像、シルエットしか見えないメンバー、青白い光。ヒンヤリというよりもヒリヒリした空気感に包まれていました

esbenandthewitch

・メンバー全員でドラム(といってもフロアタムとシンバルのみ)ぶっ叩きや、すさまじいギターノイズ、ギターをドラムスティックで叩くなど見どころたくさん。まさにライブバンド!

・結局最後まで観てしまった、というよりも、気付いたら最後まで観ていたという感じ


この日のベストアクト:
Esben And The Witch


ということで、次回はサマソニ2日目の日記を書きます!



*1・・・クロスビート2011年7月号掲載のこの写真
oddfuturewolfgangkillthemall


*2・・・Thomas Pridgen。この映像で白い歯むきだしてドラム叩いてる人ですね。名門バークリー音楽大学出身でジャズドラムをやっていたバカテク千手観音ドラマー。手が見えない!


Fuji Rock & Summer Sonic

日記:サマーソニック2011東京 Pt.1 ソニックマニア編

サマーソニックとソニックマニアに行ってきました。実はサマソニは2000年のスタート以来、去年初めて行かなかったので2年ぶり。ソニックマニアとセットの「ウィークエンドチケット」を結構早い段階で購入してました。それぐらい今年は、見所も多かったし期待も高かった。では1日ごとに、また箇条書きで日記書きます。フジロック日記、あのスタイルですごく書きやすかったので。

日記:サマーソニック2011東京 Pt.1 ソニックマニア編


・震災の影響で中止になった「Hacienda Tokyo」イベントのチャリティで買ったThe Lights(ピーター・フックによるJoy Division再現バンド)のTシャツを着る。ここで着ずにいつ着るというのさ!
joydivision

・しかし夜なのにくそ暑い・・・会場に着く頃にはすでに全身じっとり

・開場の30分前に到着すると、列はまだそこまで長くはなく、5分ほどで開場してメッセ内へ

・ソニックマニアはタイムテーブル配布ないのか・・・ということで、入ったすぐのところにあるタイムテーブルを撮影

・マウンテンステージ入場口に並びながら、ワンセグにてミュージックステーションでのレッチリのライブを観る。周りにも観てる人がチラホラ

・Mステのレッチリが終わるころ、マウンテン開場。

・とりあえず各ステージの場所を確認。そして「FAC51 The Hacienda」ステージではすでにDJがプレイ開始。音がめちゃくちゃデカイ!ちょっと踊ってみる

Boom Boom Satellites:彼らはフェス常連だけど実はあまり今まで観たことがなかったりする。1曲目開始早々、フィーバーした隣の客から足にビールかけられる

・「Moment I Count」で昇天

・外は激混みらしいとTLで知る。確かに入場時にドリンク代を払うのは手際悪いねー

・ハシエンダステージでアラン・マッギーがDJしてる時間なので拝んでおかなくては!と思ったら人少ない。しかもちょうどマイブラの「Soon」がかかってるではないか!

Primal Scream:すでに何度も観てるけど今回は特別、「Screamadelica」再現セット。しかし想像よりも小規模で、ゴスペル隊やホーン隊、パーカッション隊が数人並ぶ感じではなかった。それでも、ソウルフルな女性ボーカルやトランペットなど入っててかなり再現してて、最高に盛り上がりました

・ボビーはちょっと前まではヨレヨレの汚らしいシャツを着てることが多かったけど、スクリーマデリカセットではビシッとスーツなのね。赤シャツはアルバムジャケットの色と合わせてるようです

「Slip Inside This House」最高。最近はこれぐらいのテンポが一番気持ちよく踊れます

・アルバムのアタマ3曲を曲順通りやったら、「Damaged」に。ん?微妙に曲順変えてくるのか

・終盤の「Come Together」はシングルバージョンとアルバムバージョンをミックスしたロングバージョンでした

・これで終わり?と思いきや、「Country Girl」をプレイ。あれこれスクリーマデリカセットだよね、と思いつつ、盛り上がるからまあいいか

・しかしそれだけではなかった!「Jailbird」「Rocks」までプレイして終了。スクリーマデリカ収録曲でやってないのもあるけど・・・ま気にしない

808State(DJ set):こちらもあまり人はいないけど、踊るにはちょうどいいスペースがある感じ

・ドリンク券あるし、ビール飲みたいんだけどどこも長蛇の列!あきらめる

Underworld:いきなり「Rez/Cowgirl」でびっくり。この人たち、アゲにかかってるな

Andy Fletcher of Depeche Mode:アンダワの途中でハシエンダステージへ。このDJで客が多ければ、デぺッシュモード単独公演するよと公言していたようだけど、残念ながら実現しないかも、な客入り

・再びアンダワに戻る。新アンセム「Scribble」で昇天

・どうしてもタモリ倶楽部の空耳ネタ「ききき気にしない、気にしない」を思い出してしまう「King of Snake」、これがくるということは次はいよいよアレか?

・予想通り、次に「Born Slippy Nuxx」投下。会場が沸点に達してUnderworld終了

・ここでようやくビールいただきました^^

Vitalic:前回来日時、Vミラーライブセットということで行ったけど直前にVミラーはなしになったので、ようやく観れた。初めは「あれっ?しょぼいね…」と思ったものの、正面に移動して、中盤ミラーに映し出される映像も凝ってくると、これはかなり面白い

・「La Rock 01」や「My Friend Dario」などのアンセムではみんなジャンプしまくり。お客さんの入りは少なめだったけど、前方のコア層の盛り上がりはすさまじかった

・ゴミだらけのマウンテンを去りつつ、フッキーことピーター・フックのDJセットを観る。これはかなりお客さん多かった。選曲がベタすぎて「そんなんかけたら盛り上がるの当たり前じゃん!」っていうのばかり

・ケミカル「Out of Control」→キラーズ「Mr. Brightside」→ハピマン「24Hours Party People」→ジョイディヴィ「Digital」→クラッシュ「Guns Of Brixton」こんな流れ。ズルイ。でも勝手に体が動く。勝手に笑顔になる

Chase And Status:ソニックマニアの最後はドラムンベースでシメようと思ってたんだけど、途中でダブステップな曲もプレイ。夜はこういうドープな音が聴きたくなるので、予想外のいい締めくくりになりました

・4時過ぎに会場を後にしました


この日のベストアクト:
Vitalic


ということで、次回は同じようにサマソニ1日目の日記を書きます!
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ