FC2ブログ

AWARDS[2016年]

PUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDS 2016 <Part 2>

awards_2016.jpg


毎年恒例、当ブログが独断と偏見で選ぶPUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDSの2016年版の発表です。今回は第二部です。第一部はこちらから


【部門一覧】

■第一部
-ベスト・アーティスト(ソロ部門/グループ部門)
-ベスト・ニュー・アーティスト
-ベスト・ライヴ・パフォーマンス
-ベスト・男性アイコン
-ベスト・女性アイコン
-ベスト・ライヴ(フェス、イベント/単独公演)
-ベスト・EP/ミニアルバム
-ベスト・企画盤(リマスター/リイシュー/コンピレーション)
-ベスト・カバー・ソング
-ベスト・マイブーム・アーティスト
-ベスト・邦楽アーティスト
-最も衝撃を受けた音楽ニュース


■第二部
-ベスト・アートワーク
-ワースト・アートワーク
-ベスト・ミュージック・ビデオ
-ワースト・ミュージック・ビデオ
-ワースト・アルバム


スポンサーサイト



AWARDS[2016年]

PUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDS 2016 <Part 1>

awards_2016.jpg


毎年恒例、当ブログが独断と偏見で選ぶPUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDSの2016年版の発表です。部門は去年と同様で以下の通り。今年も2回に分けてやります。


【部門一覧】

■第一部
-ベスト・アーティスト(ソロ部門/グループ部門)
-ベスト・ニュー・アーティスト
-ベスト・ライヴ・パフォーマンス
-ベスト・男性アイコン
-ベスト・女性アイコン
-ベスト・ライヴ(フェス、イベント/単独公演)
-ベスト・EP/ミニアルバム
-ベスト・企画盤(リマスター/リイシュー/コンピレーション)
-ベスト・カバー・ソング
-ベスト・マイブーム・アーティスト
-ベスト・邦楽アーティスト
-最も衝撃を受けた音楽ニュース


■第二部
-ベスト・アートワーク
-ワースト・アートワーク
-ベスト・ミュージック・ビデオ
-ワースト・ミュージック・ビデオ
-ワースト・アルバム


映画

2016年に観た映画 BEST5

今年はあまり映画を観る機会がなく14本と少なめでしたが、映画ネタの記事を書くのも年1回きりだし、毎年恒例なので今年もBEST5を選びました。映画館/DVDレンタル/TV放送含め、公開年に関係なく自分が2016年に観た映画が対象です。コメントはネタバレ含むため下の方にまとめてあります。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年 年間ベスト・アルバムTOP50

2016bestalbum.png


2016年 年間ベスト・アルバムTOP50です。対象は2016年1月1日から12月20日現在までにリリースされたアルバム/ミニアルバム/EP/ミックステープ/コンピレーションで、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタル、あるいはフリーで配布された作品です。例年通り、ストリーミングで聴いたものは含めていません。でもそのうち、ストリーミングも入れざるを得ない状況になっていくんだろうなーとは思います。

2015年の年間ベスト・アルバム2016年の上半期ベスト・アルバムの時と同様、今回も「for fans of」を付けました。これはあらためて説明すると、「これが好きならこれもオススメ」とか「傾向の近いアーティスト」ではなく、「この作品の良かったポイントと共通の魅力を持ったアーティスト」的なニュアンスで捉えていただければと思います。

相変わらず楽曲の試聴リンクや作品ごとのコメントはナシです。試聴については「2016年 年間ベスト・ソング」の方にあるのでぜひこちらもご覧ください。あと、総評コメントはこの記事の末尾にて。

▼ついでによろしければこちらも
2016年下半期 旧譜ベストアルバム30
2016年上半期 旧譜ベストアルバム30

ちなみに、惜しくも50枚に入らなかった作品(実質51位)はDanny Brownの『Atrocity Exhibition』でした。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年 年間ベスト・ソングTOP40

2016_best_song_fx.png


2016年の年間ベスト・ソング40曲です。今年はかなりTOP10はすんなり決まりましたが、それ以下は混戦模様で何度も入れ替えたりしました。

対象は2016年1月1日から12月20日現在までにリリースされたアルバム/EP/コンピレーション収録曲もしくは単体曲で、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタル、あるいはフリーで配布された音源です。シングルやミュージックビデオなどで去年までに公開されていた曲も、今年リリースされた作品に収録されているものは選出対象としました。ストリーミングでのみ聴いたものは含めていません。

40曲中、Spotifyに音源のあった34曲をプレイリストにまとめて記事下部に貼ってあります。またTOP10は記事中にYouTube埋め込んであります。ちなみにSpincoasterの方ではすでに昨日、TOP5を発表してありますが、各曲にコメントを書いているのでこちらもぜひ。

[記事リンク] Spincoaster - Best Tracks Of 2016 deidaku

なおヘッダー画像は、今年NYに行った際に撮影した写真をちょっとアーティスティックに加工したものです。


年間/半期ベスト[2016年]

2016年下半期 旧譜ベストアルバム30

2016bestalbumsecondhalf_older2.png

巷の年間ベスト・アルバム発表シーズンも山場を迎えていますが、僕の方はというと半期ごとの恒例なのでまずはこちらから。2016年下半期に初聴きした旧譜(=2016年リリース以外)作品のベスト・ランキングです。購入またはレンタルしたもののみ対象。上半期の旧譜ベストに合わせ30位までとしました。

[2016年上半期 旧譜ベストアルバム30]


フリートーク

お知らせ:「初聴きディスクレポート」連載終了します

G_8BvYEr.jpg
▲ブログ執筆中の筆者の自画像。猫背がひどいもんです


2010年2月にスタートした当ブログも間もなく丸7年、ついに8年目を迎えます。いつもブログを見てくださっている皆様ありがとうございます。


さて今回は、このブログでは珍しいお知らせ系の記事です。ブログ開設当時から続いている企画「初聴きディスクレポート」は先日アップした2016年12月分をもって連載終了となりました。


これまでに全90回、少ない時でひと月に10作品、多い時で30作品くらいだと思うので、この7年間で1,800枚分くらい感想を書いてきたことになります。稚拙な小並感とは言え、書き物を生業にしているわけでもないのに片手間でよく続けてこれたものです。


今回は少し、この連載をやめるに至った経緯や、そもそもなぜ書き続けてきたのかについて話をしておきたいと思いました。


初聴きディスクレポート

初聴きディスクレポート Vol.90(2016年12月)

201612.png

2016年12月に初聴きした作品のディスクレポートです。今年最後なので、年間ベストに間に合うように今年リリースの作品中心に最後の追い込み。おかげで5つ星大量発生です。

さて、2016年もこれにて初聴き納め。年間ベスト考えます。




★★★★★ 年間ベスト20位以内クラス*
★★★★☆ すばらしい
★★★☆☆ 標準レベルの良作
★★☆☆☆ 気になる部分あり・もっと聴きこみ必要
★☆☆☆☆ 期待ハズレ
☆☆☆☆☆ 全然ダメでした

*今年リリースでない場合、旧譜のみの年間ベスト20位以内クラス




12月のALBUM OF THE MONTHは、遺作となったこの作品でした。



ベスト・エレクトロポップ

ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)

BESTELECTROPOP_S.png

先日「ベスト・エレクトロポップ・アルバム40 (00's~)」をやりましたが、今回はベスト・ソングをランキング形式で挙げていきたいと思います。「アルバム」では収録曲全体がエレクトロポップな作品の中から選びましたが、今回は曲単位なので、結果的に「アルバム」よりもバラエティ豊かになった気がします。

ちなみにヘッダー画像は女性ポップアイコンで固めてみましたが、表情や構図を意識したら最強グループみたいになりました。いい絵ですねー(笑)。

また、全50曲のうちSpotifyにあった39曲をプレイリストにまとめました(末尾にあります)。Spotifyになかった11曲のうちオフィシャルでYouTubeにあるものは記事末尾に直接埋め込んであります。


ベスト・エレクトロポップ

ベスト・エレクトロポップ・アルバム40 (00's~)

BESTELECTROPOP.png

現行のポップ・ミュージックにおいて、最も主流といっても過言ではないエレクトロポップ。カントリー系SSWだったテイラー・スウィフトもエレクトロポップ化によりさらなるブレイクを遂げたほか、Tegan and SaraやPOP ETCなどもそれまでのオーガニックな作風から華麗に転身。ダンス寄りのインディ・ロック・バンドやチルウェイヴ系のアーティストも時代の流れに沿うようにエレクトロポップ化していきました。

"エレクトロポップ"と一口に言っても、実は「シンセ・ポップ」「エレクトロ」「チルウェイヴ」「エレポップ」「ニューウェイヴ」「ダンス・ポップ」との境界は極めて曖昧。ここでは、それらも含めて便宜的に"エレクトロポップ"とひと括りにしつつ、定義を「ポップでわかりやすい」「キャッチーなメロディ」「高揚感がある」「踊れる」と単純化。また、(なんとなくのイメージですが)80年代のエレポップやニューウェーヴに倣った、ちょっとチープで柔らかなシンセ音を用いたものが多いというイメージがあります。

そんな基準で、この"エレクトロポップ"の名盤をバンド/ソロ、洋/邦問わず40枚セレクトしました。80年代や90年代を含めると収拾がつかなくなるため2000年代以降の作品に絞っています。

2016/12/12追記
ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)
もアップしました。


せっかくなので、Spotifyにあるものは埋め込んでます。アルバムがSpotifyになくても収録されているシングルがあれば単曲で貼りました。では。


プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ