今週の10曲

今週のHOTな10曲(2011/1/30付)

今週初めて聴いた曲やよく聴いていた曲を紹介します。Moscow Olympics/MONA/The Decemberistsなどは今週初聴き。ニューシングル発表のAvril Lavigne、最近よくアルバムを聴いているSecret Shine、Moderatなどをピックアップ。


Moscow Olympics - "Safe"
The Pains Of Being Pure At Heart好きやWild Nothing好きにオススメしたい、メランコリックで疾走感のあるネオアコ・シューゲサウンド。



The Pains Of Being Pure At Heart - "Heart In Your Heartbreak"
もうすぐ発売される予定昨年12月リリースのシングル。ニューアルバムも期待です。少し音はクリアになって、C86な感じは後退した感じです。



MONA - "Teenager"
ナッシュビル出身の叙情的でエモーショナルな新人4人組バンド。なんだかルックスはグラスヴェガスっぽくもありますが、何だか早くもアリーナ・ロックバンドの風格を匂わせています。



The Decemberists - "Calamity Song"
最近話題になっているみたいで、初めて聴きました。アー写はNoah And The Whale風だけどもう少しザ・イーグルス風にカントリー要素を加えた感じ、とでもいいましょうか。



Avril Lavigne - "What The Hell"
先日来日してMステにも出演。どんどんアイドル化してきますが、それもよしです。ポップでキャッチーであることはいいことです。



Smith Westerns - "All Die Young"
セカンドアルバムの中で一番好きな曲。クリスマスに聴きたい。



Secret Shine - "It's Killing Me"
20年のキャリアを持つシューゲイザーのベテランバンドの2010年作より。美メロ・轟音・エレクトリックすべて最高級。



Moderat - "Rusty Nails"
2009年作ですが、去年の年末にやっとゲットできたアルバムから。アブストラクトな曲調とダブステップ重さ。でも、非常にポップな歌ものという、絶妙なバランスを持っています。ビデオも美しいです。



65daysofstatic - "Weak4"
強烈なブレイクビーツエレクトロをテクニカルなバンドと融合させたバンドの2010年作を初聴き。ビートがかっこいいです。



Coaltar of the Deepers - "The End Of Summer"
デビューから20年、日本のベテランシューゲイザーバンド。復活ライブを今週末に行う予定。この曲は10年前の曲ですが、なおも新鮮に轟音を響かせます。
関連記事
スポンサーサイト
次のページ
エモーショナル・ロック・バンドBEST10
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
Moderat   Moscow   Olympics   MONA   The   Decemberists   Avril   Lavigne   Smith   Westerns  
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ