今週の10曲

今週のHOTな10曲(2011/4/24付)

今週よく聴いていた音楽や、新しく知った音楽を紹介します。今週は、間もなくアルバムリリースのデスキャブ、Cultsの新曲、The DrumsとThe Musicのフリー配信曲、映画関係でMikaとヴェルヴェッツなどをピックアップ。


Death Cab For Cutie - "Some Boys"
USインディ最重要バンドである彼らが5月末にリリースする新作「Codes & Keys」より、公式HPですでに公開されている曲の一つ。彼ららしい清涼感のある声とオーガニックでありながら実験性も感じられるサウンドは健在、というかさらに強化。



Cults - "Abducted"
デビューアルバムが5月2日にリリースされる、USのドリーミー・サイケ・デュオ。トロトロに甘いサイケデリアを、60's風なメロディとボーカルがかわいらしく仕上げています。



The Drums - "The New World"
日本の震災支援のために、海外ではチャリティ販売、日本ではフリーとなっている新曲。相変わらず、ドリーミーで心地の良いグッドメロディを聴かせてくれます。涙が…。



The Music - "Ghost Hands"
10年の活動を経て解散するThe Music。制作途中で頓挫したという、4枚目となるはずだったアルバムからの曲は彼らのオフィシャルHPからフリーダウンロードできます。バキバキのエレクトロですが、サビは高揚感のあるメロディ。解散が惜しまれます。



Metronomy - "The Look"
3rdアルバムが出たばかり。前作の脱臼エレクトロから、メンバーチェンジを経てよりポップで穏やかなサウンドに変化。



Gypsy And The Cat - "Running Romeo"
オーストラリア出身のデュオ。2010年のデビュー作が、UKのレーベルからリリースされました。この曲はどこかKillersの「Human」を思い出させる、アンセミックなダンスナンバー。



The View - "Best Lasts Forever"
彼らの3rdアルバムの本編最後を締めくくる曲。高揚感や祝祭感に満ちたメロディアスな3連バラード。



The Velvet Underground - "Oh! Sweet Nothin'"
たまたま彼らのアルバム「Loaded」を久しぶりに聴いていたら、映画「ゾンビランド」の挿入歌で使われていてビックリ。ルー・リードの声がほんとに優しく、いい曲です。



Mika, Red One - "Kick Ass (We Are Young)"
映画「キック・アス」、最高でした。メインテーマ曲は、たぶん今一番才能ある男性ソロシンガー、Mikaと、人気絶頂のプロデューサーRed Oneとコラボ。



TV On The Radio - "Forgotten"
R.I.P. Gerard Smith
関連記事
スポンサーサイト
次のページ
フジロック2011 第七弾出演者発表!!
新着
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第ニ回:2002-2006 拡大期〉
新譜リリース情報(2017年3月)
Albums of the Month (2017年2月)
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第一回:1997-2001 形成期〉
フジロック'17 ラインナップ第一弾発表で思ったこと
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈イントロダクション〉
新譜リリース情報(2017年2月)
Albums of the Month (2017年1月)
PUBLIC IMAGE REPUBLIC presents SOUND OF 2017
新譜リリース情報(2017年1月)
タグ
cults   Death Cab For Cutie   metronomy   The Music   Ghost Hands  
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ