今週の10曲

今週のHOTな10曲(2011/6/5付)

今週よく聴いていた曲や、初聴きした曲を紹介します。公開されたばかりのColdplayの新曲、英米で激売れの話題の新人
Foster The People、トレント・レズナーとカレン・Oのコラボ曲、Beyonceの間もなくリリースされるアルバムからの新曲など。


Coldplay - "Every Teardrop Is A Waterfall"
昨年末のクリスマスソング以来となるコールドプレイ久々の新曲。アルバムは7月くらいにも突然出るのでは?なんて噂もちらほら。高揚感たっぷりでジャングリーなギターの音が素晴らしい。



Foster The People - "Houdini"
先日デビューアルバム「Torches」がリリースされたばかり。米オルタナチャートとロックチャートで1位を獲得。セクシーでファンキーでオシャレなダンスポップサウンドを聴かせてくれるLA出身の5人組。



Mazes - "Most Days"
1分58秒で駆け抜ける、疾走パンクナンバー。でもソフトロックやギターロック風のボーカルとコーラスが爽やかで、ちょっとWavvesっぽさもあり。



Beyonce - "Best Thing I Never Had"
6月11日にアルバム「4」がリリースされます。個人的にはディーヴァ系では現在最強のパフォーマーなので、期待大。この曲はピアノをフィーチャーしたメロディックなバラード曲。



No*Tokyo - "Ego Healer"
デビュー当時のThe Musicを彷彿させる、人力ダンスビートとガレージ&ブルーズなギターのUK新人バンド。ラッドな感じがプンプンするボーカルも魅力的です。



Girl Names - "I Could Die"
ファーストの頃のプライマル・スクリームみたいな音質とボーカル。C86系ギタポやサーフロックを通過したサウンドは最近多いですが、その中でも洗練さとローファイ感のバランスがちょうどいいです。



Trent Reznor & Karen O - "Immigrant Song"
フィンチャー監督の最新映画「ミレニアム:ドラゴンタトゥーの女」より、Yeah Yeah Yeahsのカレン・Oをボーカルに迎えたトレント・レズナーのよるトラック。ツェッペリンの「移民の歌」をカバー!



Chris Olley - "Way Up High"
90年代後半、ストーンローゼズやポーティスヘッドを彷彿させるサイケサウンドで登場したSix.By Sevenのボーカルによる、ソロEPの編集盤がリリース。SBS同様、ノイジーと静寂が同居したサイケグルーヴを展開。



The Merrymakers - "Monument Of Me"
スウェーデンの美メロギターポップバンド。本国では95年、ワールドワイドでは97年にリリースされたアルバムより。当時、ラジオで聴いて大好きになった曲です。懐かしい。



Glasvegas - "Go Square Go"
セカンドにハマったので、後追いでファーストも聴いてみたらやはり最高でした。オールディーズ風のキラキラしたメロディとムサいボーカルとシューゲサウンドの組み合わせの妙、素晴らしいです。

関連記事
スポンサーサイト
次のページ
Back To 00's - 「00年代の名盤」を1年ごとに振り返る(2004年編)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
Foster The People   Coldplay   Trent Reznor   Karen O  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ