フリートーク

【合同企画Vol.2】相互インタビュー「洋楽を好きになったきっかけは?」

先日、Kula Shakerのデビューアルバム「K」について、互いに異なる視点でレビューを書くという合同企画を行った、yaboriさんのブログ「時代を超えたマスターピース」との合同企画の第二弾。今回はお互いにインタビュー形式で、音楽(というよりも洋楽)に目覚めたきっかけや今まで聴いてきた音楽の遍歴などを語り合いました。僕も初めて人に語る部分もありつつ、生まれた年代の異なる人とこういう話をするのは非常に面白いし視野が広がる感じがします。

※ちなみに前回の合同企画の記事はこちら

※yaboriさんのブログ記事はこちら
こちらのブログでは洋楽ロック中心に、幅広い年代における名盤をけっこう深く掘り下げていろんな角度から語られています。


対談
「洋楽を好きになったきっかけは?」
[Y]boriboriyabori
[D]david_girl_



『アジカンのナノムゲンコンピからアッシュを聴いたのが衝撃で、洋楽に走った次第です!』
『それ、アジカンの意図にちゃんと沿ってるじゃないですか!(笑)』



D: こんにちわ。
Y: どーも!それじゃあ始めますか!
D: さっそく始めましょう!ではまず、まだ全然お互いのことよく知らないんですよねえ。
Y: それっす!そこから話していきましょうか!自己紹介からですね(笑)。
D: 僕から軽く自己紹介しますね。
Y: うっす!
D: 1979年生まれの東京都民です。普段はフツーの会社員です。
Y: 僕は1987年で今年24歳っすね!僕も普通の会社員っす!
D: あ、やっぱ若いんだ(笑)。
Y: やっぱりdavidさんの方が年上でしたね!馴れ馴れしくてすんません(笑)。
D: いんやー、いいですよ(笑)。今はネットがあるから、若くてもみんな知識豊富でうらやましい!
Y: ありがとうございます!それはありますね!高校生でもリバ聴いてるとか知って焦りました(笑)。davidさんが最初に聴いた音楽って何ですか!?
D: 僕は最初に音楽にハマったのはね、9才の時。
Y: 早熟ッ!
D: ペット・ショップ・ボーイズ、カイリー・ミノーグ、リック・アストリー、この3つですね。親の影響で。

"Never Gonna Give You Up" by Rick Astley


Y: おー!9才にしてペット・ショップ・ボーイズですか!!!素晴らしい親です!
D: 親が結構音楽好きでイケイケな感じだったので、エレポップやユーロビートやソウルやベンチャーズなどいつも家でかかってました。
Y: イケイケ(笑)。カッコイイ!うちの親はビートルズとか小田和正が好きでしたね!親父はクリームとかディープ・パープルかな。
D: yaboriさんは最初に買ったCDとかは?
Y: 中学ん時に買ったゆずですお(笑)。そこからアニメの影響でアジカンを知ったのが初めてのロック体験でした!
D: なるほどね!
Y: アジカンのナノムゲンコンピからアッシュを聴いたのが衝撃で、洋楽に走った次第です!僕なんてまだまだ洋楽歴浅いっすよ!
D: それ、アジカンの意図にちゃんと沿ってるじゃないですか!(笑)
Y: そうです!彼らの意のままに動いてます(笑)。多分アジカンって、洋楽の良さをJ-ロック・リスナーに伝えたかったんだと思うんですよ。だから僕もブログ始めたようなもんです。
D: なるほどー。


『やっぱり入口って意外とアニソンだったりするんですね!』


Y: Davidさんはなぜブログを!?
D: 僕は、昔はたくさん音楽好きの友達が周りにいたんですよ。大学生の頃とか音楽サークルだったし、やっぱり音楽中心に友達できる感じで。
Y: いいですね!僕の周りにはほとんどいませんでした。
D: 昔は一緒にライブ行ったりしてて。CD貸し借りとかも。でも20代後半になると、結婚して子供できたりして、みんな音楽に興味なくなっちゃうんですよね。
Y: 生活の変化ってやつですね。僕は生活に変化あっても聴くのはやめないと思うけどなー。
D: そうそう。だから、自分は音楽から遠ざかりたくないし、同じように、最近の音楽よくわからない、レコ屋に行く時間も試聴する時間もないし、って人たちに少しでも参考になって、かつ自分も知識を積み重ねていけたらなーと思って、ブログ始めました。
Y: おお!ターゲットが明確ですね!
D: ブログで毎週、「今週の10曲」ってやってますけど、あれは自分に課せられたノルマでもあるんです。
Y: なるほど!僕の場合は洋楽の入り口になれたらなって思いからですね!僕の場合は一週間に一本アルバムレビューがノルマですね。で、ペット・ショップ・ボーイズからどうやって今の方向に?
D: ペット・ショップ・ボーイズとかは親がかけるのを聴いて、いいなと思う程度でしたけど、そのあとガンダムのテーマ曲歌ってたTM Networkにハマったんですよ。この、アニメきっかけってのがyaboriさんと同じ(笑)。
Y: なるほど!やっぱり入口って意外とアニソンだったりするんですね!
D: うんうん。で、そのあとはTM繋がりでB'zと、あとユニコーン。この辺は、僕は兄がいるんですけどその影響。あと中学生では、兄の影響でプロディジーとか、エレクトロ系・ダンス系聴き始めました。でもこの頃、ジャンルの意識とかなかったから、普通にtrfと同じレベルで聴いてた(笑)。
Y: B'zとかその辺はみんなが通る道ですね!そこからのプロディジーですか!
D: でもプロディジーは、今とはちょっと違う視点で聴いてましたね。いわゆる「ロック」とか「ダンスミュージック」っていう認識ではなかったです。今に繋がる「ロック」に目覚めたのは、97年のビョークの「ホモジェニック」でした。
Y: ビョークですか!それはリアルタイムで!?
D: リアルタイムだけど、サードの時期からですね。ファースト、セカンドは後追いで。
Y: なるほど!そっからどう広がっていったんですか!?
D: ロック好きな人がクラスにいて、片っぱしからその人の勧めるのを借りて。オアシス、プライマル、レディオヘッド、ヴァーヴとか。
Y: 思いっきりブリットポップですね!
D: で、自分でも広げてって。当時深夜にTVでやってた「BEAT UK」とか、タワレコのbounceとかで。ポーティスヘッド、スクエアプッシャー、エイフェックスツインなんかにハマりました。やっぱ、エレクトリックなものが好きでね。

"Tundra" by Squarepusher



『ビョークで世界が広がって、もうそこから歩きだしたらすべてが驚きと感動で、勝手に足が進みました』


Y: 自分で洋楽を掘ろうと思ったキッカケってあったりしますか!?
D: なんだろ…なんかもう自然に。ビョークで世界が広がって、もうそこから歩きだしたらすべてが驚きと感動で、勝手に足が進みました。だから、ビョークはすっごく重要な人で。その辺、ブログの記事あります(笑)。
Y: それは読まないと!!ビョークの衝撃が凄かったという事ですが、自分の価値観と合うものがあってそうなったんですかね!?
D: ずっとエレクトリックな音楽聴いてたけど、同じエレクトリックなサウンドなのに、それまで聴いてたものとリズムアプローチとか全然違ってて衝撃でしたね。ストリングスも入ってるよ!とか。珍しいなと。

"Joga" by Björk


Y: 音楽のできる可能性に驚いたという感じですね!
D: そうですねー。yaboriさんはアジカンのどんなところに惹かれてハマったんです?
Y: 僕の場合、アジカンは高校の時、等身大のロックがアジカンだったから親近感が持てたという事が一番でしたね。今振り返れば、文学的なロックと言う側面が自分の価値観に合ってたんだとも思います。
D: へー。文学少年だったとか?
Y: いや当時は全然そうじゃなかったです。勉強は大嫌いでした(笑)。日本史だけは格別に好きでしたけど(笑)。親が文学オタクみたいな感じで、三島由紀夫読みまくってたんですよ。それの影響もあったのかなと。
D: おお。素晴らしい。
Y: ブログを書いてみて、自分は文章書くの好きなんだなって初めて思ったくらいです。作文とか苦手でしたね、当時は(笑)。
D: その後はどんな感じで広げていったんですか?
Y: アジカンから日本のロックって凄いんだという感じで、エルレ(ガーデン)、モーサム(・トーンベンダー)と聴いていきました。でもそれと同時にアッシュの近辺、UKのバンドを漁っていきました。
D: オアシスとかブラー、クーラ(・シェイカー)とかかな?
Y: そこからMTV見るようになって、話題になってたアクモン、ブロック・パーティに踏み出しましたね。オアシスとかはアジカンがレコメンドしてたので知って、友達から借りましたね。クーラも再結成した後の「ストレンジ・フォーク」で知りました。洋楽知りたての頃に聴いたんですけど、すぐ好きになりました。
D: 世代が違うと、やっぱ聴く順番も変わりますね(笑)。アクモン、ブロック・パーティとかは2004年くらいでしたっけ?
Y: その辺すね!アクモンは確か2006年とかだったかな~。あ、そういや言うの忘れてましたが、ナノムゲンのコンピでウェイキング・アッシュランドってバンドが好きになって、エモ周辺漁りました。フォール・アウト・ボーイとかパニック・アット・ザ・ディスコとか聴いてましたよ!
D: おっ。エモは自分も好きで、そのあたりのブログ記事もあります(笑)。でもFOBとPATDは、僕的にはエモではないけど(笑)。


『初期にクーラを聴いたという事もあってヴィンテージサウンドというものに目覚めた感じ』


Y: (笑)。時系列的には、日本のエモとかも聴いてからのアクモンとかでしたね。だから僕の洋楽の原体験はアッシュウェイキング・アッシュランドでしたね。
D: バンド名が両方アッシュ繋がりですね(笑)。
Y: 言われてみれば(笑)。でもそれ今気づきました(笑)。でも今じゃあエモは一切聴かなくなりましたね。それはブロック・パーティの影響が大きい気がします。
D: なるほど。それはメロディよりも、音の工夫とかが重要になってきたってこと?
Y: そうですね!初期にクーラを聴いたという事もあってヴィンテージサウンドというものに目覚めた感じです。
D: じゃあ、大きな転機となった作品を1枚だけ挙げると?
Y: 転機となった1枚はアジカンの『ソルファ』を挙げます!

asiankungfugeneration

Y: davidさんは?やっぱビョークですか?
D: そうですね。ビョークの『ホモジェニック』で!

bjork-homogenic

D: さて、ではそろそろシメますか。今回の対談、どうでした?
Y: やっぱり洋楽好きな人と話すのは楽しいです♪ありがとうございました!
D: ですね。僕も楽しかったです。また今後も、合同企画お願いしますね!
Y: そろそろ2011年も上半期が終わるので、上半期ベストをテーマに対談とかしたいですね。
D: いいですね!では、7月頃にぜひそれでやりましょう!


ジャケがコワイって言う人が多いです。

関連記事
スポンサーサイト
次のページ
今週のHOTな10曲(2011/6/12付)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
洋楽   ロック   インタビュー  
TrackBack
どうも!yaboriです!今日は先日実現したdavid_girl_さんとの対談を掲載します。話し合ったテーマは『洋楽を好きになったキッカケは?』というものです。そしてインタビューの最後に自 ...
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ