今週の10曲

今週の10曲(2011/7/10付)

今週よく聴いていた曲や、初聴きした曲を紹介します。今週は初聴きのものメインでお届けします。自分へのメモ代わりというか。Twitterのフォロワーさんに教えていただいたものがほとんどです。多謝!!



Memory Tapes - "Yes I Know"
チルウェイヴに分類されるソロユニットの、先日リリースされたばかりのセカンドアルバムより。これはチルウェイヴ括りではなく、ポップ・ミュージックとして広く聴かれるべき。



Computer Magic - "The End of Time"
ブルックリン出身の、かわいらしいエレポップサウンドを奏でる女の子。数枚のEPをリリースしているものの、フルアルバムはまだです。こちらも期待大。



Ruby Coast - "Whatever This Is"
カナダ出身の新人によるデビューアルバム。やってることはオーソドックスなのに、比較するアーティストがない個性を持ってると思います。Arcade Fireが陽性に弾けたかのように、とにかくめちゃくちゃポップ。アルバムはフリーDLできます。



Tribes - Sappho"
なんだかすごくブリットポップな曲調。Blurのポップ性とSuedeのグラマラス感をミックスして、ラウドにした感じ感じです。後半がヘドウィグ・アンド・アングリー・インチみたいなPVも素敵です。



Wild Honey - "1918-1920"
スペインはマドリード出身、GUILLERMO FARREによるソロプロジェクト。この曲はフリッパーズギターやサイモン&ガーファンクルを思わせるセンシティブなコーラスワークが光るフォーク調バラードです。



Sondre Lerche - "Stupid Memory"
フォークやカントリー調のサウンドにちょっとエレクトリックな要素もミックスし、独自のポップなサウンドを奏でる男性SSW。PVも素敵です。



Fixers - "Crystals"
シューゲイザー風のアトモスフェリックな音にダンスビート。超絶にキラキラしつつ踊れるサウンドで、クラブでかかったらテンション上がること間違いなし。



Givers - "Saw You First"
先週に引き続き取り上げます。6月にアルバムを出したルイジアナ出身の5人組マジカル・ポップバンド5人組。



Bon Iver - "Calgary"
数々の著名アーティストからもリスペクトを集めるアメリカのバンド(元はソロユニット)。どこまでも美しいサウンドです。フォークを下敷きにしつつも、気持ちの良いキーボードの音が個性を出しています。



Mutemath - "Drums Plus Bass"
10月にリリース予定のサード「Odd Soul」の広告的な映像。これはヤバすぎる音と映像です。何がヤバいかは、文字だけでは伝わらないのでとにかく見てください。





期待したよりもさらによかったです。夏の清涼剤にオススメ。

関連記事
スポンサーサイト
次のページ
今週の10曲(2011/7/17付)
新着
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
新譜リリース情報(2018年2月)
Albums of the Month (2018年1月)
タグ
Memory Tapes   Computer Magic   Ruby Coast   Tribes  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ