ライブレポート

ライブレポート:Emmy The Great@代官山UNIT

7月19日(火)に代官山UNITで行われたEmmy The Greatのアコースティックライヴに行ってきました。NANO-MUGEN Fes.にも出演していたAshのTim Wheelerの参加が直前にアナウンスされましたが、兼ねてより親交が深く、お互いの曲をカバーし合っている二人なので、そんな感じで曲をやるんだろうなという期待も抱きつつ、僕にとっては初のUNIT。

emmythegreat


会場についてビールをちびちびやっているうちに、オープニングのDSKさんのライヴが始まった。流麗なギターのアルペジオとペダルのみで、まるでオーロラのようなサウンドを紡ぎだす技はお見事。そう言えば、「Aurora」というユニットもやっていたんでしたこの人。しかし最後に、「この後はエイミー・ザ・グレイト」と言ってましたね、残念。


さて、セットチェンジののち登場したEmmy The Greatことエマ・リー・モスは、ファーストアルバムの頃とは全く違った雰囲気でグッと大人っぽい装い。黒のドレスに、10cmはありそうなハイヒール、髪は上の写真のように後ろでクシュクシュとまとめ上げた感じだけど、違うのは前髪を全部上げて上で留めていたところ。元々美人なのだけど、腕や指や首が細いのでさらにシックで大人っぽい雰囲気が増していました。エマちゃんから4,5メートルしか離れていないほぼ最前列で鑑賞。ステージでの第一声「ヨロシクオネガイチマス」に萌えました。あ、Emmy The Greatだと長いので、以下親しみを込めて「エマちゃん」と馴れ馴れしく呼びますが、ご了承ください。


曲の方が始まると、伸びやかで艶やか、だけど舌っ足らずというか、彼女のボーカリゼーションを特徴づけているキュートな舌と唇の触れる音(と書くとエロいが)が心地よく響く。元々アコーステック調だけど、アコギ一本であることでよりこうした息遣いやつま弾く音がクリアに聴こえて、まるで耳元で囁いてくれてるかのよう。これは嬉しい。2曲目にしてファーストアルバムの中でも最もポップ(そして僕が一番好きな)「We Almost Had A Baby」を披露。




4曲目からは、AshのTimがゲスト参加。ゲストと言うよりは、ダブルヘッダーと言う感じで出ずっぱりでしたが(笑)。そしていきなりストロークスのカバー。しかし、Timのギターの音が出ないトラブル発生。なんとか直すと、その後もAshの代表曲の数々だけでなく、バングルスやウィーザーのカバーも披露。優しい歌声のエマちゃんに対し、TimはAshのライブの時と同じように全力投球。アコースティックだろうがツバを大量に飛ばしながら歌ってくれました。リズム隊がいないため、リズムキープが難しかったのかTimがペースを乱してしまう場面も何回かあったけど、一生懸命なTimの姿を見てたらまあ許せた。


エマちゃんは結構日本語でMCをしてくれて、ステージ上でTimに日本語を教える一幕も。仲いいです。エマちゃんのファーストアルバムのボーナストラックとして収録されていたAshの「Burn Baby Burn」で本編終了。気付いたけど、エマちゃんの足元にはタオルと水が置いてあったにもかかわらず、ここまで一度も汗を拭いたり水を飲んだりと言うことはせず。何ともクールというか、淑女です


アンコールは、エマちゃんが独りで登場し、ファーストから「First Love」を。レナード・コーエンの「ハレルヤ」を引用したこの曲の物憂げなメロディと、エマちゃんの声はやっぱり相性がいいです。続いてエマちゃんは袖に下がり、Timが独りで「Girl From Mars」を。アンコールはお互いのファーストアルバムの代表曲をやるっていうコンセプトだったんでしょうか。ちなみにTimがこの曲をプレイしている間、エマちゃんは袖でやっと、コソコソと水を飲んでました。うん、やっぱり淑女


ラスト、2人揃ってのピクシーズのカバー。本家ではキム・ディールが歌うコーラス部分をエマちゃんが歌ったのだけどこのファルセット具合がすごく素敵だった。元々彼女の声は割と低めだけど、すごく艶やかで安定感のあるファルセット。本当に歌がうまいなあ。




全体を通して見ると、カバー曲が多くてEmmy The Greatの曲が少なかったのは事実だし、ゲストな割にTimが目立ち過ぎてはいたけど、自分はそこはまったく気にならず、むしろ嬉しかったし、ツボを押さえたエマちゃんらしいカバー曲のチョイスも素晴らしかった。おかげで僕はバングルスをちゃんと聴かなきゃと思ったし、ピクシーズも久々に聴こうって気になった。そして何より、まだあまり深く聴けていなかった彼女の最新アルバム「Virtue」をあらためて聴いて、素晴らしい作品だと気がつくことができた。彼女は僕の中で、ジョニ・ミッチェルやスザンヌ・ヴェガと肩を並べても遜色ない女性シンガーになりました。


-7月19日 代官山UNIT セットリスト-
【Emmy The Great】
Paper Forest(Birds)
We Almost Had A Baby
Cassandra

【Emmy The Great with Tim Wheeler】
What Ever Happened? [The Strokes]
Shining Light [Ash]
Exit Night
If She Knew What She Wants[The Bangles]
Tracers[Ash]
Paper Forest(In The Afterglow of Rapture)
Modern Girl[Sleater-Kinney]
A Life Less Ordinary[Ash]
Iris
Island In The Sun[Weezer]
Dinosaur Sex
Burn Baby Burn[Ash]

【Encore : Emmy The Great】
First Love

【Encore : Tim Wheeler】
Girl From Mars[Ash]

【Encore : Emmy The Great with Tim Wheeler】
Where Is My Mind?[Pixies]


ライブ後に遅ればせながら評価上がりました。


関連記事
スポンサーサイト
次のページ
Back To 00's - 「00年代の名盤」を1年ごとに振り返る(2005年編)
新着
[PLAYLIST]90年代的ドライブ・ミュージック
新譜リリース情報(2017年9月)
Albums of the Month (2017年8月)
日記:フジロックフェスティバル2017
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60
2017年上半期ベスト・アルバム/ソング
新譜リリース情報(2017年7月)
Albums of the Month (2017年6月)
タグ
Emmy The Great   代官山UNIT   ライブレポート   Ash   Tim  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ