Fuji Rock & Summer Sonic

日記:サマーソニック2011東京 Pt.2 8/13編

サマソニ2011東京の初日・8月13日の日記みたいなものです。この日のお目当てはOFWGKTA、Beady Eye、The Strokes。前日はソニックマニアで4時過ぎまでいたので、この日はお昼から参加。フジの時もそうだったけど、4時までほぼ立ちっぱなのにあまり疲れず、眠くならない。ビタミン剤と足裏の湿布でちょっと寝ればすぐに回復しちゃうんですよ。数年後、ドカッとその反動が来るんでしょうか、怖いです。でも、元気なうちに楽しめるものは心ゆくまで楽しんどきますよ!


日記:サマーソニック2011東京 Pt.2 8/13編
-頭文字Fなど、ピーコism主義者が大量出演-


・5時就寝、10時起床。完全回復で会場へ

・Odd Future Wolf Gang Kill Them All、長いので「オッドフューチャー」とか「OFWGKTA」とか呼ばれてるけど、過激なライブパフォーマンスが話題なので事件を目撃すべく向かう。が、Twitterのリプライに夢中なあまりソニックステージを完全スルー。気付いたらマウンテンに到着

・で、The Pretty Recklessを観てみる。テイラー・モムセン、噂には聞いてたけどかなりの筋金入りのロッカーですね。なんだかコートニー思い出したけど、これは名誉なことか不名誉なことかわかりません

・オッドフューチャーの時間になったのでソニックへ。集客は思ったほどではなかったかな?少なくはないけど、少し余裕あり。

OFWGKTA:各MCの動きはキレキレだし、タイラーは何度も白目剥いてラップするし(でも普段の表情はすごくかわいい)何よりDJの女性メンバーによるトラックがバッキバキのドープなトラックばかりでかっこいい。あのつんのめるようなビート感覚、「きっちりクオンタイズされた音」が好きな日本人には作れないね

・過激なMCはしてたのかもしれないけど、パフォーマンス自体は普通かも。以前、驚愕の高さの客席ダイブ写真(*1)を見たので、今回は「それほどでもないかな?日本だから抑えてる?」と思った

・オッドフューチャー後にTwitterでいつもお世話になってるフォロワーさんとお会いしました

・アジアンステージがどんな客入りなのか覗いてみる。とても寂しいお客さんの数。でも、近隣の国と調整してアーティストがツアー回りやすいように各国と提携して、それの兼ね合いで出してるんだろうけど、アーティスト側もちょっとかわいそうかな

Cage The Elephant:テンション高めなパフォーマンスが評判。海外フェスのように女装を期待したけど普通のカッコでした。「Around My Head」での「う、う、う、う、あ、あ、あ、あ」(活字にするとダサすぎ)のオーディエンスの合唱もキマりました

・ケイジを途中で切り上げてPerfumeへ。しかしかなりキャパの大きなマウンテンで、入場規制の一歩手前状態。数年前のダンスステージ入場規制伝説(マジ、あれは思い出したくもない悪夢だった)を作った彼女ら、マウンテンでも人が溢れるとは!

・Perfumeのダンスが好きなんだけど、あれって相当難しい。ダンスを以前からやってた人は逆にできないと思う。なぜなら体を動かすタイミングが8分とか16分じゃなくて、楽曲のリズムとは別のリズム(三連符とか)で踊ってるから。その辺、オッドフューチャーのビート感覚と似てるなとか考えつつ観る

・友人と待ち合わせてご飯を食べることに。しかしどこも長蛇の列ですごく時間がかかってしまい、Rye Ryeを観逃す

・新メンバーが加入ということで、すでに何度か観ているMutemathを観る。新曲はたくさんやってたけど、どうなんだろう、やっぱり1stは越えられてない気がした

・さてここからはインドア派な僕も、太陽の光を浴びることに。久々に行くビーチステージで、Village Peopleがゲイゲイ・ダンス・パーティをしてるというのでのぞいてみたが、ただのカラオケパーティで若干拍子抜け

・楽器は一切なく、メンバーがカラオケに合わせて腰振ったりして歌ってるという奇妙な光景。しかしこれがまた楽しめた。最後はもちろん「YMCA」で全員があの振りを踊った。そえにしてもビーチステージは歩きにくい(当たり前)

・マリンステージに行ってグッズ売り場でパンフレット購入。なんか小型化してた

Beady Eye:アリーナで観るつもりだったけど、うっかりスタンドに入ってしまった!しかし案内がわかりにくくてどこから外に戻るのか分からず右往左往。係員に訊くと、また出口が遠い。出口1ヶ所かよ

・なんとか出て、アリーナ入場口にたどりつくと気が遠くなるような長蛇の列、先の見えないほど長い列が5往復くらいしてるので、こんなん並んでたら演奏終わってしまう、とやっぱり先ほど入ったスタンド席へ。その時ちょうど1曲目「Four Letter Word」開始

リアムのモッズコート着用をはじめ、全員が長袖なのに衝撃受ける

・スタンドから観ると、アリーナに全然人がいない!でもようやく先ほどの列の人が流れ込んでいた。いつも思うけど、サマソニって前のアーティスト観てた客で外に出る人が出終わるまで次のアーティストの客入れないよね、混乱を避けるためだとは思うけど、演奏始まるまでにちゃんと入れてあげて!

・20分くらいするとようやく先ほどの流れ込みも少なくなってきて、今行けば並ばずにアリーナ行ける!と外に出た途端、一番聴きたかった「The Beat Goes On」。ツイてない・・・

・「The Beat Goes On」、アウトロのみ間に合ってアリーナへ。カメラのアームが邪魔です

・Beady Eye終了後、もう少し前の方へ行って待機。見上げれば「ほぼ満月」がぼんやりと見えた

The Strokes:10周年だからなのか、「Is This It」からが多い。しかしアルバムのような音ではなく、ニックのギターがやたらとギャンギャンしていて彼らの3rdアルバム的な尖った音にアレンジ

・そもそもオープニングがアルバム「Is This It」1曲目の同名曲でした

・ジュリアンは皮ジャン着用。リアムもジュリアンも「オシャレは我慢」のピーコism主義者か?しかも皮ジャン着たまま、背中に水を流し込んでいたぜ

・3rdアルバム収録の、ギャンギャンしたシングル「Juicebox」はなぜかやらず残念

・ラストは「Last Nite」から「Take It Or Leave It」でシメ。ともに1st収録ですね。演奏中にもかかわらず21時きっかりに花火が打ち上がる。そういえば前にもこんなことあったな

・せっかくなのでThe Strokesのセットリスト貼っておきます

01. Is This It
02. New York City Cops
03. Under Cover Of Darkness
04. The Modern Age
05. Machu Picchu
06. Reptilia
07. Someday
08. Life Is Simple In The Moonlight
09. Alone, Together
10. You Only Live Once
11. What Ever Happened?
12. You’re So Right
13. Under Control
14. Taken For A Fool
15. Hard To Explain
16. Automatic Stop
17. Last Nite
18. Take It Or Leave It


・ストロークス終了と同時にメッセにダッシュ。The Mars Volta間に合った。おお、1stのオープニング"Son et Lumiere"~"Inertiatic ESP"だ!

・セドリックの声は以前よりもさらにハイトーンになった気がする。髪を切ったからか?(笑)

・ドラマーが変わっていたけど、このドラマーはイマイチ・・・確かに上手いんだけど、きれいに叩きすぎていてライブの迫力とか躍動感に欠けていたように思う。以前のドレッドの黒人ドラマー、トーマス・プリジェン(*2)がめちゃくちゃ好きだったんだけどね

・Seaside Villageにて、稲川淳二の怪談を聞きに行く。これは今回初めて行った。月の周りの雲も晴れ、涼しげな夜風も吹いて、ぞわぞわ感もいい感じ。1話終わるごとに照明が落ちて、「ぞわー」っていう効果音が入るんだけど、2話目終了時に音が鳴らず、別な意味で場内が凍りついていた(笑)

・怪談と言えばホラー!ってことで、The Horrorsに向かう。そう言えば夕飯食べてないやと、ロコモコ屋でカレーを買ったらゴハンもカレーソースも完全に冷めきってて激マズ。ふざけんなー!

The Horrors:ファリス、「F」のバカでかいパッチが付いたスタジャンで登場。またピーコism主義者か?が、さすがにこちらは数曲やったところで脱ぎました。それにしても「F」は、自分のイニシャルってことでしょうか

・ホラーズ、2ndの曲は少しアレンジやテンポなど変わっていました

Busy Pictionary:エド・バンガーのやんちゃ大将Busy PがDJをし、横でアートクリエイターのSo MeがリアルタイムでVJ映像を手書きで書いていくというのが斬新。そこに流れるイラスト化された文字もやたらとかわいくてポップ

・「サマソニ後に渋谷のエクセルホテルでパーティやるよ!ルームNoXXXX(本当に書いてた)ドリンクフリー、キスもフリー!」なんてメッセージも

・スマホの充電も自分の充電も切れたので、メッセ内のコンセントで充電。自分も寝に入る

・でも興奮してて眠れないので、とりあえず寝たフリだけして体を休ませる

・3時になり、本日のシメにMidnight Sonicへと向かう。5分前くらいに着いたけど前の方で待ってる人は数人、寝てる人多数

Esben And The Witch:アルバムは持ってるけど、深夜に合いそうだからちらっと観とこう、途中で帰ろうという程度で観てみたがこれはすさまじかった!音と完全にシンクロしたバックの凍てつくような映像、シルエットしか見えないメンバー、青白い光。ヒンヤリというよりもヒリヒリした空気感に包まれていました

esbenandthewitch

・メンバー全員でドラム(といってもフロアタムとシンバルのみ)ぶっ叩きや、すさまじいギターノイズ、ギターをドラムスティックで叩くなど見どころたくさん。まさにライブバンド!

・結局最後まで観てしまった、というよりも、気付いたら最後まで観ていたという感じ


この日のベストアクト:
Esben And The Witch


ということで、次回はサマソニ2日目の日記を書きます!



*1・・・クロスビート2011年7月号掲載のこの写真
oddfuturewolfgangkillthemall


*2・・・Thomas Pridgen。この映像で白い歯むきだしてドラム叩いてる人ですね。名門バークリー音楽大学出身でジャズドラムをやっていたバカテク千手観音ドラマー。手が見えない!


関連記事
スポンサーサイト
次のページ
日記:サマーソニック2011東京 Pt.3 8/14編
新着
[PLAYLIST]90年代的ドライブ・ミュージック
新譜リリース情報(2017年9月)
Albums of the Month (2017年8月)
日記:フジロックフェスティバル2017
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60
2017年上半期ベスト・アルバム/ソング
新譜リリース情報(2017年7月)
Albums of the Month (2017年6月)
タグ
summersonic   サマソニ   セットリスト   2011   感想   レポート   セトリ  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ