今週の10曲

今週の10曲(2011/9/11付)

今週よく聴いていた曲や初聴きした曲を紹介します。全体的に爽やか系のインディーギタポなどが多くなりました。



Toro Y Moi - "All Alone"
9月13日リリースの「Freaking Out EP」のリードトラック。サウンドがまたまた変化。ディスコティックなファンク路線をさらに押し進めてビートも強化され、グリッター感が増大。プリンスなども思わせます。




Bombay Bicycle Club - "Your Eyes"
ロンドン出身4人組のサードアルバム。UKチャートでは初登場6位をマーク。先行曲「Shuffle」は軽快なピアノが印象的な名曲でしたが、他の曲もどこかノスタルジックなポップサウンドが満載です。




Oupa - "Forget"
9月15日に来日公演を行うYuckのダニエル君による新ユニット。Yuckよりもよりシンプルで内省的なサウンド。同時進行で活動していくんでしょうか。




The Generationals - "Ten-Twenty-Ten"
ニューオーリンズ出身のデュオによるセカンドフルアルバムより。ギターポップをベースに、ビートルズ、ソフトロックやエレクトロニカ、オーケストラルポップ的要素も導入し、軽快なサウンドを聞かせてくれます。




French Films - "Lift Me Up"
北欧フィンランドから、こんなに爽やかなサーフサウンドを聞かせてくれる5人組バンドが登場。デビューアルバム「Imaginary Future」は9月21日に日本盤もリリースされます。The Drums好きにもオススメです。




Gold-Bears - "All Those Years"
ポスト・ペインズなどとも称され、実際に彼らと同じく「Slumberland」からデビューアルバムをリリースするアトランタ出身の4人組。こちらもペインズ同様、爽やかな疾走ギターポップ!




The Kooks - "Junk Of The Heart (Happy)"
リリースされたばかりの3rdアルバムより、表題曲でありシングル曲。アルバム未聴ですが、キーボードの音なども加わり進化が見られるアルバムのようです。




Surfer Blood - "Miranda"
Weezer風メロディに、夏っぽさを全開にした雰囲気のインディロックバンド。昨年のデビュー盤に次いで10月25日にニューEP「Tarot Classics」リリース。前作で気になっていた、「過剰なリヴァーヴ」は今回は抑えられているようです。




Two Wounded Birds - "Together Forever (Live)"
The Drumsが惚れこみ、自ら立ち上げたレーベルの第一弾アーティストとしてプッシュ。ラモーンズとビーチボーイズをミックスしたような爽やかでオールディーズ風なメロディを持ったパンクです。新曲となるこの曲が最近ライブで披露され、デビューフルアルバムへの期待も高まります。




Air France - "Beach Party"
「Sincerely Yours」レーベルから2006年と2008年にEPをリリースしているスウェーデンのエレポップ・デュオ。まだアルバムは出ていないんですね。夏を感じさせるトロピカルでアンビエント感も強いエレクトロ・サウンドはCEOなんかも彷彿とさせます。






実は過去作もしっかり聴いたことなかったり…

関連記事
スポンサーサイト
次のページ
The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.6【80's】
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
Oupa   Generationals   Gold-Bears   French Films   Kooks  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ