季節アルバム

冬に聴きたいアルバム10選

もう3月になってしまいましたが、今さらながら「冬に聴きたいアルバム10選」をやりたいと思います。この企画は年に4回、春夏秋冬ごとにやろうと思ってるので…。去年の年末には「クリスマスに聴きたい10曲」ということで、番外編的にクリスマスに特化した曲特集もやりましたが、今回は以前の「夏に聴きたいアルバム10選」、「秋に聴きたいアルバム10選」に続く第3弾です。アルバム全体を通して冬っぽさ出てるなーと思う作品ばかりを集めてみました。


postal_service_winter
※冬のイメージ



The Postal Service / Give Up (2003)
postalservice_giveup

"Nothing Better" by The Postal Service


上に貼った「冬のイメージ画像」はこのアルバム収録の「We Will Become Silhouettes」のシングルジャケットなんですが、そのせいかよくわからないけどこのアルバムは冬っぽさを感じます。それもただ「寒い」というだけじゃなくて、寒い中にもほっこりと温かいものを感じてるっていうイメージです。




Badly Drawn Boy / About A Boy OST (2002)
aboutaboy

"Donna And Blitzen" by Badly Drawn Boy


こちらはイギリスのSSW、Badly Drawn BoyことDamon Goughによる、映画「About A Boy」の全編書き下ろしサントラ。この映画はちょっとクリスマスに関係してる、といってもヒュー・グラント演じる主人公が、父親のクリスマスソングの印税生活をしてるというくらいですが、アルバム全体として冬の澄んだ空気のロンドンの街並みを思い描かせてくれます。




The Delgados / Hate (2002)
The delgados - Hate-2002

"Coming In From The Cold" by The Delgados


さすがグラスゴーのバンドらしく、冬っぽさ出てます。が、こちらもどこか牧歌的でほっこり心温まるサウンド。男女混声、壮大なオーケストラ、ほどよい打ち込み、そしてプロデュースはデイヴ・フリッドマン。完璧です。




Travis / The Man Who (2000)
Travis The Man Who

"Writing To Reach You" by Travis


このアルバムは、ジャケットからして寒いです。真冬のグラスゴー。雪解けの水を感じさせる「Driftwood」や、イギリス人が好きな曲投票では必ず上位に入る「Why Does It Always Rain On Me?」など名曲揃い。




Pet Shop Boys / Release (2002)
psb_release

"Home And Dry" by Pet Shop Boys


このアルバムは彼らのアルバムの中でもアコースティック度が高め。そしてジョニー・マー(ex.The Smiths)がギターで参加してます。元々美メロに定評がある彼らだけに、アコースティック×哀愁エレポップの組み合わせは大成功だと思います。




A-ha / Foot of The Mountain (2009)
A-ha / Foot of The Mountain

"Nothing Is Keeping You Here" by A-ha


「Take On Me」で有名な、あのA-haです。一発屋なんてとんでもない。彼らのこのラストアルバムは、少年のようなピュアなエモーションが詰め込まれた珠玉の名曲だらけです。彼らはノルウェー出身ですが、なぜ北欧出身アーティストはこういう哀愁美メロが得意なのでしょうか、不思議です。




Belle & Sebastian / Tigermilk (1999)
Belle & Sebastian / Tigarmilk

"My Wandering Days Are Over" by Belle & Sebastian


やはりベルセバは冬に合います。こちらは初期のファンの間でも特に人気が高いアルバム。この曲のようにトランペットの音とかあると、すごく冬っぽい雰囲気が出ると思います。その他の曲も生楽器の温もりある音とスチュワートの歌声がマッチして、冬に聴くと心温まります。




Sigur Rós / ( ) (2002)
Sigur Ros / ( )

"Untitled 1" by Sigur Rós


「冬に聴きたい」といえば彼らは外せないでしょう。アイスランドが世界に誇る孤高のバンド。寒い季節に寒い音楽を聴くの?と思うかもしれませんが、息を飲むほどの美しいサウンドは寒さをも忘れさせてくれます。




Mew / Frengers (2003)
Mew / Frengers

"Comforting Sounds" by Mew


「Snow Brigade」なんて曲もあるし、クリスマスソングも入ってるので全体的に冬なイメージ。スウェーデンのシンガー、スティーナ・ノルデンスタム嬢が参加した曲もあり。「Comforting Sounds」はしんしんと降りつもる雪をイメージさせるギターと、雪景色が目の前に浮かぶような壮大なストリングスが魅力。




Mazzy Star / Among My Swan (1996)
Mazzy Star / Among My Swan

"Flowers In December" by Mazzy Star


つい先日再結成を発表した、歌姫ホープ・サンドヴァル率いるサイケデリック・バンド。ホープ嬢は当時も今も変わらない美貌の持ち主(が、めちゃくちゃ性格悪いらしいです)。このアルバム全体が覆うほの暗いムードは、冬に家で塞ぎ込むにはぴったり。こういう舌っ足らずな女性ウィスパーボイスが大好きなのです。









関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
Internet Forever - Internet Forever(2012/4/2Release)
新着
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60
2017年上半期ベスト・アルバム/ソング
新譜リリース情報(2017年7月)
Albums of the Month (2017年6月)
ブログ7周年特別企画:2010年の幻のボツ記事
新譜リリース情報(2017年6月)
Albums of the Month (2017年5月)
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第四回:2012-2016 転換期〉
タグ
冬に聴きたいアルバム   Postal Service   Mew   Sigur Ros  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ