年間/半期ベスト[2012年]

2012年上半期ベストアルバムBEST20(ただし今年リリース作品を除く)

7月になって、上半期ベストアルバム発表のシーズンですね。というわけで、当ブログでも上位20作品を発表したいと思います!

ただし、今年リリースの作品は除きます(ズコーッ)。

すいません、それはまた今度ということで(※ただいま選考中:汗)、今回は昨年までにリリースされた旧譜の中で、2012年の上半期に自分が初めて聴いたアルバムの中から選びました。ちなみに、上半期リリース作品よりもこっちの方が全体的によくない?とか思っています。



まずは20位から6位です。各アルバムの中で一番お気に入りの曲をYouTubeのリンク付きで紹介してますのでぜひ聴いてみてください。
※カッコ内はオリジナルリリース年


No.20 Thomas Tantrum / Mad By Moonlight (2011)
thomas_tantrum
キュートでパンキッシュな女子ボーカルが魅力。
【YouTubeで聴く】Thomas Tantrum - "Sleep"


No.19 Air France / No Way Down (2008)
air_france
スウェーデンのバレアリック・エレクトロ・デュオ。フルアルバムをリリースすることなく2012年に惜しまれつつ解散。こちらは2枚のEPのコンパイル盤です。
【YouTubeで聴く】Air France - "Collapsing at Your Doorstep"


No.18 Young Statues / Young Statues (2011)
young_statues
キラキラギタポ+エモーショナルなボーカル。初期のデスキャブ好きは必聴だと思います。
【YouTubeで聴く】Young Statues - "Spacism"


No.17 Mumm-Ra / These Things Move In Threes (2007)
mumm_ra
2008年に解散。映画「(500)日のサマー」でこの曲が起用されました。
【YouTubeで聴く】Mumm-ra - "She's Got You High"


No.16 Freelance Whales / Weathervanes (2010)
freelance_whales
フォーキーなThe Postal Serviceといった雰囲気。今年リリースされるらしいセカンドも期待。
【YouTubeで聴く】Freelance Whales - "Starring"


No.15 Strawberry Switchblade / Strawberry Switchblade (1985)
strawberry_switchblade
グラスゴー出身の女子二人組エレポップユニット。水玉ブームやゴスロリファッションの先駆的存在とも言われています。この曲はフリッパーズギターの元ネタにもなっています。
【YouTubeで聴く】Strawberry Switchblade - "Trees And Flowers"


No.14 Sharon Van Etten / Epic (2010)
sharon_van_etten
アメリカの女性インディーフォークシンガー2作目。2012年リリースの新作も各メディアから高評価でした。
【YouTubeで聴く】Sharon Van Etten - "Love More"


No.13 The Forest & The Trees / The Forest & The Trees (2010)
forest_trees
スウェーデンの夫婦ユニット。激甘ギタポです。
【YouTubeで聴く】The Forest & The Trees - "Escape"


No.12 Casino / Sainte Rose EP (2011)
casino_saint_rose
カナダ出身、壮大なスタジアムロックを鳴らす4人組のデビューEP。たぶん今後もっとビッグになると思います。The Killers好き必聴。
【YouTubeで聴く】Casino - "Funeral"


No.11 The Darcys / The Darcys (2011)
the_darcys
カナダの良レーベルArts & Crafts所属。この作品がフリーだなんて…。
【YouTubeで聴く】The Darcys - "Don't Bleed Me"


No.10 Kanye West / 808s & Heartbreak (2008)
kanye_west
エモーショナルでメランコリック。内省的な歌詞と美しいメロディーでヒップホップの価値観をひっくり返した作品。
【YouTubeで聴く】Kanye West - "Robocop"


No.9 Azure Blue / Rule of Thirds (2011)
azure_blue
スウェーデン出身のソロユニットによる、ネオアコ/チルウェイヴライクなエレポップ。キラキラ感とNew Orderばりの哀愁メロディーが素晴らしい。
【YouTubeで聴く】Azure Blue - "The Catcher In The Rye"


No.8 Mint Julep / Save Your Season (2011)
mint_julep
夫婦エレクトロ・シューゲイズユニットのセカンド。こちらも美メロトラックが盛りだくさん。
【YouTubeで聴く】Mint Julep - "Days Gone By"


No.7 Dev / The Night The Sun Came Up (2011)
dev
Far East Movement「Like A G6」でもフィーチャーされた、アメリカの女性ポップシンガーのデビューアルバム。ぶっといベースが鳴り響くエレクトロから美メロなエレポップ、ロック、アコースティックナンバーまで幅広い。
【YouTubeで聴く】DEV - "Dancing Shoes"


No.6 Death Cab For Cutie / Plans (2005)
dcfc_plans
USインディーの雄、デスキャブのメジャー1作目。
【YouTubeで聴く】Death Cab For Cutie - "Soul Meets Body"


続いて5位から1位までは、YouTube貼り付けます。


No.5 Beach House / Beach House (2006)
beach_house_st
2012年の上半期において最も高い評価を得たアルバムのひとつ「Bloom」、そんな彼らの記念すべきデビューアルバム。これを聴くと彼らが当時から全くブレることなく進化してきたということがよくわかります。

Beach House - "Saltwater"




No.4 Selena Gomez & The Scene / When The Sun Goes Down (2011)
selena_gomez
全曲シングルカット可能なほどに、キャッチーないい曲が集まったアルバム。ディズニーアイドルはちょっと…という人にこそ聴いてほしいです。
※動画の中にある対訳の字体に引かないように!(笑)

Selena Gomez - "My Dilemma"




No.3 Stars / Set Yourself On Fire (2004)
stars_set
カナダ出身の5人組による3枚目のアルバム。Arts & Craftsからのリリース。9月に出る新譜も楽しみです。

Stars - "Ageless Beauty"




No.2 Death Cab For Cutie / Transatlanticism (2003)
dcfc_transatlanticism
歌、演奏ともにエモーショナルでありつつ、繊細さがにじみ出ています。

Death Cab For Cutie - "Expo '86"




No.1 Lacrosse / This New Year Will Be For You And Me (2007)
lacrosse
スウェーデンの男女6人組ギターポップバンド。愛らしくもほんのりせつないメロディー、キュートな男女ユニゾンボーカル、そしてホーンやグロッケン、バンジョーなど多彩な音がとにかく最高、の一言。

Lacrosse - "No More Lovesongs"







関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
IRJ(いんでぃー・ろっく・じょし)48 【リクエスト編】
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
2012   上半期   ベストアルバム  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ