Primavera Sound

ライブレポート:Primavera Sound 2013 [DAY3&後夜祭]

Primavera Sound 2013、前夜祭1日目(5月23日)そして2日目(5月24日)に続き、ラストとなる今回は3日目(5月25日)と後夜祭を合わせたレポートです。

▼5/25 観たアクト
Adam Green & Binki Shapiro
Apparat (plays "Krieg und Frieden")
Dexys
Wu-Tang Clan
Dan Deacon
Nick Cave & The Bad Seeds
Liars
My Bloody Valentine
Hot Chip


▼5/26 観たアクト
The Orchids
Julie Doiron



▼この日はAdam Green & Binki Shapiroから。僕も最近知ったのですが、Adam GreenはあのThe Moldy Peachesの人だったんですね。手をブラブラさせたり、ヘナヘナとジャンプしたり、足を八の字にしたりというヘンテコな挙動はPULPのジャーヴィス・コッカーを彷彿させました。Binki嬢もクールで美しかったです。
CAM00150.jpg

P5260002.jpg

▼2日目のDaniel Johnstonと同じく、大きなホール内のAuditori RockdeluxステージにてApparat。今年リリースされたアルバム「Krieg und Frieden」の再現ライブでした。この時間帯は元々Rodriguez(映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」の人)を観る予定だったけど直前にキャンセルになり、同時間帯のThe Sea And CakeとMelody's Echo ChamberとCayucasとApparatのどれにしようかなーと思ってたのですが、この選択は大正解。全日通してのベストアクトでした。Daniel Johnston以上にオーディエンスが集まり、なんと2階席からの観覧。
CAM00153.jpg

▼途中から1階席に移動。暗くて判りにくいですが、左端でApparatが曲によってギター、キーボード、フロアタムを操りつつ歌い、その隣にストリングス奏者2名、中央に3、4台のキーボードを操る電子音担当、そして右端には投影機を使ってのアート・インスタレーション担当が2名。これが実にユニークで、ガラス板の上に砂をまいたり、それを掃いたり、リボンを風で吹き流したりしながら下から光をあててその影をバックスクリーンに映し出すというアート・パフォーマンスで、すごーーくよかったです。
CAM00159.jpg

▼昨日はDaughterでもJames Blakeでもガヤガヤ騒がしかったのに、Apparatのライブはオーディエンス全員がその美しいサウンドと映像に見惚れるように押し黙っていました。ホールだからというのもあるかもしれないけど…。終演後、場内が明るくなってステージ上に並ぶメンバーを、満場のスタンディング・オベーションと拍手喝采が迎えました。
P5260021.jpg

P5260020.jpg

▼そのまま同じ会場でDexys。ピンと来ない人のために説明すると、1983年の全米NO.1ヒット「Come On Eileen」のDexys Midnight RunnersがDexysに改名したものです。
P5260030.jpg

▼寸劇交じりのライブで、ミュージカルを観ているようで楽しかったです。ちなみに「Come On Eileen」は最近のライブではもうやらないらしく、昔のヒット曲には頼らないというケヴィン・ローランドの心意気を感じます。
P5260031.jpg

▼Primaveraステージに移動してWu-Tang Clan。オーディエンスは多かったし、みんな血気盛んな感じで大興奮。ちょっと身の危険を感じました。ちなみに残念ながら、どれが誰だかわかりません。
P1000901.jpg

P5260034.jpg

Dan Deacon。これはこの日2番目によかったアクト。ハゲデブメガネで思いっきりナードな風貌のおっさん(Dan Deacon)がクレイジーな電子音をまき散らしながら終始ハイテンションでオーディエンスを煽りまくり、さらにそこに高速ビートのツインドラムが絡むという凄まじいライブでした。
CAM00189.jpg

P5260044.jpg

P5260047.jpg

▼ダンはオーディエンスに「前後の人で手を合わせてトンネルを作れ!そしてそこをくぐり抜けろ!」とムチャぶり。この写真はそれをやっているところ。合わせた手の下を人がたくさんくぐってます(笑)。
CAM00184.jpg

Nick Cave & The Bad Seeds。パンキッシュなロックンロール・ナンバーと厳かなバラードを織り交ぜつつ、もの凄い気迫を感じさせるパフォーマンス。客席に飛び込み、最前列の女性と絡み、「Suck my dick!!!」とか絶叫してバンドメンバーをドン引きさせたりと面白かったです。
P5260060.jpg


ところで、ニック・ケイヴ終演後に人ごみの中を歩いていたら、何かを「ゴリッ」と踏みつけた感触。下を見てみると完全にトリップしてうずくまってる女の子の手でした。しかも全くの無反応。これは怖いなと思いました。「ダメ、ゼッタイ!!」ですよ。あとトイレの前で男が3人くらいケンカして地面転がってるのも目撃したんですが、ツイストドーナツかってくらいに絡み合ってて面白かったですね。周りの人は止めることなく写真撮ってました。

Liars。ライブを観るのは初めてだし、そもそも曲をあまりよく知らないのだけど、思ったよりポップでめちゃくちゃダンサブルで良かったです。もっと不協和音とか使ったアヴァンギャルド・ポストパンクなイメージありました。あとなぜかボーカルの人、ずっと前傾姿勢でした。腰痛めてるのかなあ…。
P5260072.jpg

▼3日目のヘッドライナー、My Bloody Valentine。全体的にボーカルのボリューム小さすぎました。いやマイブラってそういうもんなんだろうけど、知らない人が聴いたらインストバンドかと思うくらいに「かすかに聞こえる」ではなく「全く聞こえない」レベル。
CAM00216.jpg

▼セットリストは先日の来日公演とそこまで変わらずでした。新作からは「Only Tomorrow」と相変わらずの「New You」のみで、最近のセットには組まれていた「Wonder 2」を聴けなかったのはかなり残念。おまけにラスト「You Made Me Realise」のノイズ・ビットもたったの5分で終了。物足りな過ぎな内容でした。裏のクリキャス観ればよかった…。というわけで、全日通してのワースト・アクトはまさかのマイブラに決定(笑)!
P5260074.jpg

▼ケヴィン・シールズ。
P5260075.jpg

▼ビリンダ、コルム、デビーの3人。ビリンダはこの日も凛とした美しさがありました。
P5260079.jpg

▼この日のシメはHot Chip。時間は既に4時だけどフェスも終わりを迎えてますますオーディエンスの酔っ払い度もピークに!ギュウギュウ状態にもかかわらず騒ぐ騒ぐ。写真を何回撮っても必ずお祭り騒ぎ中の人にぶつかられるので30回くらい撮り直しました。数少ない「比較的ブレの少ない写真」です。
P5260082.jpg

▼Hot Chipの上に浮かぶ満月。
P1000939_20130609013511.jpg

▼これにてPrimavera Sound 2013終了。またいつか行きたいです。
P1000896.jpg



ここからは、フェス終了後の5月26日にバルセロナ市内の複数のライブハウスで行われた後夜祭です。

▼フェス会場からは7kmほど離れたBARTSというライブハウス(3階席まである)で開催。フェスのリストバンドを付けていれば無料で入れます。ほど近い別の会場ではAllah-LasやMerchandise、Deerhunterなども出演。
P1000986.jpg

▼サラ・レーベルのThe Orchids。もうみんないい年のおじちゃん達だけど、胸を締め付けるような甘酸っぱいメロディーのギターポップは色褪せない輝きを帯びていました。
CAM00246.jpg

▼続いてのJulie Doiron。妊娠中で、かなりお腹が大きくなっていたのでギターは弾きづらそうだったけど、ドリーミーなフォーク・ポップはとても気持ちが良かったです。
CAM00251.jpg

CAM00254.jpg


これにてライブレポートは終了です。近いうちに、今回のフェスに出演していたり、滞在中にテレビで知ったスペインのアーティストを紹介する記事や、今後Primavera Soundで海外フェスデビューを考えている人のためのチケットの取り方、飛行機やホテル、交通事情などまとめた記事も書ければなあと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
Jimmy Eat Worldのマイ・フェイバリット・ソングBEST20
新着
新譜リリース情報(2017年11月)
Albums of the Month (2017年10月)
新譜リリース情報(2017年10月)
Albums of the Month (2017年9月)
[PLAYLIST]90年代的ドライブ・ミュージック
新譜リリース情報(2017年9月)
Albums of the Month (2017年8月)
日記:フジロックフェスティバル2017
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
タグ
Primavera Sound   プリマヴェーラサウンド   2013   レポート  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ