フリートーク

Buena música española:スペインのインディー・ポップ/ロック特集

P5260095.jpg

先日、バルセロナで開催されたプリマヴェーラ・サウンド(Primavera Sound)2013に行ってきたわけですが、フェス前に出演アーティストをチェックしていて、地元スペイン出身の出演アーティストで気になるものが結構ありました。結局フェスでは他のメンツが豪華すぎて、これらの地元アーティストを観れなかったのですが、英米のアーティストのように日本にあまり情報は入ってはこないもののそのクオリティはかなり高く、英米のインディー・ポップ/ロックと比べても決して引けをとるものではありません。個人的に、今までスペイン出身って言うとロシアン・レッド(Russian Red)とデロレアン(Delorean)くらいしか思い浮かばなかったですけどね。今回はプリマヴェーラ・サウンド2013出演アーティストの中でも、特に気に入った5組を紹介したいと思います。

あと、滞在中にホテルで観たスペイン版MTVのようなチャンネルでやっていたチャート番組はポップ・チャートとラテン系チャートに分かれていたのですが、ポップ・チャートの方はほとんどがロック系で、EDMみたいなのは全然なかったです。なので、スペインは意外とロック系が強い国だなーという印象を受けました。そんな中で、現地音楽番組でめちゃくちゃヘビロテされていたアーティストも1組、最後にオマケで紹介します。それではプリマヴェーラ2013出演組からいってみましょう。


Wilhelm & The Dancing Animals
Wilhelm-3.jpg

スペインのLos Campesinos!もしくはVampire Weekend!?ポップでキャッチー、そしてパンキッシュな男女混声6人組バンド。特に女性ボーカルが超絶キュート。Tilly And The Wall、I'm From Barcelona、Lacrosse辺りが好きな人にもオススメできそう。2012年のデビューアルバム「The War of The Species」は今年の4月にFastcutから国内盤がリリースされているので、日本でもちょっと知られているかも。

Wilhelm & The Dancing Animals - "Finisterre"




Fastcut Records - Wilhelm & The Dancing Animals
ブログ「prismism」でも彼らについて紹介されています。


[こぼれ話]
実はプリマヴェーラ2日目、メトロに乗って会場に向かう途中で突然とある男性に話し掛けられました。リストバンドを付けているから、プリマヴェーラに向かう人だってすぐわかるんですね。もの凄くフレンドリーな人で、どこから来たの?とか今日は何観るの?と英語で話しかけられて、今日はダニエル・ジョンストンを観るよ、と拙い英語で返すと、「それは優先入場のチケット買わないと入れないかもよ?彼はとても人気があるから」と彼。チケットが別途必要なのは知っていたので、「どこでどうやって買うのかよくわからないんです~」みたいな話をしたら、会場に着いたら教えるから一緒に行こう!みたいな流れに。それで車内でしばらく彼の話を聞いてみると、「僕の弟がフェスに出演するんだけど、もう演奏時間始まっちゃってるんだよ、寝坊しちゃったんだ」とのこと。それで、弟さんはどのバンドの人?と聞くと、このWilhelm & The Dancing Animalsだったのです。

デヴィッドさんと名乗るこの男性とともに、会場に着いてダニエル・ジョンストンの入場列に並びました。その間、フレンドリーなデヴィッドさんは列に並んでる人に次々と話しかけてすぐに友達になったり、係員と一緒に誘導を始めたりととにかく陽気。しかし、彼がちょっとどこかに行っている間に列が進んでしまい、そのまま別れてしまったのです。彼のお陰で僕は無事ダニエル・ジョンストンを観ることができました。この場を借りて、Wilhelm & The Dancing Animalsのメンバーの兄であるデヴィッドさん、本当にありがとう!

On second day of Primavera Sound, I was spoken to by a man
in metro on their way to the venue. He is very friendly and
helpful, and We talked about some kind of artists in English.
He said "My brother have got to appear in Primavera Sound,
but performance has already begun. I overslept". Then I asked
him what the name of band which your brother belong. He said
that it's Wilhelm & The Dancing Animals.

I didn't know the details of special ticket for watching Daniel
Johnston, So he taught me a lot about the ticket. He guided me
and gave in line with me even after I arrived at the venue.

However, the line is advanced when he was going somewhere
for a moment, I had parted with him. Thanks to him, I was able
to watch Daniel Johnston. Mr David, who is a brother of the
members of Wilhelm & The Dancing Animals, I really appreciate it!




Fred I Son
fred-i-son.jpeg

Sarahレーベル辺りからリリースされてそうなネオアコ/ギタポ系サウンドを奏でる、男3+女1の4人組。アルバムはこれまでに2010年と2012年の2枚リリース済み。スペイン語で歌ってるけど、それによって異国情緒風情がすごく出ているのが逆に良い感じになっていて、どちらかというとグラスゴーとかスコットランド系ギタポというよりもフレンチポップやスウェディッシュポップ系の雰囲気があります。以下の曲「Plens de Vida」はセルジュ・ゲンズブールみたいなボソボソした低音ボーカルと、女性のパラッパコーラスの組み合わせも素敵です。2009年に発表した初期デモ曲集「En Pijama (Early Takes)」は以下のSoundcloudからフリーDL可。

Fred I Son - "Plens de Vida"




Fred I Sonオフィシャルサイト



The Free Fall Band
The+Free+Fall+Band.jpg

ウクレレやサックス、オーボエなどをフィーチャーした4人組バンド。カントリーやフォークをベースにしながらも、The Beach Boysから影響を受けたようなコーラスも心地よい、良質なインディー・チェンバー・ポップ。2012年にリリースされたデビューアルバム「Elephants Never Forget」が彼らのBandcamp上で全曲試聴できます。

The Free Fall Band - "Zombies'"


The Free Fall Band - "Simple Man (セッション動画)"






Aliment
Aliment.jpeg

演奏はやんちゃでパンキッシュ、だけどメロディーがめちゃくちゃキャッチーな3人組バンド。アップテンポでギターがチャカチャカした感じは初期のCloud Nothingsを彷彿させます。シンガロングできそうな強力なフックがある辺りはThe VaccinesやJapandroidsが好きな人にもオススメ。2010年発表の8曲入りデモ曲集は彼らのBandcampからフリーDL可能、2012年11月リリースのデビューアルバム「Holy Slap」もBandcampから全曲試聴できます。

Aliment - "Seein' Black"






Bella Darling
bella_darling.jpg

2013年の5月にデビューEP「Man In Sea EP」をリリースしたばかりの、女性ボーカルを擁する3人組。一応Primavera Soundのサイト上だとスペインのバンドとなっているけど、公式バイオにはLA出身と書いてあったり…。途中で活動拠点を移したのかもしれません。ガレージやブルース、フォークがベースにあると推測できるそのサウンドにストリングスやピアノ、トロンボーンなどがフィーチャーされ、そこに憂いのあるメロディーが見事にマッチ。facebookやBandcampを見ると参加ミュージシャンとしてStella Mozgawa(Warpaintのドラマー)の名前も。これから確実に話題になると思います。

Bella Darling - "Billy The Kid"





以上がPrimavera Sound 2013に出演したスペインのアーティストの中からピックアップした激オシの5組。最後に、Primavera Soundには出演していないけど、現地の音楽番組で単独特集が組まれたりチャート番組で1位だったりするほど大人気な様子のアーティスト、Nena Daconteを紹介。


Nena Daconte
Nena-daconte1.jpg

Nena-Daconte.jpg

現在は女性シンガーソングライターMai Menesesのソロユニットで、サウンドはアコースティック寄りなチェンバーポップ。2005年のデビュー以来、これまでに4枚のアルバムをリリース。当初はギタリストのKim Fanloとのデュオで、パワーポップ色が強いサウンドを展開していたのですが、2010年に彼が脱退してから徐々に音楽性が変化。スペインでは国民的と言えるくらいに人気があるみたいで、これまでにいくつものスペインの音楽賞を受賞しています。以下の曲は2008年リリースのアルバム「Retales De Carnaval」のリード曲。Weezerっぽくてめちゃくちゃポップです。スペイン語の巻き舌交じりのキュートな女性ボーカルがとても魅力的です。

Nena Daconte - "Tenia Tanto Que Darte"


こちらは2010年作「Una Mosca En El Cristal」からのリード曲。ミュージックビデオが謎の日本語だらけ。

Nena Daconte - "No Te Invité A Dormir"





関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
The 20 Best Songs of 2013 So Far:上半期ベストトラック[20位-11位]
新着
[PLAYLIST]90年代的ドライブ・ミュージック
新譜リリース情報(2017年9月)
Albums of the Month (2017年8月)
日記:フジロックフェスティバル2017
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60
2017年上半期ベスト・アルバム/ソング
新譜リリース情報(2017年7月)
Albums of the Month (2017年6月)
タグ
Wilhelm The Dancing Animals   Aliment   Bella Darling  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ