ライブレポート

ライブレポート:Atari Teenage Riot@代官山UNIT

atr2014-1.jpg

4月10日に代官山UNITにて行われたAtari Teenage Riotの来日公演に行ってきました。リリースされたばかりの新作「Reset」は、(まだ入手していませんが試聴した限りでは)これまでの彼らを象徴していた高速ビートはやや抑えられ、代わりにニック・エンドウによる「うた」とメロディ、タメの効いたマッシヴなビート、そして静と動のコントラストが際立ったサウンドという印象を受けたのですが、ライブでは新曲と過去の楽曲をどのように織り交ぜてパフォーマンスするのか楽しみでもありました。ソールドアウトとなったこの日の公演は動画の撮影が許可され、それを編集して後日オフィシャルビデオとして公開するとのこと。それでは以下ライブレポートです。



キックの重低音が延々と続くダークなインダストリアル・テクノが場内SEとして流れる中、定刻を10分ほど過ぎたところでまずはアレック・エンパイアがステージに登場。オーディエンスを例のシャウトでアジテイトしたのち、ニック・エンドウと新メンバーのラウディ・スーパースターもステージに現れ、新作のタイトルトラック「Reset」からスタート。セットリストは全体的に「Reset」と前作「Is This Hyperreal?」という、2010年の復活後の二作品を中心に組まれ、その他は「Speed」「No Remorse」「Revolution Action」「Atari Teenage Riot」など90年代の第一期ATRの代表曲を随所に配置。

驚きだったのは(ATRの中では)ミディアムテンポな「Reset」の次が「Destroy 2000 Years of Culture」と、これまたミディアムテンポ続きだったこと。かつてのATRなら序盤からフルスロットルで高速ガバ・ビートを繰り出すところだけど、これには何かしらの狙いがあるのだろうか。新作の楽曲におけるビートは比較的ヒップホップ的なものが多かったので、最近のそんなモードを反映しているのかもしれない。

これまでのATRのライブといえば、少なくとも僕が観たもの──復活後の日本初公演となる2010年の恵比寿LIQUIDROOMと、2011年のフジロック──は、パフォーマンスもオーディエンスも序盤からいきなりメーター振り切っちゃうくらいのテンションだった。前者は後追い世代も含めて復活後の期待感パンパンの状態でめちゃくちゃ盛り上がったし、後者は僕にとって生涯ベストライブのTOP5に入るくらい圧倒的で凄まじいライブだった(その様子はYouTubeでも観ることができます)。

Atari Teenage Riot - Live at Fuji Rock Festival 2011



でも今回のライブは明らかにそれらとは雰囲気というかテンションが異なっていて、分厚くて重いビートで徐々にテンションを上げていく感じだった。ただ、キャパ550人の代官山UNITでソールドアウトということで、動けるスペースがなくてかなりキツかった。初めのうちは中ほどにいたのだけど、一度ドリンクで購入で抜けたあと同じ場所には戻れないほどギュウギュウだったので、仕方なく後方の数段高いところで観ることに。例の柱が邪魔でイマイチ視界は悪かったけど、前方の中心部ではかなり激しいモッシュが起こっていたし、さすがにあの辺へは行けないなあと。

恒例のフラッグも3本ほど掲げられていたし、新メンバーのラウディ・スーパースターもカール・クラックやCXキッドトロニックにヒケを取らないほどにアグレッシヴ。以前は終盤のハイライトだった「Revolution Action」は本編のラストから4曲目に配置され、代わりに前作のリードシングル「Activate」を締めくくっていた。復活後もこうして新たなライブ・アンセムを生み出しているのはすごいことだと思う。

atr2014-3.jpg


新作の曲は、試聴したときはビートがちょっと軽いかな?とも思ったんだけど、ライブハウスのサウンドシステムで聴くと全くの別物。ビートがよりマッシヴに感じられてとてもかっこよかった。「Is This Hyperreal?」は90年代のATRサウンドを継承しつつ、新しい(10年代的という意味ではない。ATRはトレンドの音に影響されないことが重要なのだと思う)側面も見せた作品だった。でも「Reset」は完全に90年代ATRサウンドを捨て、新たな方向性に向かった作品だと思うし、タイトルからしてそんな意思が表されていると思う。正直、試聴した段階ではかつてのスピード感やテンション、攻撃性といった要素が薄れたように感じられ物足りなくもあったのだけど、ライブを観たら「これが現在のATRサウンド」として前向きに捉えられるようになった。とりあえず新作「Reset」、早く手に入れなくては。

Atari Teenage Riot - "Reset" (Japanese Language Lyrics Video)



■Atari Teenage Riot 2014/4/10 代官山UNIT setlist

Reset
Destroy 2000 Years of Culture
Blood In My Eyes
Speed
Black Flags
Transducer
Shadow Identity
J1M1
No Remorse
New Blood
Revolution Action
Atari Teenage Riot
Death Machine
Activate

-encore-
Crash
Modern Liars
Collapse of History
We Are From the Internet





関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
Pixiesのマイ・フェイバリット・ソングBEST20
新着
新譜リリース情報(2017年8月)
Albums of the Month (2017年7月)
2017年上半期旧譜ベスト・アルバムTOP60
2017年上半期ベスト・アルバム/ソング
新譜リリース情報(2017年7月)
Albums of the Month (2017年6月)
ブログ7周年特別企画:2010年の幻のボツ記事
新譜リリース情報(2017年6月)
Albums of the Month (2017年5月)
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第四回:2012-2016 転換期〉
タグ
Atari Teenage Riot   代官山UNIT   ライブレポート   2014  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ