初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.10

6月の後半から7月の前半にかけて、初めて聴いたアルバムのレビューです。

Dum Dum Girls / I Will Be
★★☆☆☆
女の子ローファイサーフガレージ。コーラスワークや脱力加減がすばらしいけど、名曲は数曲あるものの、もっとメロディ重視して全曲バブルガムポップになっていればよかったと思う。


Au Revoir Simone / Still Night, Still Light
★★☆☆☆
女の子キーボード3人組。やさしく甘いボーカルややわらかいシンセ音は心地いいが、もう少し新鮮な音色とメロディアスさが欲しかったところ。


神聖かまってちゃん / 友達を殺してまで。
★★★★★
違和感のある声だが、メロディは練られていてピアノのフレーズもよい。日常の不満や抑圧された感情をうまく表現した詞も面白い。キワモノ的だがグッと引き込む力を持っていると思う。フルアルバムだったらよかった。


The Like / Release Me
★★☆☆☆
エッジの効いたクールなギターロックをやっていた有名ミュージシャンの2世女の子3人によるバンドが、華やかな60'sフレイヴァーたっぷりのガールズポップ4人組に変身。全編オルガンが効いていてモンド感がよい。


The Beach Boys / Sounds of Summer
★★★★☆
名曲たっぷりのベスト盤。コーラスワークやサウンドの妙にあらためて感服させられる。


Junior Senior / Say Hello, Wave Goodbye
★★☆☆☆
昨年の解散の際にEPとリミックスを合わせてリリースされた日本編集盤。明るくポップな曲だけでなく、ダークめなエレクトロダンスもあり。


Stars / The Five Ghosts
★★★★★
前作よりもよりメロディアスでエレクトロニックなサウンド。デスキャブやマイブラ系男女混声バンドが好きならド真ん中でしょう。


Midnight Juggernauts / Crystal Axis
★☆☆☆☆
前作のようなダンス要素、エレクトロな要素、サイケ感はどれも後退し、どれも中途半端で振りきれていない。前作が好きで、期待していただけに残念。


Wild Nothing / Gemini
★★★★☆
Pale Saints風なアノラックなジャングリーギターポップとM83風なシューゲイザーエレクトロを混ぜ合わせ、80年代を思わせるサウンドに加工した今注目のユニット。Pitchfolkはゲキ押し中。


Twin Sister / Color Your Life
★★★☆☆
ほんとに双子の姉妹ユニットなのか?はさておき、Beach House好きならたまらない、白昼夢の如きサイケデリア感のあるロマンティックなポップ。誰もいない夏の海岸が目に浮かぶようなサウンド。
関連記事
スポンサーサイト
次のページ
今週のHOTな10曲(7/4)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ