Fuji Rock & Summer Sonic

フジロック'15で観たい25のアクト

header2014-2015.jpg

今年のフジロックが終わって早くも2週間あまり、僕もようやくフジロック日記を書き終えたところでひと息つくと、やはり気になってくるのは来年のメンツ。何せすでに開催日程が発表されてますからね。

というわけで、個人的希望とリリースタイミングなどを考慮した現実的な観測に基づき、来年のフジロックでぜひとも観たいアーティストを、出演するステージや時間帯も込みで紹介したいと思います。



まずはグリーンステージのヘッドライナーから!

frf15.png

Foo Fighters / Coldplay / Prodigy

Foo Fightersは11月に8枚目のアルバム『Sonic Highways』をリリース予定。来年は世界中のロックフェスをヘッドライナーとして廻るはず。フジロックにはすでに3回出演していて、特に2005年はヘッドライナーだったので、来年フジに出るとすればヘッドライナー確定でしょう。

Coldplayは今年『Ghost Stories』をリリースしましたが、大規模なツアーは行いませんでした。というのもすでに次のアルバムの制作に取り掛かっていて、2015年にはリリース予定なのだそうです。なので、次作リリース段階でフェス含め大規模なワールドツアーを行うものと思われます。フジロックでは2011年にヘッドライナーを務めました。

Prodigyも2014年中に新作がリリースされるようです。どうやら「暴力的なサウンド(violent sound)」になっているらしく、ロックファンにもクラブミュージックファンにも強いファンベースを持つ彼らはフジロックのヘッドライナーにピッタリ。フジロックは98年、2002年にヘッドライナー経験済み。

正直、ダンス系ではDaft Punkにも来てほしいところですが、今のところフェスに出る気配はなし。また、Bruce Springsteenをグリーンステージで観ることができたら最高だと思うものの、来年だとちょっとタイミングを逃してしまっているのでナシかなーと思います。



■GREEN STAGE 準ヘッドライナー以下■
Pulp
Lily Allen
Ed Sheeran
Royal Blood


すでにJarvis Cockerはソロでグリーンステージに出演済だというのに、2011年に再結成したPulpはいつ…!?あの場所で大勢の人が「Common People」を大合唱しながら踊り狂う、そんな光景を観たいです。Pulpが出るとしたら、グリーンの準ヘッドライナーでいいでしょう。

Pulp - "Common People" (Glastonbury 1995)



Lily Allen、Ed Sheeran、Royal Bloodの3組は正直、今年出演すべきだったかなと思います。オファーは出したけど何らかの事情で断られたんじゃないかな。ならばぜひとも来年!ただ、SMASHの日高さんもタイミングは重視する人なので、Lily AllenとEd Sheeranに関しては来年はオファーしないかも。Royal Bloodは9月にデビューアルバムがリリースされる新人なので、来年のフェス出演の可能性は高いはず。出来れば昼間、グリーンステージ2番手くらいでアツいロックをブチかましてほしいです。

Royal Blood - "Figure It Out" (T in the Park 2014)




■WHITE STAGEヘッドライナー枠■
Portishead

フジロックにPortisheadを!と言い続けて15年以上経過…。フジどころか来日公演すらないのでなかなか難しいかもしれないけど、近いうちに新作も出るみたいだし、今年もいくつかのフェスに出演していたので、そろそろあってもいいのでは。出演するとしたら絶対ホワイトトリ、これ以外には考えられません。

Portishead - "Glory Box" (Glastonbury 2013)




■WHITE STAGE その他■
M83
The Knife
Caribou
Mazzy Star
Slint / Godspeed You! Black Emperor / Shellac / A Minor Forest



M83、アメリカではもうかなりメジャーな存在になってきてますね。以前フジには昼間のレッドマーキーで出演したことがあったけど、その頃とは比べ物にならないほどライブのスケール感が増してきています。日が沈んでからがベストなので、ホワイトのトリ前辺りが最高なのでは。また、ライブパフォーマンスが素晴らしいことでも定評のあるThe Knife、Caribouも同様の位置かな。Caribouはフジロック'12のベストアクト。

M83 - "Midnight City" (Melt! Festival 2012)



Caribou - "Sun" (live in Cologne 2010)



昨年復活したサイケデリック・フォークのMazzy Starは夕暮れ時が似合いそうです。そして毎年ポストロック/エモ/ハードコア系の出演が多いホワイトステージですが、昨年から今年にかけて再結成・再始動が続いているSlint / GY!BE / Shellac / A Minor Forest(どれか一つでも好きなら、多分全部好きでしょう)の4組が立て続けに出演したら、フジロック史上最も素晴らしい流れになるのでは。いや贅沢言いました。立て続けじゃなくてもいいんで、観たいです。



■RED MARQUEE■
FKA Twigs
Bat For Lashes
Oh Land
Kimbra
Birdy
Iceage
Esben and the Witch
Rustie


レッドは新人系が多いイメージもありますが、唯一の屋根付きステージということで密室感の似合うパンクバンドや神秘的なアーティスト(今年でいうとLordeやSt. VincentやJungle)との親和性が高いと思っています。FKA TwigsBat For Lashes、Oh Land、Kimbraといった、神秘性を持ちながら音響(音の鳴り方ひとつひとつ)に徹底的にこだわる才能豊かな女性シンガーたちは、薄暗くなってくる時間帯にレッドマーキーごと異世界へとぶっ飛ばすようなパフォーマンスを見せてほしいです。Birdyも、エモーショナルな歌声とピアノが場内に響き渡るのを想像するだけで鳥肌が立ちます。ただ彼女は昼間のグリーンステージでも映えそうだし、ヘブンとかでもオッケーな気も。

Oh Land - "Wolf & I " (Live Orchestral Version)



Birdy - "Without A Word" (Live)



Iceageは昼過ぎに爆音で盛り上げてほしいです。Esben and the WitchRusiteは深夜枠希望。いい感じのトリップ状態で観たいです。特にE&TWは2011年のサマソニ東京ではミッドナイトソニックで3時からの出演ながらその年のベストアクトにしたほど幽玄でパンキッシュなパフォーマンスをするので注目です。

Esben and the Witch - "No Dog" (Live @ Barfly, Camden, London 2013)




■クロージング枠■
Empire of The Sun

これはもう2011年のコーチェラでのパフォーマンスをストリーミングを観て以来、ずっと言い続けてますね。日本での知名度はまだまだだけど、クロージングとして出演することでイッキに知名度も広まるだろうし、絶対に誰でも楽しめるはず。彼らのライブといえば、Basement Jaxxも真っ青なほどに個性的な衣装のダンサーがめまぐるしく登場することで話題を集めています。そろそろ日本で観たい!単独は厳しそうなので、呼ぶならフェスしかないと思います。もしも発表されたら合言葉はそう、『カジキ』!!

Empire of the Sun (Coachella 2011 Full Set)

↑カジキ出てきます



この中からどれだけ現実のものとなるでしょうか?まだまだ第一弾発表まで半年以上あると思いますが、楽しみで楽しみで震えます!
関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
15 Most Memorable Moments of Fuji Rock (フジロックの「忘れられない瞬間」15選)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
フジロック   2015   予想   ヘッドライナー  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ