アーティスト別ベスト

神聖かまってちゃんのマイ・フェイバリット・ソングBEST20+α

original.jpg
imgcf24b609zikazj.jpeg
hqdefault.jpg

ひとつのアーティストの作品をじっくり振り返り、個人的ベストソングを考えながら再評価していこうという不定期企画。今回は当企画初の邦楽アーティスト、神聖かまってちゃんです。先日やったPUBLIC IMAGE REPUBLIC AWARDS 2014では最新作『英雄syndrome』が見事年間ワースト・アルバムに輝いた彼らですが、決して嫌いなわけではないんですよという罪滅ぼしの意も込めつつ…。いや、本当に大好きなバンドなんですよ!




■神聖かまってちゃんのマイ・フェイバリット・ソングBEST20+α

▼Discography
(1) 『友だちを殺してまで。』 (2010)
(2) 『つまんね』 (2010)
(3) 『みんな死ね』 (2010)
(4) 『8月32日へ』 (2011)
(5) 『楽しいね』 (2012)
(6) 『英雄syndrome』 (2014)
(7) シングルB面曲
(8) の子によるデモor未CD化曲

※CDで音源化されている曲でも、CDバージョンよりもデモバージョンの方が好きなものがあるため、デモ限定で好きな曲は(8)表記としました。

※(1)と(4)に同じ曲が収録されていますが、好きなバージョンの方を記載しました。



TOP20に漏れた曲10曲から挙げます。タイトルクリックでYouTube試聴リンクに飛びますが、ライブだったりデモだったりバラバラです。CDと同じ音源はあんまりネット上にないですね。




次点10曲(順不同)
"ロックンロールは鳴り止まないっ" (1)
"学校に行きたくない" (1)
"ちりとり" (1)
"通学LOW" (2)
"聖天脱力" (2)
"口ずさめる様に" (3)
"夕暮れメモライザ" (4)
"コンクリートの向こう側へ" (5)
"熱いハートがそうさせないよ" (7)
"僕のHIPHOP" (7)


代表曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」がさっそく次点に入ってますが、神聖かまってちゃんとの出会いの曲でありながら個人的にはそこまで思い入れがなかったりします。「夕暮れメモライザ」はアルバム『8月32日へ』から唯一のランクイン。「熱いハートがそうさせないよ」はみさこがメインボーカルをとる曲で、シングル「知恵ちゃんの聖書」のB面。「僕のHIPHOP」はシングル「フロントメモリー」のB面の曲です。では20位からいきます。




No.20 "ベルセウスの空" (5)
No.19 "男はロマンだぜ! たけだ君っ" (3)
No.18 "天使じゃ地上じゃちっそく死" (2)
No.17 "フロントメモリー feat.川本真琴" (6)
No.16 "夏のゆーれい部員スタートっ!" (7)
No.15 "雨宮せつな" (5)
No.14 "バグったのーみそ" [demo] (8)
No.13 "聖マリ" [demo] (8)
No.12 "友達なんていらない死ね" (5)
No.11 "芋虫さん" (2)


三拍子と二拍子が混ざっててリズムが面白い「ベルセウスの空」、「遠回りがしたいってんならさ北から行っちまおう」の部分がちょっとブランキー・ジェット・シティを思い出させる「男はロマンだぜ! たけだ君っ」、とにかく鬱な歌詞が繰り返される「天使じゃ地上じゃちっそく死」、川本真琴によるボーカルがピッタリな「フロントメモリー」、Aメロ最初の二小節だけ四つ打ちというみさこのドラムが最高な「夏のゆーれい部員スタートっ!」、CD音源版は狂気が薄れイマイチだったけどデモ版はカオスすぎる「バグったのーみそ」、いわくつきのため正規音源化されていない「聖マリ」、繊細なシンセの音が好きな「芋虫さん」などがランクイン。ではTOP10です。




No.10 "源氏蛍" (7)


シングル「ロボットノ夜」のB面曲。かまってちゃんなりのダブステップ/ビート・ミュージック。


No.9 "美ちなる方へ" (2)


それまで「死にたい」と叫びまくっていたの子が「僕は出かけるようになりました」と希望をのぞかせるようになったという意味で重要な曲。


No.8 "23才の夏休み" (1)


かまってちゃんのフォーミュラである「アップテンポ」「ピアノの単音リフ」「コード進行がG→A→D→F#m」な曲は数多くあるけど、その中でも歌詞・歌メロともに最高の曲。伝説とも言える「カミスン!」出演時に演奏されました。


No.7 "彼女は太陽のエンジェル" (6)


サンプリングを取り入れた曲。サンプリングネタはJason Rivas「Push Your Feeling Higher」とのこと。タイトルはの子が好きなB'zのオマージュか。


No.6 "夜空の虫とどこまでも" [demo] (8)


かまってちゃんなりのチルウェイヴ/ウィッチハウス。この曲はアルバム「つまんね」収録バージョンよりもデモの方が断然良い。


No.5 "あるてぃめっとレイザー!" (3)


ノイズまみれ、絶叫まみれ。かまってちゃん史上最強にパンクな曲。


No.4 "黒いたまご" (2)


ダークなブレイクビーツ・エレクトロ。この曲はライブアレンジがかっこいいです。


No.3 "死にたい季節" (1)


ボイスチェンジャーにさらにショート・ディレイをかけたボーカルに、甘酸っぱくもキャッチーなメロディ。エモやパワーポップにも通じるセンスが感じられます。


No.2 "ロボットノ夜" (6)


不穏なメロディの中で「あっこわい」と繰り返される、四つ打ちのダンサブルな曲。


No.1 "ぺんてる" (1)


脱力気味にラップのようにまくしたてるボーカル、イントロのエレクトロ・ビート、流麗なハープの旋律、「大人になりました」からの高揚感、最後の盛り上がりなど聴きどころ満載の超名曲。





以上です。神聖かまってちゃんはびばるげばる時代からの熱烈なファンもたくさんいるので、このセレクトには異論反論あるかもしれませんが、ある意味そういう多面性を内包しているところも彼らの魅力と言えると思います。の子の宅録デモとバンドによる演奏との溝がもどかしくもありつつそれを含めて面白いと思えるし、演奏の拙さや音楽性の未熟さが感じられつつ、それがまたかまってちゃんにとっては必要不可欠な要素なのではと思えたり…そういう意味ではいろいろと厄介なバンドではありますが、作品ごとに確実に進化を遂げている、もしくは進化しようという苦労が見てとれるので、今後もどう成長していくのか非常に楽しみです。





関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
ライブレポート:Lily Allen@豊洲PIT
新着
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第ニ回:2002-2006 拡大期〉
新譜リリース情報(2017年3月)
Albums of the Month (2017年2月)
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈第一回:1997-2001 形成期〉
フジロック'17 ラインナップ第一弾発表で思ったこと
ブログ7周年特別企画:年間ベスト・アルバム・クロニクル 1997-2016 〈イントロダクション〉
新譜リリース情報(2017年2月)
Albums of the Month (2017年1月)
PUBLIC IMAGE REPUBLIC presents SOUND OF 2017
新譜リリース情報(2017年1月)
タグ
神聖かまってちゃん   好きな曲   人気曲   ベストトラック  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ