初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.11

7月の前半、初めて聴いたアルバムのレビューです。

Alberta Cross / Broken Side of Time
★★★★★
ブルージーで骨太ロック。ハイトーンなヴォーカルも冴えわたる、豪快なロックンロールアルバム。


Alberta Cross / Thief & Heartbreaker

★★☆☆☆
2人組だったころのファーストアルバムもしくはEP。まだ、音圧も弱く、未完成な部分もある。


Diane Birch / Bible Belt
★★★☆☆
味のあるボーカルが癖になる。


Gossip / Standing In The Way Of Control
★★☆☆☆
ベスディトーの声は、CDだと少し迫力に欠けてしまう。


The Drums / Summertime!
★★★☆☆
昨年発表のEPは、アップテンポナンバーからスローなものまでバラエティに富み、夏の雰囲気を感じさせる。


Third Eye Blind / Ursa Major
★☆☆☆☆
ロックサウンド全開。ただ、特に新鮮味はないアルバム。


Sleigh Bells / Treats
★★★☆☆
ハードなギターリフとエレクトロなリズムと浮遊感のある女性ボーカルが絶妙。メロディアスな一面もあり。


Scissor Sisters / Ta-Dah
★★★☆☆
カントリー調からディスコポップまで、バラエティ豊かなポップサウンドが満載。


Scissor Sisters / Night Work
★★★★★
前作よりもさらにナイトライフ、ディスコに焦点を絞った、80'S全開のポップ。メロディも最強。


School of Seven Bells / Disconnect From Desire
★★☆☆☆
前作よりもポップでダンサブルになったが、これまで魅力だったサイケ感やシャーマニックな感じが失われてしまった。凡庸なサウンドという印象が否めい。


The National / High Violet
★★★☆☆
壮大でありながら、メロディアスでエモーショナル。フォーキーさもあるが古臭くならず、ウォールオブサウンドの様式美を構築。


Plan B / Defamation of Strickland Banks
★★★☆☆
ヒップホップとソウルとフォークとロックンロールの邂逅。アルバム通してストーリー仕立てになっているコンセプチャルな構成もさすがの出来。

関連記事
スポンサーサイト
次のページ
NMEが上半期BEST50アルバムを発表
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ