年間/半期ベスト[2015年]

The 10 Best Tracks of 2015 So Far:2015年上半期ベストトラック10

pir_best_tracks_2015sofar_20150704183442e22.png

2015年上半期のベスト・トラックを挙げたいと思います。対象は2015年1月1日から6月30日までにリリースされたアルバム/EP/コンピレーション収録曲もしくは単体曲で、購入(フィジカル/デジタル問わず)またはレンタルした音源です。シングル/7インチなどで去年までにリリースされていた曲も、今年リリースされた作品に収録されているものは選出対象としました。今回はいつもと違って、1アーティストにつき複数選出可としました。





No.10 Mark Ronson - "Uptown Funk ft. Bruno Mars"
from 『Uptown Special』


シングルとしてリリースされたのは昨年11月ですが、今年の前半にかけロングヒットした曲だし、収録アルバムは今年のリリースなので入れてしまいました。今年を代表するファンク・アンセム。



No.9 Noah - "Flaw"
from 『Sivutie』


フワフワと浮遊する柔らかい物体(布)と硬質の物体(人工建造物や三角錐など)が登場する美しいミュージック・ビデオも印象的なエレクトロニカ。



No.8. Björk - "Stonemilker"
from 『Vulnicura』


久々の快作を決定付けた曲。彼女の作品でも最も好きな、そして人生において最も衝撃を受けたアルバム『Homogenic』を思わせる重厚なストリングスとエレクトロニクスとエモーショナルなヴォーカルに涙腺刺激されました。



No.7 Vessels - "Elliptic"
from 『Dilate』


人力エレクトロニック・バンド。後半のトライバル×トランシーな展開は圧巻。ライブ観たい!ライブ観たい!ライブ観たい!



No.6 Belle and Sebastian - "Play for Today"
from 『Girls in Peacetime Want to Dance』


New Orderの「Temptation」やArcade Fireの「Afterlife」には及ばないにしても、それらと共通したムードを持つ「祝祭感×哀愁」に満ちたセンチメンタル・ディスコ曲。そしてこの曲も同様に、「アウトロが延々とリピートされてこのまま終わらなければいいのに」と思わせてくれます。



No.5 Belle and Sebastian - "Enter Sylvia Plath"
from 『Girls in Peacetime Want to Dance』


こちらも6位と同じアルバムから。Pet Shop BoysやKylie Minogueを彷彿させるユーロ・ディスコ!これはまさに僕のルーツにあるサウンドで、まさかベルセバがこれをやってくれるとは(嬉しい)。ちなみにこういう曲好きなんだけど女性ボーカルがいいなー、という人いたらAnnieの「Songs Remind Me of You」という曲も聴いてみてください。



No.4 Purity Ring - "Begin Again""
from 『Another Eternity』


佳曲揃いだった前作『Shrines』を軽々と越えてきました。ミーガンのキュートな歌声は健在。デビューアルバム収録のマイフェイバリット「Obedear」と同様にダークかつキャッチーなメロディが頭から離れません。



No.3 Purity Ring - "Sea Castle"
from 『Another Eternity』


4位と同じアルバムから。サビで重厚なレイヴィー・シンセがブワッと入るところが痺れます。やはりPurity Ringはキュートな曲よりもダークな曲の方が好きですね。



No.2 Róisín Murphy - "House of Glass"
from 『Hairless Toys』


元Molokoのシンガーによる8年ぶりのソロ3作目。ジワジワと盛り上げる展開の仕方や5:10くらいからのパーカッシヴな音が最高に気持ちいいミニマル・ダンスミュージック。7位のVesselsもそうだけどこういう音に最近弱いです。それにしてもアンニュイでセクシーな歌声です。



No.1 Girl Band - "Why They Hide Their Bodies Under My Garage?" (Blawan cover)
from 『The Early Years EP』


厳密にはこの曲は2、3年前に自主リリースされていた曲なんだけど、ミュージック・ビデオが公開されたのとこの曲が収録されたEPがラフトレードからリリースされたのが今年ということで入れました。そもそもカバー曲だったりするんですが、対象外にするにはもったいなすぎるほどにダントツのベスト・トラック。こんなかっこいいノイズ×ダンス×パンク、The Raptureの「Out of the Races and Onto the Tracks」以来だ!この曲の全てのギターノイズが素晴らしすぎるけど、特に5:53あたりが嘔吐の瞬間に体内に響くあの音みたいでヤバイです。




TOP10には入らなかったけど良かった10曲も。曲名クリックでYouTubeにリンク飛びます。順位なし。

Donnie Trumpet & the Social Experiment - "Sunday Candy"
Future Brown - "Vernáculo ft. Maluca"
Holly Herndon - "Interference"
Major Lazer - "Roll the Bass"
Mark Ronson - "Feel Right ft. Mystikal"
Mumford & Sons - "The Wolf"
Soko - "Ocean of Tears"
Sherwood & Pinch - "Gimme Some More (Tight Like That)"
Sufjan Stevens - "Blue Bucket of Gold"
Tuxedo - "So Good"
関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
The 10 Best Albums of 2015 So Far:上半期ベストアルバム10
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
2015年   上半期   ベストトラック   Best Track   Girl Band  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ