Fuji Rock & Summer Sonic

SUMMER SONIC 2016 妄想ラインナップ

ZrNhtrD2.jpgdrake_press-2013-650a.jpg

サマソニ2015、終わりましたね。さて、気持ちは早くも「来年は誰が出るかな~」なんてモードになっています。ということで、個人的希望8割、現実的要素2割な感じで勝手にラインナップを妄想してみました。せっかくなので出演ステージや出演順も込み、出演順は上からです。SONIC MANIA、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERもあります(※ステージは東京会場の想定、PARK STAGE、ISLAND STAGE、SIDE-SHOW MESSEは割愛しました)。


まずはサマソニ前夜祭的オールナイト・イベント、SONIC MANIAから。

sonicmania2016exp.png

いまいちステージごとのカラーがよくわからないんだけど、音圧強めのものは「HARD STAGE」ってことでいいのかな?最も大きなステージであるCRYSAL MOUNTAINには9月にニューアルバムをリリースするNew Orderをヘッドライナーとして、今年で言うところのThe Prodigyの位置に。幅広い年齢層から支持を集めるバンドですし。

同じステージの一発目は世界的にもヒットしたIcona Popがオープニングに相応しくブチ上げてくれるはず。そして次は今年のMarilyn Mansonに対抗(?)して日本から聖飢魔Ⅱ。実は今年のサマソニに出ると予想してたんですが、ライジングサンの方に出演してました。Neroは今月新作をリリースするシンフォニック・ダブステップ・ユニット。正直今年のSONIC MANIAに最も出てほしかったアーティストのひとつ。

もう一つのポイントはSONIC WAVEのTove LoとHARD STAGEのAlesso。大ヒット曲「Heroes (We Could Be)」をコラボしてもらうために、被っていない近い時間にしました。


summersonic2016_day1exp.png

続いて1日目。メイン・ヘッドライナーは今年新作がリリースされるであろうRihanna。その前のラルクThe 1975ワンオクはそれぞれの「地蔵」が出現して大混乱になりそう(笑)。他、各ステージ1発目にはオープニングに持ってこいなアーティストを揃えました。

MOUNTAINには、過去にサマソニキャンセルの前科持ちThe Weekndをヘッドライナーに、メインストリームとインディーをクロスオーバーさせた支持を集めるメンツが勢ぞろい。SONICは前半が新世代シンセ・ポップ系メイン、後半がヒップホップ系メインという布陣です。

RAINBOWのラスト3組はアラサー&アラフォーには必涎の並び。特にトリの安全地帯は先日のライジングサンでやらかしてくれたようで…。BEACHやGARDENも、ジャンルはそれぞれ違えど「こういうロケーションで聴いたら気持ちいいだろうなー」という点を重視。イメージするだけで高まります。


hcan2016exp.png

今年からスタートした、1日目の深夜に開催されるホステス・エンタテインメント枠。今年トム・ヨークが呼べたくらいだから、Beck行けるんじゃね?と思ったけどどうなんだろう…難しいか。あと今年は飲食ブースでSOAKがよく流れてました。なので来年どうかなあと。

今年の秋にHOSTESS CLUB WEEKENDER開催!ってサマソニ会場で発表されるかと思ったけど、なかったですね。あるとしたら9月にアルバムが出るGirl Bandは絶対に呼んでほしかったところ。そしてラストはDan Deacon。この人はライブがめちゃくちゃ楽しいので、疲れも眠気も吹っ飛ぶ衝撃パフォーマンスを見せてくれるはず。


summersonic2016_day2exp.png

サマソニ2日目。メイン・ヘッドライナーはDrake。これまで日本のフェスには出たことがないけど、出るとしたらヘッドライナーなのは間違いないです。ただ、フジのヘッドライナーというのはちょっとイメージが湧かなくて。1日目のRihannaと比べると日本での人気はいまひとつ足りないけど、過去にサマソニのヘッドライナーを務めたJAY-Zと同等、またはそれ以上の人気はあるので大丈夫でしょう。Jennifer Lopezは個人的に最も観たいアクトだけど、現実にはギャラ的に無理でしょうね…。その前のAviciiは今年のZeddと同じ位置。秋にはクリエイティブマン主催で公演が決まっているので、来年のサマソニとセットで交渉してたりしないかな。

インディーファンにとってはこの日のSONICがとにかくヤバイ流れ。そしてRAINBOWは2日目も後半がアラサー&アラフォー熱狂間違いなし。小林幸子は去年のTOKIO、今年の郷ひろみ的な、「こんな時でもないと観られる機会はないかもしれないので観ておきたい」枠。BEACHは前半には疾走感のあるサーフ・パンク系、そしてNATURE DANGER GANGはケガ人が出ないようにという配慮からのビーチ(笑)。その後NDGに続くトリのTUBEという流れが我ながら最高だと思います。NDGには「あー夏休み」をサンプリングした曲を作って暴れ回ってもらいたいです。GARDENはこの日、女性ボーカルで揃えてみました。


それにしても、ギャラ的にアウトなアーティストはたくさんいるけどフェスのカラー的にアウトなアーティストがいないのがサマソニのすごいところ。そういう面では世界に誇れる「都市型」「エンタメ型」なフェスだなーと思います。

実際、こんなメンツだったらチケット代がトータル8万円くらいしそうだし、8万円でもきっと行くし、体が6つはないと足りないのでギャン泣きすることになりそうです。でもこの中から少しでも多く出てくれたら嬉しいですね。クリエイティブマンさん、よろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
日記:サマーソニック2015
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
SUMMER SONIC   サマソニ   2016   メンツ   予想   出演  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ