初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.13

8月前半から後半にかけて買ったり借りたりしたアルバムの、最初の1回聴いた段階での第一印象で書くレビューです。


Prince / Very Best of Prince

★☆☆☆☆
80'sサウンドとエレクトロファンクは好きなはずなのに、なぜか殿下のベストは好きになれない…濃ゆすぎるのか?


!!! / Strange Weather, Isn't It?

★★☆☆☆
変態度や混沌度がやや後退してしまい、過去作品と比べるときれいにまとまりすぎているところが残念。


Out Hud / Let Us Never Speak of It Again
★★★★☆
かたや、その!!!のメンバーが参加している2005年作は、タイトでありながらもポップさとクレイジーさが均整がとれていて、否応なしに踊れるアルバム。


Jamaica / No Problem
★☆☆☆☆
ポップだが、全曲使ってる音が同じで同じような曲調とテンポなので、飽きる。


Katy Perry / Teenage Dream
★★☆☆☆
前作はロックアティテュードが明確ながらもポップに振りきれていて楽しめた。近作はCalifornia Girlsはじめ佳曲もあるが、全体としては前作より低め。


OST / (500) Days of Summer
★★★★☆
映画を見た直後に聴いたので、曲ごとにシーンが思い浮かぶし、なんとも素晴らしい曲をセレクトしているのでサントラも当然素晴らしい。エンドロールで流れるMumm-Raと、Meaghan SmithのPixiesのカバーが秀逸。


Klaxons / Surfing the Void
★★★☆☆
実はあまり期待していなかったが、よかった。ポップだし、音に奥行きが出て、よく聴くといろいろなところにいろいろな音が工夫を凝らして入っている。ロスロビンソンの起用は正解だったと思う。ただ、ベースを歪ませすぎなのが気になった。。


Ariel Pink's Haunted Graffiti / Before Today
★☆☆☆☆
まさにいろいろな時代の音楽絵巻を俯瞰しているようなサウンド。とらえどころのなさが魅力の一つだと思うが、アルバムとして流れで聴くと少しまとまりにかける気も。


Kisses / The Heart of The Nightlife
★★★☆☆
名曲Bermuda含むアルバム。チープな打ちこみダンスミュージック。非常にポップで聴きやすく、さわやかな夏を感じさせる曲も多い。ドラムはチープ過ぎな部分もあり。


Perfume Genius / Learning
★★★★☆
おそらくゲイな彼らしく、繊細で儚いピアノ・アコースティック・サウンド。曲があまりに美しすぎるので星5つをあげたいが、宅録がゆえノイズが多く、その生々しさが魅力でもあるのだろうが、もう少しノイズ処理をしてほしかったということでマイナス星1つ。


Fairground Attraction / First of a Million Kisses
★★★☆☆
Eddi Readerは今も活動中だが、彼女が在籍した80年代を代表するバンドのアルバム。"Perfect"は至上の名曲で、つい口ずさみたくなる。


関連記事
スポンサーサイト
次のページ
今週のHOTな10曲(8/29)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ