FC2ブログ

ベスト・エレクトロポップ

ベスト・エレクトロポップ・アルバム40 (00's~)

BESTELECTROPOP.png

現行のポップ・ミュージックにおいて、最も主流といっても過言ではないエレクトロポップ。カントリー系SSWだったテイラー・スウィフトもエレクトロポップ化によりさらなるブレイクを遂げたほか、Tegan and SaraやPOP ETCなどもそれまでのオーガニックな作風から華麗に転身。ダンス寄りのインディ・ロック・バンドやチルウェイヴ系のアーティストも時代の流れに沿うようにエレクトロポップ化していきました。

"エレクトロポップ"と一口に言っても、実は「シンセ・ポップ」「エレクトロ」「チルウェイヴ」「エレポップ」「ニューウェイヴ」「ダンス・ポップ」との境界は極めて曖昧。ここでは、それらも含めて便宜的に"エレクトロポップ"とひと括りにしつつ、定義を「ポップでわかりやすい」「キャッチーなメロディ」「高揚感がある」「踊れる」と単純化。また、(なんとなくのイメージですが)80年代のエレポップやニューウェーヴに倣った、ちょっとチープで柔らかなシンセ音を用いたものが多いというイメージがあります。

そんな基準で、この"エレクトロポップ"の名盤をバンド/ソロ、洋/邦問わず40枚セレクトしました。80年代や90年代を含めると収拾がつかなくなるため2000年代以降の作品に絞っています。

2016/12/12追記
ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)
もアップしました。


せっかくなので、Spotifyにあるものは埋め込んでます。アルバムがSpotifyになくても収録されているシングルがあれば単曲で貼りました。では。





No. 40 - POP ETC /
POP ETC (2012)
POP ETC



No. 39 - Mika /
The Origin of Love (2012)
Mika.jpeg




No. 38 - Friendly Fires /
Pala (2011)
Friendly Fires



No. 37 - KOTO /
プラトニック プラネット (2015)
KOTO.jpg



No. 36 - Gypsy and the Cat /
Gilgamesh (2010)
Gypsy And The Cat




No. 35 - Hot Chip /
One Life Stand (2010)
Hot Chip




No. 34 - The Sound of Arrows /
Voyage (2011)
The Sound of Arrows




No. 33 - Tegan and Sara /
Heartthrob (2013)
Tegan and Sara




No. 32 - Icona Pop /
This Is...Icona Pop (2013)
Icona Pop




No. 31 - Ellie Goulding /
Bright Lights (2010)
Ellie Goulding




No. 30 - Yelle /
Pop Up (2007)
Yelle.jpg




No. 29 - CEO /
White Magic (2010)
CEO.jpg



No. 28 - Christine and the Queens /
Chaleur Humaine (2014)
Christine and the Queens (2015 US Reissue)
christine and the Queen




No. 27 - Purity Ring /
Shrines (2012)
Purity Ring




No. 26 - LLLL /
Cruel EP (2015)
LLLL.jpg




No. 25 - Grimes /
Art Angels (2015)
Grimes.jpg




No. 24 - Heartsrevolution /
Ride or Die (2014)
Heartsrevolution.jpg




No. 23 - 水曜日のカンパネラ /
ジパング (2015)
水曜日のカンパネラ



No. 22 - Perfume /
GAME (2008)
Perfume.jpg



No. 21 - Groove Armada /
Black Light (2010)
Groove Armada




No. 20 - Cut Copy /
In Ghost Colours (2008)
Cut Copy




No. 19 - Pet Shop Boys /
Super (2016)
Pet Shop Boys




No. 18 - Katy Perry /
Prism (2013)
Katy Perry




No. 17 - La Roux /
Trouble in Paradise (2013)
La Roux




No. 16 - Taylor Swift /
1989 (2014)
Taylor Swift



No. 15 - Carly Rae Jepsen /
E・MO・TION (2015)
Carly Rae Jepsen




No. 14 - Sky Ferreira /
Night Time, My Time (2013)
Sky Ferreira




No. 13 - Kylie Minogue /
X (2007)
Kylie Minogue




No. 12 - Gwen Stefani /
Love.Angel.Music.Baby. (2004)
Gwen Stefani




No. 11 - Tommy february6 /
Tommy february6 (2002)
Tommy february6




No. 10 - Daft Punk /
Discovery (2001)
Daft Punk




No. 9 - Neon Indian /
Era Extraña (2011)
Neon Indian



No. 8 - Madonna /
Confessions on a Dance Floor (2005)
Madonna_20161205001353f17.jpg




No. 7 - Lily Allen /
It's Not Me, It's You (2009)
lily allen




No. 6 - Junior Senior /
Hey Hey My My Yo Yo (2005)
Junior Senior




No. 5 - Passion Pit /
Gossamer (2012)
Passion Pit




No. 4 - M83 /
Hurry Up, We're Dreaming (2011)
M83.jpg




No. 3 - Röyksopp /
The Understanding (2005)
Royksopp_20161205001435ce1.jpg




No. 2 - SUPERCAR /
HIGHVISION (2002)
SUPERCAR.jpg




No. 1 - The Postal Service /
Give Up (2003)

The Postal Service





以上です。時期で言うとやはりフレンチ・エレクトロ系のブームが去って、インディ系のバンドがこぞってシンセを導入し始めた2000年代後半以降がメイン。中でも個人的にエレクトロポップ熱が最も高かった2010年~2012年あたりが多いですかね。

冒頭に「80年代風のシンセ音」について少し触れましたが、90年代はダンス・ミュージック/クラブ・ミュージックの時代だったと思っています。ビッグ・ビートやドラムンベースなどの例を挙げるまでもなく、そこで求められたのはキックの重低音や音圧でした。この辺はロック・シーンともリンクしていて、ちょうどラップ・メタル(日本でいう「ミクスチャー」)の時期。その反動としてロック・シーンからはThe Strokesが登場したわけですが、ダンス/クラブ・シーンにおいてその改革をもたらしたのは、かつては低音キックを鳴らしていたDaft Punkでした。ここでも10位にランクインした2001年の『Discovery』こそが、時代のキックの音を「ドゥンッ」からコンプレッサーでつぶした感じの「トッ」に変えたと思ってます(と言っても、「One More Time」なんかは実はサブウーファー付きのスピーカーで聴くと低音域ハンパないんですが)。

上位3作は思い出補正もあるためか、比較的古いものになりました。でもThe Postal Service、SUPERCAR、Röyksoppのいずれも、それまでエレクトロニックな音楽といえば踊ることや音のかっこよさを求めていたのが、歌いやすさや親しみやすさを求めてもいいんだ!と気付かせてくれた重要な作品です。

それと、ソロ・アーティストでは女性ヴォーカルが圧倒的大多数でした。やはりエレクトロニックな音楽と女性ヴォーカルとの相性は抜群だと思うのですが、そう思うのは僕がコムロ世代だからでしょうか?バンドになると男性ヴォーカルが多いものの、正直バンド系はエレクトロポップの線引きが微妙なのでかなり迷いました…例えばPhoenixの『Bankrupt!』などはかなりシンセ成分が高いけど、やはりあれはあくまでギターと生ドラムが主体のバンド・サウンドだと思うので対象外、みたいな。

近日中にベスト・ソングもやりたいと思います。こちらはSpotifyでプレイリスト公開できたらいいなと思ってます。


関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
ベスト・エレクトロポップ・ソング50 (00's~)
新着
日記:フジロックフェスティバル2018 Part2
日記:フジロックフェスティバル2018 Part1
新譜リリース情報(2018年8月)
Albums of the Month (2018年7月)
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
タグ
エレクトロポップ   Electropop   ベスト   アルバム   名盤   おすすめ  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ