FC2ブログ

Albums of the Month

Albums of the Month (2017年5月)

albums_of_the_month.png


毎月恒例、初聴き音源のログです。先月はラルクばかり聴いていたせいで初聴き音源が一枚もないというかつてないパターンでしたが、今月は今年リリースの新譜も含めちゃんと聴きましたよ!でもやっぱりラルクもたまに聴いてます。






■今月のベスト・ディスク■

KYO / I Music (2017)
★★★★★
Kyo I Music

Lust For YouthのHannes Norrvideと、Frederik Valentinなる人物によるダーク・アンビエント・デュオのデビュー作。退廃的かつ耽美、ディストピア映画のサントラのようなサウンドはSlowdiveの『Pygmalion』に近い感触もあり。大阪のAlffo Recordsにてアナログ盤で購入。

KYO - "Universal Audio"




Lou Canon / Suspicious (2017)
★★★★☆
Lou Canon Suspicious

こちらもAlffo Recordsにてアナログ盤を購入。未知のアーティストだったけど、オススメいただいて試聴したら良さげだったので。ドリーム・ポップの息がかかったトリップ・ホップという感じ。



今月の新譜音源は上記2タイトルのみ。そういえばこれが今年初めて購入した洋楽になります。今年は上半期ベストとかできなそうですね…。

他は、1月・2月に大量にレンタルしたものを少しずつ聴いていってます。

SUPERCAR / ANSWER (2004)
★★★★☆
SUPERCAR ANSWER


NUMBER GIRL / シブヤROCKTRANSFORMED状態
(1999)

★★★☆☆
NUMBER GIRL シブヤROCKTRANSFORMED状態


NUMBER GIRL / NUM-HEAVYMETALLIC (2002)
★★★★★
NUMBER GIRL NUM-HEAVYMETALLIC


thee michelle gun elephant / SABRINA HEAVEN
(2003)

★★★☆☆
thee michelle gun elephant SABRINA HEAVEN


thee michelle gun elephant / SABRINA NO HEAVEN
(2003)

★★★★☆
thee michelle gun elephant SABRINA NO HEAVEN

これらのアルバムが初聴きということに驚く人もいるかもしれません。しかもSUPERCAR、NUMBER GIRL、ミッシェルといえば、98年~2001年ごろにかけて僕が最も好きな邦楽バンドTOP3でした。でも、彼らのラスト・アルバムは永らく聴くことができずにいました。意図的に避けていたというか。

SUPERCARはこの前作『HIGHVISION』を2002年の年間ベスト1位に選ぶくらい好きでした。でも『ANSWER』リリース当時、軽く試聴したときの印象は『HIGHVISION』と比べてかなり地味、ということでした。『ANSWER』をちゃんと聴くことでSUPERCARに対する想いが冷めてしまうんじゃないかと思い、「『HIGHVISION』最高!!SUPERCAR最高(psycho)!!」という気持ちを持続させたかったんです。

NUMBER GIRLも同様に「『SAPPUKEI』最高!!」という状態で、このアルバムを試聴した時に1曲目『NUM-HEAVYMETALLIC』で「ん?ナニコレ…なぜ和風!?」ってなって、あとはSUPERCARと同じ流れ。

ミッシェルは、『Chicken Zombies』が最高で、その後はアルバムを出すたびに少しずつ下降線を辿っているように感じてました。『ロデオ・タンデム・ビート・スペクター』を聴いた後には、もういいかってなって。解散ライヴには行ったけど。

3バンドとも、「最高なままでいさせてくれ…」という状態のさなかに相次いで解散してしまって。解散ってことは、次の作品でまた好き度が再燃するってことがないわけじゃないですか。だから、自分の中の熱を冷めさせないために、これらの作品を聴かずに封印したのでした。

今回、意を決してついに解禁をしたけど、聴いてみたら全然悪くなかったです。『ANSWER』は当時は確かに気に入らなかったかもしれないけど、今だからこそ良さがわかる感じ。『NUM-HEAVYMETALLIC』はむしろめちゃくちゃ良かった。「なぜ和風?」と思った表題曲も、今聴くとイントロのドラムとかダビーなエフェクトとかバリヤバイ。リリース当時もちゃんと聴いていたら気に入っていたはず。『SABRINA HEAVEN』はちょっとイマイチだったけど、『SABRINA NO HEAVEN』は良かった。Mステのt.A.T.u.の頃という印象が強いです。


その他邦楽。


岡村孝子 / SUPER BEST 2000 (1995)
★★★★☆
岡村孝子 SUPER BEST 2000

「夢をあきらめないで」、小学生の時にクラスで歌ったな…。この曲以外はほとんど知らなかったけど、どれも非常にメロディアス。ただメロディー展開に少し手癖があるというか、ベタだったり似たコード進行の曲があったり。

それにしてもヘタウマヴォーカルは別として、Cascineレーベルあたりからリリースしているドリーム・ポップ系アーティストのようにも聞こえてくるから不思議。



X JAPAN / DAHLIA (1996)
★★★☆☆
X JAPAN DAHLIA

レコーディングの時期、YOSHIKIが頚椎椎間板ヘルニアで激しいドラム叩けなかったらしいけど、バラードや打ち込みドラムの曲が多い辺りに苦労がにじみ出ていますね。HIDEやHEATH、PATAによる曲がいくつかあるけど、すぐに「あ、これはYOSHIKI作曲じゃないな」とわかってしまうあたり、YOSHIKIの作るメロディーって独特なんだなあとあらためて思いました。



COMPLEX / COMPLEX BEST (1998)
★★★★☆
COMPLEX COMPLEX BEST

今となっては「歌ってみた」「踊ってみた」系動画っぽいMVが有名な「BE MY BABY」の他、「1990」や「恋をとめないで」も久々に聴くとかっこいい。後者は昔よくカラオケで歌っていました。

COMPLEX - "BE MY BABY"




YEN TOWN BAND / MONTAGE (1996)
★★★★☆
YEN TOWN BAND MONTAGE



岡林信康 / わたしを断罪せよ (1969)
★★★☆☆
岡林信康 わたしを断罪せよ


以下は洋楽。


Bruno Mars / Unorthodox Jukebox (2012)
★★★★☆
Bruno Mars Unorthodox Jukebox

聞き覚えのあるヒット・シングルだらけ。ベスト盤かよ…(良かったです)。



Led Zeppelin / Physical Graffiti (1975)
★★★☆☆
Led Zeppelin Physical Graffiti

B'zの「BAD COMMUNICATION」の元ネタはThe Doobie Brothersの「Long Train Runnin'」だと思っていたんだけど、ツェッペリンの「Trampled Under Foot」だったとは。しかしこれ、2枚組というヴォリュームながら初期作が好きな人からするとちょっと物足りないのでは。

Led Zeppelin - "Trampled Under Foot"




Creedence Clearwater Revival / Chronicle, Vol.1
(1976)

★★★★☆
Creedence Clearwater Revival ChronicleVol1

ハイスタがカバーした「Have You Ever Seen the Rain?」が有名。数年前にジョン・フォガティさんはフジロックにも出ましたね。お客さん少なかったけど。「Susie Q」は昔よく父が聴いていたけど、これCCRの曲だったんだ!とようやく知った。



T.Rex / The Slider (1972)
★★★★☆
TRex The Slider



Stevie Wonder / The Definitive Collection (2002)
★★★★☆
Stevie Wonder The Definitive Collection

以前聴いたことのあったベスト盤『Song Review: A Greatest Hits Collection』って初期の曲が全然入ってなくて。こちらは60年代の曲も入ってて、しかもその時代の曲がめちゃくちゃ良い。この当時ってスティーヴィーはまだ15歳くらいだったわけで…ヴォーカルの表現力とかすげえ。しかしこのベスト盤、なんか曲順めちゃくちゃなのがちょっと聴きづらいところ。



Aretha Franklin / Lady Soul (1968)
★★★★☆
Aretha Franklin Lady Soul



【来月以降の予定(未聴作品)】
Grandaddy / Last Place (2017)
Depeche Mode / Spirit (2017)
Perfume Genius / No Shape (2017)
The xx / I See You (2017)
Jane Birkin / Birkin/Gainsbourg : le symphonique (2017)
Kehlani / SweetSexySavage (2017)
10cc / The Original Soundtrack (1975)
2Pac / All Eyez on Me (1996)
BARBEE BOYS / 蜂 -BARBEE BOYS Complete Single Collection- (2007)
Big Brother and The Holding Company / Cheap Thrills (1968)
BLANKEY JET CITY / SKUNK (1995)
CORNELIUS / 69/96 (1995)
Culture Club / Colour By Numbers (1983)
Derek and the Dominos / Layla and Other Assorted Love Songs (邦題:いとしのレイラ) (1970)
Donny Hathaway / Live (1972)
Dr. Dre / The Chronic (1992)
Édith Piaf / Super Now (1997)
FISHMANS / 宇宙 日本 世田谷 (1997)
Guns N' Roses / Use Your Illusion Ⅱ (1991)
Guns N' Roses / Use Your Illusion Ⅰ (1991)
Japan / Tin Drum (邦題:権力の太鼓) (1981)
Jay Dee aka J Dilla / Welcome 2 Detroit (2001)
Lionel Richie / Back to Front (1992)
Mariah Carey / Emotions (1991)
Michael Jackson / HIStory: Past, Present and Future, Book 1 (1991)
Neil Young / After the Gold Rush (1970)
New Age Steppers / The New Age Steppers (1980 / 2003 Reissue)
The Notorious B.I.G. / Life After Death (1997)
Paul McCartney and Wings / Band on the Run (1973)
Pink Floyd / Atom Heart Mother (邦題:原始水母) (1970)
The Pop Group / Y (邦題:最後の警告)(1979)
Prince & the Revolution / Purple Rain (1984)
Queen / Hot Space (1982)
Queen / The Works (1984)
Sade / Promise (1985)
Siouxsie & The Banshees / Hyæna (1984)
Siouxsie & The Banshees / Tinderbox (1986)
Siouxsie & The Banshees / Through the Looking Glass (1987)
Siouxsie & The Banshees / Peepshow (1988)
Siouxsie & The Banshees / Superstition (1991)
Siouxsie & The Banshees / The Rapture (1995)
Sly and the Family Stone / There's a Riot Goin' On (邦題:暴動) (1971)
The Smashing Pumpkins / Adore [Super Deluxe Edition] (2014) ※Disc 5~7
T.Rex / Electric Warrior (1971)
T.Rex / Great Hits (1973)
Taylor Swift / Taylor Swift (2006)
The Who / My Generation [Deluxe Edition] (1965 / 2002 Reissue)
The Who / Who’s Next [Deluxe Edition] (1971 / 2003 Reissue)
Yazoo / Upstairs at Eric's (1982)
おニャン子クラブ / ベスト (1987)
オフコース / OFF COURSE BEST "ever" (2015)
ティン・パン・アレー / キャラメル・ママ (1975)
尾崎豊 / 壊れた扉から - THROUGH THE BROKEN DOOR (1985)
尾崎豊 / 十七歳の地図 - SEVENTEEN'S MAP (1983)
沢田研二 / ROYAL STRAIGHT FLUSH (1979 / 2005 Reissue)
神聖かまってちゃん / ベストかまってちゃん (2015)
頭脳警察 / 頭脳警察1 (1972)
中島みゆき / 大吟醸 (1995)
森高千里 / DO THE BEST (1995)
森高千里 / SUPER BEST (2011)
山下達郎 / OPUS ~ALL TIME BEST1975-2012~ (2012)
関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
新譜リリース情報(2017年6月)
新着
新譜リリース情報(2018年12月)
Albums of the Month (2018年11月)
新譜リリース情報(2018年11月)
Albums of the Month (2018年10月)
今さらながら2017年のいろんな年間ベストアルバムを振り返ってみる
新譜リリース情報(2018年10月)
Albums of the Month (2018年9月)
新譜リリース情報(2018年9月)
Albums of the Month (2018年8月)
日記:ソニックマニア&サマーソニック2018
タグ
アルバム   感想   レビュー   KYO   Lou   Canon   2016年5月  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ