FC2ブログ

Albums of the Month

Albums of the Month (2018年1月)

albums_of_the_month.png


オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなど複数都市で開催されているST.JEROME'S LANEWAY festival '18の、1月27日のシンガポール公演に行ってきました(その後観光などもして、今朝帰国したばかり)。日本は寒いけどシンガポールは暖かくてというか暑くて、でもこの時期はほぼ毎日あるというスコールも当日降ることなく、Anderson .PaakやThe War On Drugs、Bonobo、Father John Misty、Slowdive、Mac DeMarco、Moses Sumney、The Internet、Billie Eilishといったさまざまなアクトを観ることができました。宿と航空券とチケット代を合わせても7万円くらいだし、飛行機で7時間くらいで行けるし、日本に住む人にとって海外フェス体験をするには最適なのではと思います。

さてそんなわけで2018年1月に初聴きした音源まとめ。1月は主に2017年の年間ベスト上位のアルバムや、年間ベスト・トラックのプレイリストなどを聴いていました。なので新譜・旧譜合せても初聴き音源は少なめで、その月で最も良かった1枚を決める「ALBUM OF THE MONTH」は今回該当なしとしたいと思います。


Queen / Hot Space (1982)
★★★★☆
Queen Hot Space



Siouxsie & The Banshees / Hyæna (1984)
★★★★☆
Siouxsie The Banshees Hyaena



渡辺美里 / eyes (1985)
★★★★☆
渡辺美里 eyes



Queenは去年借り放題サービスでたくさん借りたうち、2017年中に聴けなかった残り3枚の1つで、数年前にQueenのオリジナル・アルバムをコンプリートしようと思いつつ頓挫していたものが久々の再開。これはロックというよりはもはやシンセ・ファンクで、うねるシンセ・ベースやディスコティックなシンセ・ドラムを用いた曲が中心となっているけど、これはこれでかっこいい。

Siouxsie~は2016年に購入したまま1年以上開封していなかったBOXセットをようやく開けて、その中の1枚。

渡辺美里は家に妻所有のアルバムが20タイトル以上あり、数年前からちゃんと聴こうと思っていたけど例の借り放題サービスによって去年は全く手が回らなかったのが、今月ようやく手を付けられたという感じ。これはデビュー・アルバムで、その後の作品におけるヴォーカルと比べるとやや不安定な部分もあるものの、当時18歳にして凛とした力強さを感じさせるこの歌唱力はただただ驚異的。


Queen - "Body Language"




Siouxsie and the Banshees - "Dazzle"




というわけで、今月初聴きした3枚は全て去年以前からのツケというか先送りになってた作品でした。そろそろJustin Timberlakeのアルバムなども出るけど、果たしてCDで買うのかな…最近はどうもフィジカルでアルバムを買う気が起きないですね。遅かれ早かれこうなるとは思ってたけど、そろそろ本格的にストリーミングに移行しようか…などと考えている毎日です。
関連記事
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
新譜リリース情報(2018年2月)
新着
今さらながら2017年のいろんな年間ベストアルバムを振り返ってみる
新譜リリース情報(2018年10月)
Albums of the Month (2018年9月)
新譜リリース情報(2018年9月)
Albums of the Month (2018年8月)
日記:ソニックマニア&サマーソニック2018
日記:フジロックフェスティバル2018 Part2
日記:フジロックフェスティバル2018 Part1
新譜リリース情報(2018年8月)
Albums of the Month (2018年7月)
タグ
Queen   Siouxsie&the Banshees   渡辺美里   アルバム   感想  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ