FC2ブログ

Albums of the Month

Albums of the Month (2018年11月)

albums_of_the_month.png

11月に初聴きした音源まとめです。今月はいくつかアルバムを買ったけど、一部(The 1975、スマパン、Museなど)まだ届いていないので12月に持ち越し。



Pale Waves / My Mind Makes Noises (2018)
★★★★☆
My-Mind-Makes-Noises.jpg

以前から注目していたバンドのデビュー・アルバム。The 1975のマシューとジョージがプロデュースということでモロにThe 1975サウンドで、そこが魅力であると同時に「あまりにThe 1975すぎる」というのも難点。ルックスの通りもう少しゴシック&ダークな要素を加えて差別化を図ってほしいところ。とは言えメロディ、アレンジ、音ともにいずれの曲もクオリティが高い。

Pale Waves - "One More Time"




渡辺美里 / うたの木 Gift (2000)
★★★★☆
Gift.jpg


渡辺美里 / ソレイユ (2002)
★★★☆☆
soleil.jpg

「今月の渡辺美里」、今回はライブ盤と13作目。ライブ盤の方はBunkamura オーチャードホールで行われた、過去楽曲のオーケストラ・アレンジのコンサートを録音したもの。やや重く厳かな雰囲気は昨年Jane Birkinがリリースしたアルバム『Birkin - Gainsbourg The Symphonic』に通じるものがあって、選曲もこのアレンジにピッタリ。

『ソレイユ』の方は、本人作詞ではない曲が半分以上というのは少し残念。今回最も良かった曲は5曲目「私が好きな孤独」で、作曲は木根尚登。さすがの木根バラクオリティだ。



Siouxsie & The Banshees / Superstition (1991)
★★★★☆
superstition.jpg

70年代後半から活動しているポスト・パンク/ニューウェーヴ・バンドも10作目となり、90年代に突入することでより音的にもだいぶ洗練された感じに。とはいっても、冷たく妖艶な感じはなおも健在、というかスージー・スーの声どんどん艶めかしくなってきてね?

1曲目「Kiss Them for Me」のドラムサンプルはどこかで聴きおぼえが…Atari Teenage Riotかと思ったけど調べたらSchoolly D'sの「P.S.K. - What Does It Mean?」でした。ヒップホップのビートをサンプリングするポストパンク・バンドってなんかいいよね。

Siouxsie & The Banshees - "Kiss Them for Me"


Schoolly D's - "P.S.K. - What Does It Mean?"

関連記事
スポンサーサイト



Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
新譜リリース情報(2018年12月)
新着
新譜リリース情報(2019年10月)
Albums of the Month (2019年9月)
新譜リリース情報(2019年9月)
Albums of the Month (2019年8月)
日記:フジロックフェスティバル2019
新譜リリース情報(2019年8月)
Albums of the Month (2019年7月)
きのこ帝国のベスト・ソング30
2019年上半期ベスト・アルバム
新譜リリース情報(2019年7月)
タグ
Pale Waves   アルバム   感想  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ