FC2ブログ

アーティスト別ベスト

The Prodigyのベスト・ソング25+思い出語り

Prodigy_20190310004947b6f.jpg

去る3月4日、The Prodigyのキース・フリントが49歳という若さでこの世を去りました。ご冥福をお祈りします。

彼が在籍したバンドThe Prodigyの偉大な功績を称え、個人的な思い出を語りつつThe Prodigyのベスト・ソングのSpotifyプレイリストを作ってみました(1位=一番好きな曲、の曲順)。




01. Firestarter
02. Breathe
03. Voodoo People
04. No Good (Start the Dance)
05. Out of Space
06. Full Throttle
07. Hyperspeed (G-Force Part 2)
08. Colours
09. Warrior's Dance
10. Diesel Power feat. Kool Keith
11. Hotride feat. Juliette Lewis
12. Omen
13. Everybody in the Place (155 and Rising)
14. Invaders Must Die
15. Run With the Wolves
16. Ibiza feat. Sleaford Mods
17. Funky Shit
18. Fuel My Fire feat. Saffron
19. Smack My Bitch Up
20. Charly (Trip into Drum and Bass Version)
21. Girls feat. Ping Pong Bitches
22. Wall of Death
23. Rhythm Bomb feat. Flux Pavilion
24. Narayan feat. Crispian Mills
25. Stand Up






彼らとの出会いは93年か94年頃。もう25年以上前ですね。最初に聴いたのは92年のシングル「Out of Space」だったと記憶しています。 当時自分はエレクトロニックなダンス・ミュージックが好きで、よくユーロダンスやテクノ系のコンピを聴いていたんですが、クラスメイトであるレゲエ好きの大久保君からレゲエのコンピをたくさん借りていました。コンピにはルーツロック・レゲエやロックステディだけではなくダンスホール系の曲もたくさん入っていて、ユーロダンスやテクノ好きな僕はダンスホール系のレゲエに特にハマりました。で、その中にThe Prodigyの「Out of Space」が入ってたんですね。

この曲は最初に聴いた時は「かっこいい!」みたいな感想ではなく、正直ナンジャコリャでした。イントロはテクノっぽいのにいきなりレゲエが混ざってきて、その食い合わせの悪さというか、組み合わせの強引さに困惑したものでした。




そして94年。ここ日本でもレイヴ・ミュージックの大ブームが来ていて、93年と94年には東京ドームを貸し切っての無料レイヴ・パーティ「avex rave」が開催されたりしていました(The Prodigyも2年連続出演)。自分はまだ中学生だったのでavex raveは行けなかったんですが、94年に「avex DANCE VOL. 1」というコンピCDが発売されて、これを当時めちゃくちゃ聴いてたんですね。

221009848.jpg
avexdancevol1.jpg
<出展:Discogs>

ジャケダサいけど、当時のコンピってだいたいこんなジャケでしたね(笑)。

このコンピにはジュリアナ東京の代名詞的な曲として誰もが知っているMaximizorの「Can't Undo This!!」とか、安室奈美恵の「Try Me」の原曲であるLolitaの同名曲とか入ってたんですけど



この中にThe Prodigyの「No Good (Start The Dance)」が入っていました。それでこの曲で初めて「The Prodigyかっこええ!!」ってなって、後から「Out of Space」もかっこいいと思えるようになったというわけです。


それから数年経ち、中学生から高校生になりました。相変わらずユーロダンス系ばかり聴いてる僕に、UKロック好きの福山君というクラスメイトが僕にOasisやRadioheadなんかを吹き込んだんですが、いろいろ貸してくれた中にThe Prodigyの97年作『The Fat of the Land』もあって。あ、俺もThe Prodigyは知ってるよ!とか言いつつ初めて彼らのアルバムを聴いてみたら、めちゃくちゃかっこいい曲だらけで。特に冒頭4曲と、終盤の「Firestarter」「Fuel My Fire」の衝撃は大きかったです。

当時放送されていた深夜番組「Beat UK」で「Smack My Bitch Up」や「Breathe」のMV映像も見て、ビジュアル的にも衝撃を受けました。当時の自分はまだSex PistolsもNirvanaも知らなかったんですが、サウンドのみならずビジュアルからも「これはパンクだ!」と思いましたね。もちろん「パンクとは何か」なんて説明できない年頃だったけど、直感で「世間的にこれがどんなジャンルにカテゴライズされるのか知らんけど、自分にとって間違いなくパンクだ」と思いました。




特にビジュアルに関しては、やはりキース・フリントがより一層彼らを「パンク」たらしめていました。まあそりゃそうか。

keith.jpg


自分も当時はいわゆる中二病というやつで、その頃から邦楽だとthee michelle gun elephant、洋楽だとスマパンやフーファイなど激しめのロックも聴き始めるようになるんですが、The Prodigyはユーロダンスからロック/パンクへのスムースな橋渡しをしたアーティストの一つでした。

あ、あとこんなエピソードもありました。僕には4つ上の兄がいて、実はレイヴやハードコア・テクノは兄からの影響だったりします。でも兄の大学受験勉強シーズンをきっかけに兄弟仲がめちゃくちゃ悪くなって、家庭内ではいっさい口を利かない状態が5年以上も続いていました。

でも兄もThe Prodigyが好きで、おそらく部屋から漏れる音楽から弟(僕)もThe Prodigyが好きだということは知っていたらしく、兄が大学の卒業旅行かなんかで海外に行ったときにThe ProdigyのアリのマークのTシャツをお土産で買ってきてくれたんですね。あれは嬉しかったなー。「お前もThe Prodigy好きなんだな」みたいな会話なんてしたこともない(そりゃ5年以上会話しなかったんだから当然だけど)のに。ちなみにこのTシャツは今でも持っているし、その後98年にThe Prodigyがトリで出たフジロックにも着ていきましたよ。ちなみに現在は兄とは仲いいです。

でその98年のフジロック。The Prodigyのライブを初めて観たんだけど、終始ダークでイルなオーラに満ちたパフォーマンスで、オールタイム・ベストの一つに挙げられるパフォーマンスでした。会場となった豊洲は埋め立て地で地盤が緩いせいか、観客が飛び跳ねるたびに地面がぐにゃぐにゃ動いていたあの感覚を今でも覚えています。

その後もフジロック、エレグラ、サマソニ、ソニマニなど、彼らが出演するフェスに参加する場合は必ず観ましたね。彼らはヘッドライナー的な位置を務めることが多かったので自然と裏アクトも魅力的なアーティストだったりしたけど、The Prodigyを蹴って他のアーティストを観たことってないんじゃないかな。それぐらい彼らのライブは何度観ても最高だったので。

それから、彼らの中で一番好きなアルバムについて。思い入れ的にはやはり『The Fat of the Land』が強いんだけど、全体的に一番好きというのは『Invaders Must Die』ですね。このアルバムが出た後のインタビューで、EDMシーンを批判しつつ「でもSkrillexは好き」と言っていたのが印象的でした。というのも、このアルバムの主にビート部分において、Skrillexからの影響を感じるんですね。すでにこの時は彼らのキャリアも15年以上になっていて、だんだんセンスとか持ち味とかが古臭くなっていったり、丸くなっていったりするのがアーティストの常だと思うんですけど、彼らはこのアルバムで原点回帰を見せながらも、自分たちの後輩とも言えるアーティストからもいろんなものを吸収し、新しいサウンドを生み出していました。攻撃性も増し増しで、このアルバムは本当にかっこいいです。

サウンドはいつでも攻撃的だけど、実際は非常に礼儀正しい人たちだったようですね。中でもキースはとりわけ繊細で思慮深いタイプだったそうで、個性派揃いのメンバーの中でもキースが一番好きでした。どうか安らかに。


■関連記事
The Prodigyのことがさらに好きになるかもしれない素晴らしきムダ知識8
関連記事
スポンサーサイト



Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
Albums of the Month (2019年3月)
新着
新譜リリース情報(2019年12月)
Albums of the Month (2019年11月)
新譜リリース情報(2019年11月)
Albums of the Month (2019年10月)
新譜リリース情報(2019年10月)
Albums of the Month (2019年9月)
新譜リリース情報(2019年9月)
Albums of the Month (2019年8月)
日記:フジロックフェスティバル2019
新譜リリース情報(2019年8月)
タグ
The Prodigy   ベスト   思い出   キースフリント  
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ