初聴きディスクレポート

洋楽ひとことレビュー Vol.15

Jimmy Eat World / Invented
★★★☆☆
全体的にテンポは抑え目でゆったりとした曲が多いです。しかしディストーションギターを極めて減らして、元々持っていたメロディーの良さとピアノやシンセの綺麗な音色を際立たせています。


Skream / Outside The Box

★★★★☆
初めてダブステップアーティストのアルバムを聴いてみたけど、ダブステップの方向性を広げようとしているアーティストだと思う。リズムも、ベースも、ヴォーカルも様々な意匠を凝らして、どれもダブステップ・マナーにのっとっているけど同じような曲がなくて飽きない。


Interpol / Interpol

★☆☆☆☆
あまり深く印象には残らなそう。クセがあまりないように感じます。


John Legend & The Roots / Wake Up
★★★☆☆
ソウルやR&Bの名曲をカヴァー。と言っても、知らない曲が多かったので逆に新鮮。?uestloveドラムの音はあいかわらずカッコイイ。


Deerhunter / Halcyon Digest
★★★☆☆
本人の意思とは関係なくネオ・シューゲイザーの括りに入れられた彼らが、そんな批評を無視して新たな世界に突入。これまでのドローンな雰囲気にアニコレ以後のピチャピチャディレイを注入し、曲によってはパンキッシュに、ポップに跳ねまわる曲もあり。アルバムトータルとしては、未完な部分があり、そこが魅力でもあり、物足りなくもあります。


No Age / Everything in Between
★★☆☆☆
いい曲もいくつかあるものの、音色やバラエティの面では少しインパクトに欠ける。ポップでメロディアスな方向に行くなら、もう少しサウンドにメリハリがないと至って普通のガレージバンドのように聞こえてしまう面もあり。


Pale Saints / In Ribbons
★★☆☆☆
4ADから'92年リリースの作品。4ADらしく耽美的。男女ツインボーカルはPOBPAHにも影響を与えたそうです。


Amusement Parks On Fire / Road Eyes
★★★☆☆
シューゲイザーというよりは懐かしのMy Vitriolのようなギターノイズのウォールオブサウンド。ボーカルの声の裏返し方が気になるけど、メロディーはよい。プロダクションがイマイチ。


The Walkmen / Lisbon
★★☆☆☆
カントリー風味な枯れた感じに、The NationalやBand of Horsesのような壮大さやパンキッシュな要素も注入。ただこの系統はあとから味が出るものが多いため、現時点ではまだ評価しきれない部分もあり。


<解説>
★★★★★今年の名盤上位20位以内確実!
★★★★☆すばらしい。
★★★☆☆普通に良作。
★★☆☆☆若干気になる部分もあり。もう少し聴きこみたい!
★☆☆☆☆期待外れ。
☆☆☆☆☆受け付けない・・・
関連記事
スポンサーサイト
次のページ
今週のHOTな10曲(10/17)
新着
新譜リリース情報(2018年7月)
Albums of the Month (2018年6月)
新譜リリース情報(2018年6月)
Albums of the Month (2018年5月)
新譜リリース情報(2018年5月)
Albums of the Month (2018年4月)
新譜リリース情報(2018年4月)
Albums of the Month (2018年3月)
新譜リリース情報(2018年3月)
Albums of the Month (2018年2月)
タグ
Deerhunter   skream   walkmen   jimmy   eat   world  
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ