FC2ブログ

今週の10曲

今週の10曲(2011/12/4付)

今週よく聴いていた曲や初視聴した曲、新たに知ったアーティストなど10曲をピックアップ。




The Killers - "The Cowboy's Christmas Ball"
クリスマスのチャリティシングル。知らなかったんだけど、毎年恒例らしいです。活動休止中(もう復活したのかな?)だったので、こうして新曲を発表してくれるのは嬉しい限り。曲の方は、チェレスタの音が何ともかわいらしい陽性なカントリー風ナンバー。


今週の10曲

今週の10曲(2011/11/27付)

今週よく聴いていた曲や初視聴した曲、新たに知ったアーティストなど10曲をピックアップ。




Porcelain Raft - "Put Me To Sleep"
以前「Tip of Your Tongue」や「Dragonfly」などの曲が話題となった、Mauro Remiddiによるソロ・プロジェクト。来年1月にデビューアルバムをリリースすることが決定しました。けだるく耽美なサイケデリアの中にもポップなメロディが光り、Beach HouseやCultsにも通じるものがあります。





Alice Gold - "Runaway Love"
ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター。ブリティッシュロックやブルース、ソウルからの影響を感じさせ、声もAdeleをロック寄りにしたという感じでしょうか。Lana Del Reyにも負けない美貌の持ち主でもあります。デビューアルバム「Seven Rainbows」は7月にリリースされています。





Birdy - "Young Blood"
イギリス出身の15歳のシンガー。先日リリースされたデビューアルバムは、インディロックの名カバー集となっています。この曲はThe Naked And Famousのカバー。一切の媚を感じさせない、クールかつエモーショナルな歌声です。





Portishead - "Chase The Tear"
2009年12月に「世界人権デー」に合わせてデジタル配信された楽曲が、11月15日に数量限定12インチアナログシングルで再リリースされました。





The Sound of Arrows - "My Shadow"
デビューアルバム「Voyage」が今月リリースされたばかりのスウェーデンのエレポップデュオ。この曲に象徴されるような、ペット・ショップ・ボーイズばりの哀愁美メロが詰まったアルバムです。





Coldplay - "Charlie Brown"
新作「Mylo Xyloto」からのサードシングル。11月21日にリリースされたばかりです。キラキラした音が散りばめられた疾走感あるサウンド。メロディも素晴らしいです。





Apparatjik - "Combat Disco Music"
2008年から活動しているスーパーグループ。メンバーはColdplayのガイ、A-haのマグネ、Mewのヨーナス、そしてプロデューサーのマーティン。来年2月にセカンドアルバムがリリースされるとのこと。





Lily Allen - "Smile"
祝・女児出産!夫は画家のサム・クーパー。Smileに溢れた温かい家庭を築いてほしいものです。子育てが落ち着いたら、またアーティスト活動再開してくれるとうれしいんですけどね。





Thomas Tantrum - "Sleep"
そのリリーもお気に入りのバンド。舌っ足らずでキュートな歌声ながらも毒っ気のあるパンキッシュなサウンドはShragやLove Is Allにも通じるものがあります。今年リリースされたセカンドアルバムより。





The Promise Ring - "Why Did We Ever Meet?"
「Hello Again・・・」という意味深なツイートののち、正式に再結成を発表したアメリカのエモーショナル・ロックバンド。実はアルバム1枚も持っていないのでこれからちゃんと聴こうと思います。





2011年のエレポップ名盤

今週の10曲

今週の10曲(2011/11/20付)

今週よく聴いていた曲や初視聴した曲、新たに知ったアーティストなど10曲をピックアップ。




The Big Pink - "Hit The Ground (Superman)"
2009年に4ADからリリースされたデビュー作が高い評価を得たイギリスの2人組。来年1月リリース予定のセカンド「Future This」からの新曲PVが到着しました。前作収録の代表曲「Dominos」を思わせる、高揚感のあるキャッチーなミディアムテンポ曲。歌が以前より上手くなってる!





Fang Island - "Life Coach"
トリプルギターの5人組バンド。ドラマティックなアレンジやコーラスワークはGrouploveのようでもあり、プログレッシブな展開はThe Mars Voltaばり。さらにそこに初期ロスキャンの疾走感とキャッチーさも加わり、とてつもないことになってます。「疑似スーパースロー」なPV、ローファイすぎて面白いです。





Lissy Trullie - "Madeleine"
Velvet Underground & Nicoが現代アップデートされたかのようなクールな低音ボーカルとサイケデリックサウンドで、2009年のEPが話題となった彼女がついにデビューフルアルバムを2012年に発表!こちらの新曲はフリーDLで公開されています(「Madeleine」フリーDLサイトへ)。





Young Dreams - "Young Dreams"
ワタクシ的にかねてよりデビューアルバム発表を心待ちにしていた、ノルウェーはベルゲン(次々と魅力的なアーティストを輩出してくるこの街は一体何なんだ)出身のバンド。先日来日公演を行ったCasiokidsのメンバーも在籍。デビューフルアルバムは来年、Modularからリリースされるとのこと。こちらも「Young Dreams」がフリーDLできます!





Little Boots - "Shake"
前作ではちょっとアイドル的な見られ方もされていたし、個人的に食傷気味だったレトロなエレポップサウンド全開だったために、フィル・オーキー(Human Leagueのね!)とのデュエット曲「Symmetry」以外はあまり心ひかれなかったヴィクトリア嬢の新曲。今回はなんだか90'sでデトロイト的なハウスサウンドで攻めてきました。次作で大いに化ける予感もさせる会心の出来で、とても楽しみです。





Youth Lagoon - "Montana"
デビューアルバム「The Year of Hibernation」が各メディアから絶賛されている、22歳のトレバー・パワーズによるソロユニット。Perfume Geniusにも通じる箱庭的桃源郷サウンドが魅力的です。来年2月には「Hostess Club Weekender」で来日決定!





The Horrors - "Suffragette City"
こちらも「Hostess Club Weekender」で、サマソニに続いて来日。デヴィッド・ボウイのカバーです。最新作のサウンドからすると意外な選曲と思いきや結構馴染んでいて、骨太なロックンロールに仕上がっていてカッコイイです。





Spiritualized - "Ladies And Gentlemen We Are Floating In Space"
こちらも「Hostess Club Weekender」で来日!かつてはソニック・ブーム(MGMTの「Congratulation」をプロデュース)とSpacemen 3を組んでいたジェイソン・ピアースによる、壮大なスペース・ゴスペル・ガレージ・サイケデリック・バンド。





Los Campesinos! - "Hello Sadness"
リリースされたばかりの4thアルバムより、アルバムのタイトルトラックのビデオが公開されました。ライブではダンス&シンガロングの嵐になりそうな、彼らのニュー・アンセム!





Chinese Christmas Cards - "Dreams"
スペイン出身のダンスロックバンド。Two Door Cinema ClubやCazals(懐かしい)を思わせるような、疾走感溢れる曲です。12/4にタワレコ限定でミニアルバム「Barcelona」をリリース。





快眠効果を得られます


プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ