FC2ブログ

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.7【70's】

1ヶ月以上と、前回からちょっと間が空きましたが、アーティストのかっこいい写真を眺める特集の第7弾です。前回テーマ「80's」に続いて今回のテーマは、「70's」。やっぱりパンク系が多くなりました。



David Bowie
david_bowie
まずはやはりこの人から。僕のアカウント名の元ネタですからね。コンセプトありきな作風と、一つのスタイルにこだわらない音楽もそうですが、衣装・メイクに至るまで世界観が完成されているところが好きです。いろんなことをやっても、芯の部分にブレがないからどの作品も高いクオリティを持ってるんですよね。これって真のアーティスト(表現者という意味で)な証拠じゃないでしょうか。



Blondie
Blondie
70年代にデビューしたバンドの中で一番好きなのがBlondie。オールディーズ的なガールポップをルーツに持ちつつ、レゲエ、ヒップホップ、ディスコと様々な音楽を吸収していく姿勢はパンクそのもの。それでいて彼らの音楽は非常にポップで耳馴染みがよく、ポピュラー音楽としても成り立っているところがすごい(事実、僕の知り合いは体育祭で彼らの代表曲「Call Me」を踊ったのだとか)。黒スーツの男性メンバーに囲まれた中で、純白のドレスのデビーがかわいらしいです。しかしこの写真、デビー・ハリーの顔があんまり映ってないなあ・・・。



Deborah Ann Harry
DebbieHarry
というわけで、彼女のソロショットを。うう、なんとも美しい!当時からセックスシンボルとしてもかなりの人気だったわけですが、デビューした時すでに30歳を超えていたのだから驚き。そして現在は66歳、還暦をとっくに過ぎてもまだまだ現役で、先日もBlondieのアルバムがリリースされたばかり。声も変わらないし、ルックスも全然実際の年齢を感じさせないのがすごい。ちなみにこの写真はロックアーティストの写真家としても有名なMick Rockによるもの。



Queen
Queen
確かこの写真もMick Rock撮影ではなかったかな?割と有名なこの写真、それだけによくパロディにもされていますが、4人の配置や、光のあたり方、手の形も最高にかっこいい。



Marc Bolan
marc_bolan
70年代はロックシーンの中にいろいろな新しい波が起きた年代でもあり、その中でもグラム・ロックは煌びやかでありながら退廃的という、相反する2つの側面を内包したムーブメントでした。そんなグラムロックを体現したような彼は髪型も服装もとってもグラマラスながら、表情やメイクが実にミステリアス。



Kraftwerk
kraftwerk
いつもアーティスト写真が非常にコンセプチュアルで、独特の世界観を持っている彼ら。ロボットだったりする時もあります。このお揃いの赤シャツ姿はアルバム「The Man Machine」のジャケットの中で登場していることでも有名。



The Clash
The_Clash
Mick JonesとPaul Simonon、眼力強すぎ!ファッションも全員キマってます。「ロンドン3大パンクバンド」という括りは好きではないんだけど、彼らとSex Pistols、The Damnedの中では一番好きです。音楽性が真の意味でパンクと言えるんじゃないでしょうか。



Sex Pistols
Sex_Pistols
先ほど名前が出たので、世界一有名なパンクバンドである彼らのカッコいいアーティスト写真を。このブチマケ具合がパンク感をよく体現しているし、メンバー全員笑顔なのがイイ。大好きな写真です。



Suicide
suicide_band
シンセサイザーとドラムマシンと呪術的な低音ボーカルを組み合わせたNYパンクバンド。ブルース・スプリングスティーンもカバーした名曲「Dream Baby Dream」など、無機質なんだけどドリーミーで温もりのある曲も。Alan Vega(右)は意味不明なガッツポーズ(笑)。Martin Rev(左)の近未来的なデカサングラスは2000年代になってから少しだけブームになりました(一部の人にのみ)。



The Slits
The_Slits
メンバー全員女性のパンクバンドの先駆者で、彼女たちと言えば裸に泥を塗っただけのジャケット写真(「Cut」)があまりに有名ですが、あの当時まだアリ・アップは17歳とかで、今だったらたぶん流通できないんじゃないかな。そんなアリも昨年48歳の若さで他界してしまいました。この写真もやはりパンクバンドらしいファッション、レオパードやレザーでクールにキメています。



Essential Logic
Essential_Logic
低音から素っ頓狂な高音まで多彩な声色をあやつるローラ・ロジック(左端のサングラスの女性)率いるパンク・バンド。ローラ自身がサックスも演奏するというのが、勢い一辺倒の他のパンク・バンドとは一線を画していました。メンバーが木の遊具の上に腰かけたこの写真からは、そんなクールでスタイリッシュな雰囲気が滲み出ています。



Tom Waits
tom_waits
「酔いどれ詩人」の異名を持ち、役者としてもいくつかの映画出演歴(最近では「Dr.パルナサスの鏡」など)があるダミ声ブルース/ジャズ/フォーク・シンガー。この写真、たぶん20代前半くらいの頃だと思いますが、若い頃から渋くてカッコいいのです。モノクロがとても似合います。



Fleetwood Mac
fleetwood_mac
1977年発表のアルバム「噂(原題:Rumours)」が31週1位獲得という快挙を成し遂げたバンド。しかしメンバー間の恋愛やら不仲やら、薬物中毒やら破産やらでなんだかとってもゴタゴタしてました。曲はとっても爽やかなのに、内部ではドロドロだったんでしょうねえ。現在もソロで活動しているスティーヴィー・ニックス(中央)の可憐さをみると、まあバンドの男性メンバーがメロメロになってしまうのも無理ないか・・・と思ってしまいます。



ここに挙げたアーティストをいくつかピックアップして曲の方も紹介します。

"Rapture" by Blondie

1981年のディスコ・ファンク・ナンバーで、デビー・ハリーによるクールなラップが今聴いてもかなりかっこいいです。



"Guns of Brixton" by The Clash

個人的にThe Clashで一番好きな曲。ベースラインがカッコよすぎません?ファットボーイ・スリムことノーマン・クックが以前在籍していたBeats Internationalでは、この曲のベースラインとドラムをサンプリングしていました。



"Dream Baby Dream" by Bruce Springsteen

せっかく話題に出たのでSuicideではなくボスのバージョンを。メロディの良さが引き立ってますねー。



"Quality Crayon Wax O.K." by Essential Logic

最後はEssential Logic。音程の高低差がハンパない。



70年代は、80年代ほど過剰な装飾だったりダークな雰囲気を醸し出したりというわけでもなく、それぞれがスタイリッシュな独自の世界観を確立しようという気概がみられていいですね。アーティスト写真も、どれも相当のこだわりがあるように感じられます。

「80's」「70's」ときたので、次回のテーマは「60's」にします!

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.6【80's】

「かっこいいアー写」をぺたぺたするだけの特集記事、第6弾です。しかしこの特集は自分でもやってて面白いです。これまでに雑誌などで見たことがあるかっこいい写真を、ネットでアーティスト名を画像検索するんだけど、目当ての写真が見つからない代わりにもっとかっこいい写真がザクザク出てきて、写真を選びながら自分がアー写萌えしてるっていうね。そう、まさに萌え。僕はアー写オタクなのです。


今回のテーマは、「80's」。80年代に活躍したアーティストを取り上げますが、やはりこの時代のアー写は面白い。みんな個性的ですね。そんで基本的に派手かダークかの両極なんですな。では派手な方から行ってみましょう。


Culture Club
culture_club
ちょっと前までは、80'sと言えばニューロマに代表されるようにとにかく派手で煌びやかなイメージで…。ちょっと浮かれ過ぎてて今の時代にそぐわないって空気があって、「過去のブーム」感が強かったですけど、そんな浮かれた時代性を見事に具現化したのがこのバンド、と僕は勝手に思っています。今でこそ80年代の享楽的なメロディやレトロフューチャーなシンセサウンドは再評価されてますが、90年代は「浮かれすぎ」「ケバケバしい」なんて揶揄されたりも。80年代リアルタイムではどんなだったんでしょうかね。



Madonna
madonna
80年代を代表するポップスターと言えばマイケルとマドンナなわけですが、特にこの時代のマドンナはこういったアー写で、派手ではあるけど決して煌びやかではないというか、内面にダークさを秘めていた感じがします。それは背徳的なイメージという彼女なりの戦略なんだろうけど、この写真からにじみ出るセクシーさやちょっとサディスティックな雰囲気が好きです。



prince2
80年代のポップ・アイコンでもう一人忘れちゃいけないのがプリンス殿下。去年観たライブでもキレキレのパフォーマンスで現役感バリバリでした。



Guns'n'Roses
guns'n'roses
何かとお騒がせな話題に事欠かない、80年代不良キッズたちを夢中にしたこのバンド。今ではアクセル・ローズはイカついオッサンだけど、この時代はめちゃくちゃイケメンです。スラッシュも例のタレサンとモジャモジャヘア、そしてタバコふかし。かっこいいです。



Red Hot Chili Peppers
redhotchilipeppers
レッチリは、音楽は90年代後半以降の方が好きだけど、アー写はヒレル・スロヴァク在籍時のハチャメチャな感じの方が好き。この時代のアー写はほとんどすべて「4人全員がバラバラにアホなことをやる」っていう流儀があって好きです。他にもかの有名な、ソックスだけを身に付けている(しかも足にではなく)というアー写もありますが、このブログの健全さを保つために掲載を見送らせていただきました(笑)。



Joy Division
joydivision
ここからはガラッと雰囲気を変えて、イギリス中心にややダークなモノクロ写真を。まずはポストパンク・ニューウェーヴを代表する彼らですが、この写真は一番地味なメンバー、スティーブン・モリスがやたらとカッコよく見えます(胸毛もすごい)。とはいえ、やはりイアン・カーティスのオーラ滲み出るカリスマ感は別格。



New Order
neworder4
で、そのイアン・カーティスを失い、ジリアン・ギルバートが加わってスタートしたのがニューオーダー。彼らとの出会いについてはこちらの記事でも触れています。あっ、使ってる写真も同じでした。



The Stone Roses
the_stone_roses
80年代のイギリスで最も偉大なバンド、これに異論をはさむ人はほとんどいないんじゃないでしょうか。とにかく全員カッコいい。フードを深く被り過ぎでもはや誰だかわからないレニも、正面をキッと見据えたジョン・スクワイアも激クール。



The Jesus And Marychain
jesus_and_marychain
当時「最も凶暴なバンド」として、ライブでは毎回暴動が起きるなどヤバいイメージが付きまとっていた彼らも、実はアラン・マッギー(クリエイション・レコーズ)によって作られたイメージ戦略だったんですね(というのが、映画「アップサイド・ダウン」を観てわかりました)。バーストしたヘアスタイルのリード兄弟の後ろでナイーブな表情で佇んでいるのは、ご存じ現プライマル・スクリームのボビー・ギレスピー。



The Smiths
the_smiths
モノクロのコントラストが強すぎ、光の当て方が劇画タッチなこのアー写、モリッシーはボサボサの髪の毛に、虫食いみたいになってるダサいセーター。なのに何でこんなにカッコよくて、オーラが出てるんだろう。



The Cure
the_cure
今回たくさんのモノラル写真がある中で、彼らほどモノラルが似合うバンドはいないでしょう。このアー写に代表される彼らの耽美なイメージが日本の90年代ビジュアル系バンド(のアー写)に与えた影響は大きいと思います。



Cocteau Twins
cocteau_twins
Massive Attackの「Teardrop」にボーカルで参加したことでも有名なエリザベス・フレイザー擁するバンド。彼女の、透明感がありつつもシャーマニックなボーカルは唯一無二。パンキッシュな髪型も素敵です。



Human League
human_league
Little Bootsのデビューアルバムで彼女とデュエットもしたことがあるフィル・オーキー率いるシンセ・ポップ・バンド。ちょっとダークだけどキラキラしたサウンドは、アー写とともにいかにも80年代的。最大のヒット曲「Don't You Want Me」は全米・全英ともに1位を獲得しています。



Pet Shop Boys
pet_shop_boys
ラストはポップにシメます。やはり80年代はMTVによってポップ・ミュージックとポップ・アートが混然一体となって、ポップ・カルチャーを形成していった時代だと思うのです。そんな中で、アーティスト性と大衆性の両方を備えた彼らはやはり偉大で、だからこそ80年代当時から現在に至るまで、多くのファンを魅了してやまないのでしょう。そして彼らは毎回、ヘンテコなアー写で楽しませてくれますね。ちなみに僕にとっては、彼らは最初に音楽に興味を持つきっかけとなったアーティストでした。



次回のテーマは、たぶん70年代でやるかもです。

かっこいいアー写

The Coolest Pics 「かっこいいアー写」画像集 Vol.5【男女3人組】

「かっこいいアー写」が貼ってあるだけの、とっても読みやすい記事(笑)。早いものでもう第5弾です。今回は「Bizarre Love Triangle~男女三人の奇妙なカンケイ~」をテーマにお届けします。いや、なんですかこの邦題は(自嘲)。


どういうことかというと、今回取り上げるのは男女混合の3人組バンドのアー写。男2+女1もしくは女2+男1のバンドです。男女混合のバンドって、やっぱり力強いサウンドの中にも女性らしい繊細さとか美しさが宿ってると思います。それに、やっぱり男女3人となると、どこかで嫉妬とか、虚栄心とか、バンド内の同性に対するライバル心みたいなもの(そこまでいかないにしても、それに近いもの)によって、緊迫感が生まれてくると思います。そういった「奇妙な三角関係」によって、ヒリヒリした空気感を持ったサウンドを生みだしたり、色っぽさや怒りや優しさなど、情感豊かなサウンドが作り出せる要因になっていると強く思うのです。


3人というバンド形態は、ギター+ボーカル、ベース、ドラムという、通常もっともミニマルなバンド形態です(もちろんWhite StripesやThe Killsのように、敢えて一つのパートを排してさらにミニマルな編成にしたバンドもありますが)。イスの足だって、2本じゃ倒れるし4本じゃガタガタしますが3本だと安定するじゃないですか。2人がケンカすれば残りの1人は仲裁したりと、「3」は、人間関係においてもっともバランスのとれた人数で、それはアー写でもしかり。必然的に誰かがセンターに位置することで、構図的にも均整がとれるし、そこに3人の関係性というものが見えてくるのです。


やべ、前置きが長くなった。さて、これから取り上げるバンド内で、恋愛関係や愛憎関係があったかどうかまでは知りませんが、3人ならではのバランスの取れたかっこいいアー写を見てみましょう。



The Smashing Pumpkins
the_smashing_pumpkins
まずは女1+男2のバンドから。この写真は98年の「Adore」発表時、ビリー・チェンバレンがクビになった時期の写真ですが、3人になることによってセンターがダーシーになり、非常にバランスの取れた構図になっていて、ジミーには申し訳ないけど彼らの中で一番好きなアー写です。実はこの企画をやり始めるきっかけとなったのがこの写真で、昔雑誌に載っていたこの写真を気に入って部屋の壁に切り抜きを貼っていたのですが、最近になってネットで同じ画像を見つけたのが始まりでした。



Blonde Redhead
blonde_redhead
やはり紅一点の女性はセンターが望ましい。ニューヨークの街なかでイタリア人双子が、日本人のカズ・マキノをナンパしたところが結成のきっかけという彼ら、結局付き合ったのか?双子のどっち選んだのか?はたまた両方撃沈した後どんな人間関係だったのか?を想像すると面白いですが、この写真はカズが双子のパーチェ兄弟を手玉に取っている感じが好きです。



The Subways
the_subways
こちらは完全にボーカルとベースが恋愛関係になってて、結婚→離婚しつつもバンドを続けている例。ドラムはキャラ的にキ○ガイだけど、こっちの方がイケメンなのにね。ベースのシャーロット・クーパーは美脚の持ち主としても有名。



Yo La Tengo
yo_la_tengo
こちらは今も夫婦。90'sのUSインディー界の雄であり、Yuckに多大な影響を与えたバンドとも言えるでしょう。



Ringo Deathstarr
ringo_deathstarr
こちらは、よくメンバー間でアレックス嬢の取り合いにならないよなあ?と不思議な、インディー界随一の美女擁するシューゲイザーバンド。以前は4人組でしたが、現在は3人となっています。もしかしてアレックス嬢と何かあったのだろうか…とつい勘ぐってしまう(笑)。



The XX
the_xx
こちらもデビュー当初は男女2人ずつの4人だったものの、現在は3人に。ベース&ヴォーカルのオリヴァーはゲイをカミングアウト済み。メンバー間で恋愛にはならなそうです。まあ幼馴染だし。



Esben And The Witch
esben_and_the_witch
そのThe XXと一緒にツアーも回ったりしている彼ら。やはりセンターは女性です。しかし男は2人ともイケメンでモデルさんのようではないか。



Gang Gang Dance
gang_gang_dance
現在は5人組ですが、前作「Saint Dymphna」発表時は3人でした。紅一点Lizの妖艶さは、彼らのどのアー写を見てもヒシヒシ伝わってきます。



The Joy Formidable
the_joy_formidable
白に近い金髪に青い目、全体的に色素が薄そうなリッツィ嬢率いるウェールズのバンド。可憐な歌声なのにパワフルなのが、世の多くの男性を萌えさせているらしいです。ちなみに自分は好みのタイプではない(汗)。



School of Seven Bells
school_of_seven_bells
今度は数少ない女2+男1のパターン。元Secret MachinesのBenjaminと、元On!Air!Library!の双子姉妹からなるのですが、残念ながらクラウディア嬢は今年になってから脱退。



Blackblack
blackblack
アー写ではなくジャケ写です(笑。これしかなかったのです)。Phantom Planetのアレックスと、デビュー当時19歳のディーヴァ、そして彼女の妹でデビュー当時15歳(!)のローラからなるゴシック・ガーリィ・ロウファイ・バンド。15歳に手を出しちゃイカン!いや、アレックスは別に手は出してないですが、2006年のEPリリース後まったく音沙汰がありません。どうなってるんでしょうか。すごく好きだったのに。せっかくなのでYoutube貼ります!もし活動再開したらローラはもう20歳超えてすっかり大人になってるんでしょうねー。試聴して気に入った方は下のAmazonからポチっと。







日本盤のみ、EPが編集されてアルバム仕様になってます

プロフィール

PUBLIC IMAGE REPUBLIC

Author:PUBLIC IMAGE REPUBLIC
聴いた音楽の感想、リリース情報まとめ、ライブレポートなど

カテゴリ
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ